スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日葵「憧れの人ですか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 23:57:31.42 ID:6UQIraqR0

※原作最新刊のネタが含まれてます



向日葵「『尊敬する人物について作文を書きなさい』……」

櫻子「作文は向日葵の丸写しできないからめんどいなー」

向日葵「写させませんわよ」

あかり「あはは……櫻子ちゃん、宿題はちゃんとやらなきゃダメだよ?」

ちなつ「こういうのって、歴史上の偉人とか挙げればいいのかな」

向日葵「もしくは両親とか、身近な人物についてですわね」

櫻子「うーん……難しいなあ」

向日葵「櫻子は他人を尊敬とかしませんものね」

櫻子「私だって尊敬くらいするわい!」

ちなつ「そういえばさ」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:00:01.68 ID:XIlrztvR0

ちなつ「尊敬とはちょっと違うかもしれないけど、皆は憧れの人っている?」

向日葵「憧れの人……ですか?」

ちなつ「うん、ちょっと気になって」

櫻子「憧れの人ねぇ……」

あかり「あかりは結衣ちゃんと京子ちゃんかなぁ」

向日葵「船見先輩と歳納先輩?」

ちなつ「幼馴染みだもんね」

あかり「うん。あかりがちっちゃい頃から、毎日いっぱい遊んでくれて……」

あかり「あかりにできないことも二人はできちゃうから、すごいなあって」

あかり「今でも二人のこと、憧れてるんだぁ」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:03:00.01 ID:XIlrztvR0

ちなつ「あかりちゃんらしいなー」

あかり「えへへ……」

櫻子「私も先輩方のことは尊敬してる!」

あかり「櫻子ちゃんも?」

櫻子「だって船見先輩麻婆豆腐作れるんだよ!スゴいじゃん!」

ちなつ「尊敬するとこはそこなの……?」

あかり「結衣ちゃんの麻婆豆腐美味しいよねぇ~」

櫻子「あと歳納先輩は勉強できるし、杉浦先輩は仕事テキパキこなすし、池田先輩は皆のことよく見てるし、会長は落ち着いてるし!」

ちなつ「多っ」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:05:40.73 ID:XIlrztvR0

あかり「櫻子ちゃんは尊敬する人いっぱいいるんだねー」

櫻子「あかりちゃんのことも尊敬してるよ?」

あかり「えっ」

櫻子「忘れた子のために割りばし用意してくれるとことか、毎日欠かさず教室のお花に水をあげてるとことか、あとあと――」

あかり「は、はは恥ずかしいからあんまり言わないでぇっ!」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:08:59.27 ID:XIlrztvR0

ちなつ「……櫻子ちゃんも結構、人のことをよく見てるよね」

向日葵「見るだけで満足せずに、見習ってもらえればありがたいんですが」

向日葵「それで吉川さんは、どなたか憧れている人はいますの?」

ちなつ「うーん、結衣先輩は当然として……あとはお姉ちゃんかな」

向日葵「お姉ちゃん……」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:11:33.69 ID:XIlrztvR0

ちなつ「とっても美人で、おしとやかでね。自慢のお姉ちゃんなの」

向日葵「たしか……茶道を始めたのも、そのお姉様の影響でしたっけ?」

ちなつ「そうそう。そのおかげで結衣先輩にも会えたし、お姉ちゃんには感謝してもしきれない!」

向日葵「…………」

ちなつ「向日葵ちゃんは?憧れの人っている?」

向日葵「えっ……ええと……」

向日葵「……両親、でしょうか」



櫻子「あと怪我した人に絆創膏あげたり、皆にチョコあげたり、それに――」

あかり「櫻子ちゃんもう許してぇっ!」

ちなつ「あ、まだ続いてたんだ」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:14:37.72 ID:XIlrztvR0

【放課後】


向日葵(……吉川さんに、嘘をついてしまいましたわ)

向日葵(両親のことはもちろん尊敬しているけれど、私が本当に憧れている方は)

向日葵(憧れている人と聞いて、真っ先に思い浮かんだ方は――)

向日葵「…………」

ピンポーン

「はーい」

向日葵「あ、向日葵です。櫻子はいらっしゃいますか?」

ガチャ

撫子「や、ひま子。いらっしゃい」

向日葵「こんにちは、撫子さん」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:18:30.60 ID:XIlrztvR0

撫子「ごめんね、櫻子出掛けちゃってて。すぐ帰るとは思うから上がっててよ」

向日葵「ええ、おじゃまします。これ、クッキーですがよかったら」

撫子「わ、ありがと。ちょっと待ってて、紅茶か何か用意するから」

向日葵「ありがとうございます。……花子ちゃんは留守ですか?」

撫子「うん。なんか友達に勉強教えに行くとか言ってた」

向日葵「そうですか」

撫子「せっかくひま子がクッキー焼いてくれたのにね。少し残しとかないと、帰ってきたら怒るかも」

向日葵「ふふ、それじゃあ櫻子に全部食べられないようにしないといけませんね」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:22:10.12 ID:XIlrztvR0

撫子「うん、美味しい」

向日葵「お口に合ったようで何よりです」

撫子「また料理の腕が上がったんじゃない?櫻子にも見習わせたいよ」

向日葵「いえ、私なんて……」

向日葵(撫子さんと比べたら)

撫子「中学はどう?楽しくやってる?」

向日葵「ええ、仲の良いお友達もできましたし」

撫子「そっか、安心した。櫻子のお守りでいっぱいいっぱいだったらどうしようかと」

向日葵「それは、まあ、大変ですけど」

向日葵「……その、イヤではないですから」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:24:51.85 ID:XIlrztvR0

撫子「ふふっ」

向日葵「なんで笑うんですか」

撫子「ひま子は昔から変わらないなと思ってさ」

向日葵「自分では成長しているつもりなんですが……」

撫子「うんまあ成長している部分もあるけどさ。そのむn――」

撫子「……ごめん。なんでもない」

向日葵「どうかしました?」

撫子「いや本当になんでもないから。お願いだから忘れて」

向日葵「はあ……?」

撫子「はあ……」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:33:18.06 ID:XIlrztvR0

撫子「……それにしても、ひま子ももう中学生かあ」

向日葵「撫子さんはいま、高校3年生でしたよね」

撫子「うん、そうだよ」

向日葵「大学とかは、もう決めていらっしゃるのですか?」

撫子「んー、多分地元の大学かな。家から通えるし」

向日葵「一人暮らしとかは……」

撫子「私が家を出たら、花子はともかく櫻子が生きていけないでしょ?」

向日葵「ああ、納得です」

撫子「まあ……ひま子が櫻子の面倒見てくれるなら、それもアリかな」

向日葵「えっ……」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:34:39.32 ID:XIlrztvR0

向日葵「それもアリって……」

撫子「ひま子が私の代わりに櫻子の世話をしてくれるなら、一人暮らしもいいかなって」

撫子「私もひま子なら安心して櫻子のことを任せられるし。まあじょうだ――」

向日葵「……嫌です」

撫子「ひま子?」

向日葵「私が、撫子さんの代わりになんて、そんな……」

撫子「ひま子……」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:37:39.52 ID:XIlrztvR0

撫子「……ごめん。冗談が過ぎたね」

撫子「いつも櫻子が世話になってるからって……さすがにちょっと、無理を言い過ぎたかも」

向日葵「……いえ、違うんです」

撫子「違う?」

向日葵「櫻子の世話をするのが嫌なんじゃないんです」

向日葵「……撫子さんが一人暮らしして、遠くへいってしまうのが、嫌なんです」

向日葵「……その、寂しくて」

撫子「……ひま子」

撫子「…………」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:39:53.89 ID:XIlrztvR0

向日葵「ご、ごめんなさい。変なこと言ってしまって」

撫子「ひま子、ちょっとこっち来な」
向日葵「え、でも……」

撫子「いいから。ほら、そこに座って」

向日葵(お、怒らせてしまったかしら……)

向日葵(でも、私は……)

撫子「ひま子」

ナデナデ

向日葵「……え?」

撫子「……久しぶりだね。こうしてひま子の頭を撫でてあげるのもさ」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:43:03.43 ID:XIlrztvR0

撫子「昔はよく甘えてくれたよね」

撫子「櫻子と二人で、私のことおねーちゃんって呼んでさ」

向日葵「……はい」

撫子「さっきは昔から変わらないなんて言ったけど……いつからか私を撫子さん、って呼ぶようになって」

撫子「勉強も家事もどんどんこなすようになって、ああ、ひま子も大人になったんだなあって思ったんだ」

撫子「けど」

向日葵「けど?」

撫子「ひま子はやっぱり、甘えんぼのひま子のままだったよ」

向日葵「撫子、さん――」

撫子「大丈夫、お姉ちゃんはどこにもいったりしないよ」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:44:29.94 ID:XIlrztvR0

向日葵(撫子さん)

向日葵(私、ずっと努力してきました)

向日葵(勉強も、家事も、なんだってこなすあなたのようになりたくて)

向日葵(憧れのあなたに、少しでも近づきたくて)

向日葵(でも、私は――)


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:46:30.67 ID:XIlrztvR0

向日葵「撫子さん」

撫子「なに?」

向日葵「櫻子が帰ってくるまで……しばらく、こうしていてくれませんか?」

撫子「なんならおねーちゃんって呼んでくれてもいいよ?」

向日葵「あ、い、いえ、さすがにそこまでは」

撫子「ふふ……」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:50:12.88 ID:XIlrztvR0

櫻子「たっだいまー!」

撫子「おかえり。ちょっと静かにしてな」

櫻子「ん?なんで向日葵がうちで寝てんの?」

撫子「クッキー持ってきてくれたんだけど、あんた待ってる間に寝ちゃってね」

櫻子「おおクッキー!美味しそう!」

撫子「だから静かにしなってば。疲れてたみたいだから、少し寝かせといてあげよ」

櫻子「はいはい。クッキーは食べていいよね?」

撫子「いいけど花子の分は残しておきなよ」

櫻子「はいはい」

撫子(あ、これ全部食べる気だな)


28:※もうちょっと続きます:2012/08/07(火) 00:54:48.29 ID:XIlrztvR0

ホァタァ!!デュワ!ドゥクシ!(着信音)

櫻子「ねーちゃん、携帯鳴ってるよ」

撫子「ん……ちょっと出てくる。全部食べちゃ駄目だよ」

櫻子「はーい」


撫子「もしもし」

撫子「今?うん、大丈夫……え、なんだか嬉しそうって?」

撫子「いや別に浮気とかじゃないから」

撫子「――ちょっと、可愛い妹といろいろあってね」




おしまい


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:57:36.64 ID:XIlrztvR0

【おまけ】


撫子「もっとゆっくりしてってもいいよ?」

向日葵「お気持ちはありがたいのですけど、楓を一人にしておくのも気が引けますし、今日はおいとましようかと」

撫子「そっか。じゃあしょうがないね」



花子「なんで花子の分を残しておかなかったし!」

櫻子「ちょっ、痛い!悪かったって言ってんじゃん!」

花子「問答無用だし!今日という今日は許さないし!」

櫻子「ぎゃー!」



撫子「まったく櫻子は……」

向日葵「今度おじゃまするときは、花子ちゃんに何か作ってきますわ」

撫子「ん、ありがと」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 01:00:13.06 ID:XIlrztvR0

撫子「じゃ、気をつけて帰るんだよ。まあ隣なんだけど」

向日葵「はい。おじゃましました」

向日葵「あ……帰る前に、ひとつ気になっていたことがあるんですけど、聞いてもよろしいですか?」

撫子「別にいいよ。なに?」

向日葵「撫子さんって、彼女さんはいらっしゃるんですか?」

撫子「…………」

撫子「……っ!?」

向日葵「撫子さん?」

撫子「え、ちょっ……えええ?」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 01:01:19.57 ID:XIlrztvR0

撫子「ひ、ひま子……誰から聞いた?」

撫子「櫻子はアホだから気付くはずないし、花子は気付いたとしても人には言わないだろうし……」

向日葵「あ、以前おじゃましたときに、電話しているのが聞こえてしまって……」

撫子「……あー」

向日葵「盗み聞きするつもりはなかったんですが……ごめんなさい」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 01:03:03.28 ID:XIlrztvR0

撫子「いや、謝らなくてもいいけど。私が不注意だったのも悪いんだし」

撫子「でも、このことは櫻子や花子には」

向日葵「もちろん、誰にも言うつもりはありませんわ」

撫子「ありがと、助かるよ」

向日葵「ただ……」

撫子「うん?」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 01:07:32.63 ID:XIlrztvR0

向日葵「口止め料というか、あの、その……」

向日葵「と、ときどきでいいので、今日みたいに甘えさせてもらえませんか……?」

撫子「…………」

向日葵「へ、変なこと言ってるのは自分でもわかってるんですけど」

向日葵「えっと……」

撫子「ひま子」

撫子「私はいつまでだって、あんたらのお姉ちゃんだよ」

向日葵「……!」

撫子「いつでもおいで。待ってるからさ」

向日葵「ありがとうございます。おじゃましました、撫子さん……いえ」

向日葵「撫子――お姉ちゃん」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 01:08:33.78 ID:XIlrztvR0

撫子「……ふう。可愛い妹が4人もいるんだから、私も幸せものだね」

撫子「それはそうと、これって浮気にはならないよね……。妹だからセーフだよね?」




おしまい


関連記事

■コメント

 [いつもの名無し]

これは原作でやってもいい

 [名無しさん]

…撫子さん、セフト!

 [名無しさん]

妹だから浮気じゃないもん!

 [名無しさん]

素晴らしい…

 [ちなちゃん]

撫子さんおとこまえすぎ!かっこ良い!
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。