スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日葵「私の楓がこんなに可愛いわけがない」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 09:48:32.51 ID:GKv7H5LD0

楓「お姉ちゃん大好きぃ!」

向日葵「」ムラムラ






こんな感じで


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 10:00:59.78 ID:GKv7H5LD0

楓「あのね、今日ね― 」


向日葵「(最近楓が可愛く見えて仕方ない)」

向日葵「(と言っても、楓は昔から可愛いのですけれど)」

向日葵「(…問題はわたくしが楓に向ける感情が変化してきていることですわ)」

向日葵「(既にわたくしの恋人の櫻子よりも…)」

楓「―。 お姉ちゃん?」

向日葵「えっ? えぇ、ちゃんと聞いてましたわ。 楓が天使っていう話でしたかしら?」

楓「?」

向日葵「(もう我慢の限界かもしれない)」



誰か


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 10:15:06.20 ID:GKv7H5LD0

結京、あかちな等メジャーカプはもう見飽きた
ひま×楓、おおむろけ、吉川姉妹、船見姉妹、池田姉妹こそ次世代カップリング


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 10:34:27.99 ID:GKv7H5LD0

何故姉妹百合を誰も掘り起こさないんだろうな
まだ俺達はゆるゆりを半分も楽しめていないという事なのに…


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 12:15:48.59 ID:GKv7H5LD0

ともこ「素敵なお姉さんとゲームで遊んだり」

ともこ「素敵なお姉さんと午後のティータイムを楽しんだり」

ともこ「素敵なお姉さんとお風呂で洗いっこしたり」

ともこ「素敵なお姉さんと朝まで布団で―、」

ともこ「そんな風に素敵なお姉さんと一緒に暮らせたら、きっと毎日素敵でしょうね」

ともこ「―でも」ズイ

ちなつ「?」

ともこ「その素敵なお姉さんと同じくらい、私はちなつのこと好きよ」ムギュ

モフモフ


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 12:24:27.66 ID:GKv7H5LD0

結衣「まりちゃんお腹空いてない?」

まり「すいた」

結衣「じゃあ下から食べ物貰ってくるけど、何がいい?」

まり「あわびー!」

結衣「あ、あわびだと…、グルメなお子さんだな」

まり「…お姉ちゃんの」ボソ

結衣「!?」




船見姉妹は厳しいな…
イメージ出来ない


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 12:41:57.65 ID:+nhr8BRf0

千歳「たくあん、おいしいで~。はい、あーん」

千鶴「あーん。ん、すごくおいしい」ポリポリ

千歳「漬物っちゅうやつはな、愛情を込めれば込めるほどおいしくなるんやで」

千鶴「それでこんなにおいしいんだ」

千歳「千鶴への愛をいっぱい込めたからなぁ~」

千鶴「///」


違うな・・・


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 12:02:10.02 ID:GKv7H5LD0

撫子「今日の晩ご飯、櫻子の当番だったわよね?」

櫻子「ブー! めんどくさーい!」

花子「文句言ってないで早くやれし」

櫻子「え゛ー、出前じゃ駄目?」

撫子「お姉ちゃんの言うことは聞きなさい」チュッ

櫻子「―!!?///」

撫子「ね?」


櫻子「…はい///」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 12:05:49.79 ID:GKv7H5LD0

花子「今日の洗濯、櫻子の当番だったよね?」

櫻子「ブー! めんどくさーい!」

花子「文句言ってないで早くやれし」

櫻子「え゛ー、後からじゃ駄目?」

花子「今すぐやるし」チュッ

櫻子「―!!?///」

花子「ね?」


櫻子「…はい///」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 13:07:59.42 ID:Lfp/cGu30

>>33-34
櫻子がキスして欲しさにわざと我儘言うようになって
其れに気づいた二人が櫻子の我儘許すようなって
キスして貰えなくなった櫻子が泣きながら二人にキスねだるとこまで幻視した


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 13:09:33.24 ID:xPOpCLGS0

>>44
よし書きなさい


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 13:39:18.01 ID:Lfp/cGu30

撫子「櫻子、私たち今からここで勉強するからどっか行ってくれない?」

花子「櫻子邪魔だし」

櫻子「ストレートに言いすぎじゃない!?」

撫子「遠まわしに言ってもあんたわかんないでしょ」ハァ

花子「ほら!早くどっか行くし!」

櫻子「えーそこまで言われるとー逆にここにいたくなるっていうか~」ダラー

櫻子「どっか言って欲しいならそれなりの言い方ってもんがさぁ」グテー

花子「だって事実だし!」

撫子「ふぅ…仕方ないなそこまでいうなら」

撫子「お願いしますどっか行ってください」ゲザァ

櫻子「えーねーちゃんの其れは見飽きからなぁ~」

花子「なんて我儘だし…なら何ならいいんだし!」

櫻子「決まってんじゃん!いつものだよ、い つ も の !」ニヤッ


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 14:01:19.47 ID:Lfp/cGu30

花子「いつものって///」

櫻子「あっるぇ~?どっか行って欲しいんじゃなかったのかな~」ニヤニヤ

花子「そ…それは…」

撫子「…わかったよ」ハァ

花子「撫子お姉ちゃん!?///」

櫻子「やったーっ!」♪♪

撫子「ほら…櫻子」チュッ

櫻子「…んっ」

花子「///」

撫子「…これでいいでしょ?」

櫻子「へへへ~」

花子「ほ、ほら!早くどっか行くし!!///」

櫻子「はぁ?何いってんの?」

櫻子「頼んでるの花子もなんだし、もちろん花子もだよね?」ニヤニヤ


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 14:17:20.39 ID:Lfp/cGu30

花子「っ!!?///」

花子「なんでそうなるし!!///」

櫻子「あれ~?ねえちゃんはやったのに花子はできないの~?」ニマニマ

花子「…うぅ///」

撫子「…櫻子、私がもう一回じゃだめ?」

花子「撫子お姉ちゃん!?うううう…わかったし…///」モジモジ

撫子「花子、無理しなくても」

花子「無理なんかしてないし!!///」

櫻子「ほらほら!早く早く!!」

撫子花子「」イラッ

花子「じゃあ…するから目をつむれし…///」モジモジ

櫻子「はぁ?なんで?」

花子「いいからつむれしっ!!」メツブシ

櫻子「ギャーッ!」

花子「んっ///」チュッ


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 14:32:50.45 ID:Lfp/cGu30

花子「…ほらちゃんとやったし!///」

櫻子「こんなのやった内にはいるかーっ!」クワッ

花子「でもちゃんとやったし!!」

櫻子花子「ぬぐぐぐぐぐ!!!!」

撫子「はぁ…櫻子、花子はちゃんとやったんだしいいでしょ」

櫻子「ねーちゃんっ!?」

花子「ほらみろし!」

櫻子「ムカッ!くそー!次はちゃんとキスするからな!おぼえてろよー!」ダッ

撫子「ほんと騒がしい…」

花子「うぅ…また櫻子にキスされたし…」

撫子「…花子、ほらこっちおいで」

撫子「これで上書きだよ」チュッ

花子「撫子お姉ちゃん…///」テレテレ


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 14:45:02.56 ID:Lfp/cGu30

撫子「しかし、櫻子のやつ遅い」

花子「今日の晩飯の当番なのに、どこいったし」

櫻子「たっだいまー!」ダダダッ

花子「櫻子遅いし!」

櫻子「んだとー!どっかいけって言ったのは二人じゃんか!!」プンスカ

撫子「ほらほら、喧嘩する暇あったら晩飯作ってよ」

櫻子「えーなんのことだっけなー」ピュー♪

花子「いいから早く作るし!お腹減ったし!」

櫻子「つーん!昼あんな、えーと…そうさい?な扱いして!」

撫子「それを言うならぞんざいじゃないの」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 14:55:45.17 ID:Lfp/cGu30

櫻子「そう!ぞんざいぞんざい!」

花子「で、でもあれは櫻子が悪いし!」

櫻子「でも目潰しはないだろ!!ちょー痛かった!」

花子「あ、あれは…///」

櫻子「あーまだ痛いな~痛くて晩御飯作れないな~」ニヤニヤ

撫子「はぁ…じゃあ今回はなにすればいいの?」

櫻子「ふふーん!花子がちゃんとキスしたら作ってやってもいいよ!」ドヤッ

撫子「また上から…それで花子は」チラッ

花子「ま、まただし!?///」

櫻子「だって~昼のは目潰しされてよくわかんなかったし~」

撫子「櫻子、あんま調子のるt」ズイッ

花子「こ、今回は!ちゃんと目つむってくれたらやってもいいし…///」

櫻子「おーつむるつむるー!ほらほら早く!」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 15:11:45.06 ID:Lfp/cGu30

花子「は、早くつむるし!///」

櫻子「はいはい、これでいいでしょ」ツムリ

花子「う、うん…じゃあするし…///」

花子「…///」モジモジ

花子「…///」モジモジモジ

櫻子「まだー?」

花子「!?今するし!///」チュッ

櫻子「(今だっ!)」パチリ

撫子「あっ」

櫻子「(…おー必死に目つむっちゃって、しっかし花子ってまつ毛ながいなー)」

花子「や、やった…しっ!!?///」ビクッ

櫻子「…あ、うん」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 15:19:41.19 ID:Lfp/cGu30

花子「な、なんで目開けてるし…」ガクガク

櫻子「え?あーなんか目開けたくなって?」

花子「///」カーッ

花子「櫻子のバカーッ!!!!」バチコーン

櫻子「ギャー!?」ドンガラガシャーン

花子「うわーん!!!」ダッ

撫子「あ、花子!」

櫻子「ねーちゃん…花子の心配の前に私の心配して…」ボロボロ

撫子「あんたは自業自得だ」

櫻子「そん…な…」ガクリ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 15:30:53.92 ID:Lfp/cGu30

花子自室


花子「うぅ…」グスグス

コンコンッ

花子「!?…誰だし?」ビクッ

撫子「私だよ」ガチャッ

花子「撫子お姉ちゃん…櫻子は…」

撫子「櫻子ならリビングで死んでたよ」

花子「…ならいいし」フゥ

撫子「花子、機嫌直しなよ」

撫子「まぁ今回はあのバカが悪いんだけどさ、それにそこまで嫌でもないんでしょ…?」

撫子「恥ずかしかっただけだよね?」

花子「…」

花子「」コクリ


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 15:41:12.56 ID:Lfp/cGu30

撫子「しかしあのバカ最近調子づいてきてるね…」ハァ

花子「…最近何かあるたびにキスの要求されてる気がするし」ハァ

撫子「そういえば前回の晩御飯の時もキスの要求してきてたっけ」

花子「花子は昨日、櫻子の洗濯当番で要求されたし…」

撫子「最近そんなのばっかりだよね」

撫子「…」

撫子「…もしかして、櫻子はキスしたさに我儘言ってる…?」

花子「!?」ガタッ

花子「そ、そうだし!絶対そうだしっ!!」コクコク

撫子「我儘言う櫻子への罰ゲームとして始めたのに…」

撫子「まさか罰が目的に摩り替わってるなんて…」

花子「それじゃ、これからどうするし…?」

撫子「そうだね…ならそれを更に逆手に取って…」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 15:53:45.27 ID:Lfp/cGu30

次の日


櫻子「ただいまッ!」

撫子「…」携帯カチカチ

花子「…」ゲームピコピコ

櫻子「櫻子さまのおかえりだよ!ほら!」

撫子「はいはい、それより今日の晩御飯当番は櫻子ね」カチカチ

櫻子「ええ!?昨日作ったじゃん!?」

花子「レトルトカレーは作った内に入らないし」ピコピコ

撫子「そういうこと、早く準備しな」カチカチ

櫻子「えー!?やだやだ!!私はつくんないぞー!?」ジタバタ

撫子「…」カチカチ

花子「…」ピコピコ


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 16:03:37.99 ID:Lfp/cGu30

櫻子「…(それなら)」

櫻子「ねーちゃんねーちゃん!」ズイ

撫子「…なに?(距離が近い…)」カチカチ

櫻子「作って欲しかったらさぁ、やることあるよね~?」ドヤッ

花子「」ピクッ

撫子「…何のこと?」カチカチ

櫻子「昨日もやったじゃん?キスだよ、キス!」ズイズイ

櫻子「晩御飯作って欲しかったら昨日の花子みたいにキスしないとねー!」フンスフンス

撫子「…(息がかかる…)」カチカチ

花子「…」チラッチラッ

撫子「…そっか、なら仕方ないね」ハァ

櫻子「!」キラキラ


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 16:14:09.42 ID:Lfp/cGu30

撫子「なら今日は私が作るよ」スクッ

櫻子「!?」ガーン

櫻子「ちょ!!なんで!?」アタフタ

撫子「なんでって?そりゃ櫻子が作らないって言うから…」

櫻子「違う違う!そーじゃなくて!」アタフタ

花子「…櫻子うるさいし」ピコピコ

櫻子「花子!ねーちゃんが壊れた!!!」クワッ

撫子「壊れてないから」

櫻子「でもでも!!!」アタフタ

花子「櫻子が作りたくないっていうから撫子お姉ちゃんが作るんだし」

撫子「そういうこと、気が変わったの?櫻子あんたが作る?」

櫻子「うう…ちくしょーっ!!」ダッ


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 16:23:44.17 ID:Lfp/cGu30

撫子「…行った?」

花子「…行ったし」

撫子「ふぅ…やっぱり目的はキスだったみたいだね」ハァ

花子「どうなるかと思ったし…」

撫子「そうだね、でもこれからどうするかな」

花子「?」

撫子「櫻子の罰ゲームなくなったからね、櫻子の我儘を結果的に聞くことになっちゃうし」

花子「!!そうだし…櫻子わがまま言い放題だし!!」

撫子「とりあえず、キスに変わる罰ゲームを思いつくまではこのままかな…」

花子「うぅ…仕方ないし…」

花子「それに…さ、櫻子にまたキスなんてもう嫌だし!///」

撫子「とりあえず今日は私が晩ご飯作るよ(素直じゃないなぁ…)」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 16:29:58.25 ID:Lfp/cGu30

それから


櫻子「洗濯当番めんどくさーい!」

撫子「そう、なら私がやるから」スクッ

櫻子「え!?えーと、あーやっぱりやってもいいかなー(棒)」アタフタ

撫子「…ふーん、ならどうぞ」サッ

櫻子「で、でも!やっぱ何かないとやる気起きないなー…なんて」チラッ

撫子「…ふーん」

櫻子「えーと、キス!キスでいいよ!キス一回でこの桜子様が洗濯してしんぜよう!」ソワソワ

撫子「なら私がやるよ」

櫻子「ええ!?だってキスだよ!?キス一回だよ!?」ガガーン

撫子「はぁ…櫻子、洗濯するのしないの?」

櫻子「う~!くっそーーーっ!!!」ダッ


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 16:45:16.90 ID:Lfp/cGu30

櫻子「ねえ花子、今日の晩御飯の当番変わってあげようか?」ソワソワ

花子「…何を企んでるし」ジトー

櫻子「え!?何も企んでないって!あははは」アタフタ

花子「」ジトー

櫻子「ははは…」タラタラ

花子「…なら櫻子に変わって貰うし」

櫻子「じゃ、じゃあ!!」ズイ

花子「な、なんだし!?櫻子近いし!!///」

櫻子「キス!キスしてよ!!」

花子「はぁ!?なんで花子がキスしなきゃいけないし!!///」アタフタ

櫻子「変わってやるんだからキスぐらいいいだろ!ほらっ!」ズイズイ

花子「ちょ!ちょっと!櫻子近いし!近すぎる…しっ!!///」バチコーン

櫻子「ぐはーっ!?」グワゴロガシャーン


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 16:58:20.32 ID:Lfp/cGu30

撫子「…最近櫻子のスキンシップが激しい…」グッタリ

花子「…花子もだし…」グッタリ

撫子「何かあるとキスキスって…」

花子「花子は昨日一緒に寝ようって言われたし…」

撫子「私は風呂一緒に入ろうって言われたよ」

花子「正直櫻子の代わりにやる家事より櫻子の相手のほうが疲れるし…」グター

撫子「全くだよ…まさかここまでとは…」グテー

花子「これならキスしたほうがマシに思ってきたし…」

撫子「そう、その罰ゲームの話なんだけど」

花子「何か思いついたし!?」ガタッ

撫子「うん、それh」

ダダダッ

櫻子「ねーちゃんっ!!花子っ!!!」バターン


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 17:08:52.15 ID:Lfp/cGu30

撫子「うわっ!?」ビクッ

花子「さ、櫻子!?なななななんだし!?」ビクビク

櫻子「…おかしい」

撫子花子「?」

櫻子「おかしい!!おかしいおかしいおかしい!!!!」

櫻子「二人ともぜーったいおかしいよ!!!」

撫子「ちょ、ちょっと櫻子…」アセアセ

花子「さ、櫻子おちつくし」アセアセ

櫻子「なんで!?なんで我儘言ってるのにそのままなの!?」ジワッ

櫻子「前みたいになんにも言ってこないし!なんで!?なんでなの!?」

撫子「え…えーと、それは…」アセアセ

花子「うう…///」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 17:14:08.62 ID:Lfp/cGu30

撫子「というか、なんで櫻子が怒ってるんだよ」アセアセ

花子「そ、そうだし!今の櫻子は我儘言いたい放題だし!」

櫻子「うっ!?そ…それは…」

花子「お、怒りたいのは我儘言われてる花子たちの方だし!」

櫻子「え…えーと…それは…」アタフタ

撫子「…櫻子、素直になんな」

櫻子「…ね、ねーちゃん?」アセアセ

撫子「櫻子、私たちは知ってんだよ…あんたの真の目的を…」

櫻子「真の…目的!?」ガガーン

花子「そうだし!櫻子観念するし!!」ビシッ

櫻子「えっ、そんなのないから!マジマジ!!」アセアセ


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 17:26:09.67 ID:Lfp/cGu30

撫子「櫻子、あんたの目的…それは」スクッ

櫻子「あーーーっ!あーーーーっ!!目的なんてない!ないからーっ!」

撫子「あるよね?」クイッ

櫻子「え」

撫子「んっ」チュッ

櫻子「―!!?///」

花子「!!?///」

櫻子「んーっ!?んー!んっ……」

撫子「――ぷはっ、これだよね?」

櫻子「」グッタリ


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 17:39:58.24 ID:Lfp/cGu30

花子「撫子お姉ちゃん!?なななななにしてるし!?///」アワワワ

撫子「いや、こうしたほうが手っ取り早いかなって」

櫻子「」

花子「えーと…櫻子大丈夫だし…?///」オソルオソル

櫻子「…ウン、ダイジョウブ」

花子「全然大丈夫じゃないし…」

撫子「それで、櫻子の目的はこれであってた?」

櫻子「…ハイ、アッテマs…はっ!?」

花子「あ、戻ったし」

櫻子「ねねねねねねーちゃん!?なにすんだよっ!!!///」フキフキペッペッ

撫子「何って、あんたのしたがってたキスだけど?」

櫻子「なっ!?さっきのキスなんかじゃねーし!!ベロ!ベロはいってきた!!!///」

花子「!?///」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 17:47:43.59 ID:Lfp/cGu30

撫子「はぁ…あんたはキスの何たるかを知らないね」

撫子「キスってのはね、ただ口と口をくっつけるだけじゃなく…」

櫻子「あ、長くなりそうだから説明要らない」

撫子「」イラッ

花子「そ、それでなんで櫻子は花子たちとキスしたがってたし?」

櫻子「え、えーと何のこと?私知らないなーあははh」タラタラ

撫子「…櫻子」ズイ

櫻子「あーっ!いう!いいます!!」ビクビク

櫻子「……」

花子「…」

撫子「…」

櫻子「…き、気持よかったから…///」カーッ


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 18:08:14.25 ID:Lfp/cGu30

花子「…」

撫子「…」

櫻子「…///」カーッ

花子「え、それだけだし?」

櫻子「…うん///」テレ

撫子「…じゃあ最近の過剰なスキンシップは?」

櫻子「頭巾湿布?」

花子「一緒にお風呂入ろうとか一緒に寝ようとか言ってたのだし、あとスキンシップだし」

櫻子「そ、それは…お風呂入ってたらどさくさに紛れてキスしたり…」

櫻子「一緒に寝たら、寝た後に沢山キスできると思ったから…///」

撫子「…最低」ジト

花子「…最低だし」ジト

櫻子「なんでっ!?///」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 18:13:27.44 ID:Lfp/cGu30

櫻子「も、元はといえば!ねえーちゃんと花子がげいいんじゃないか!」

撫子「なんのこと?あと原因ね」

櫻子「二人が罰ゲームとか言い出して無理矢理キスしたんじゃんっ!」

花子「あの時は櫻子嫌がってたし」

撫子「そうだね、羽交い絞めにする思いっきり引っ掻かいてきたじゃない」スゴイタカッタ

櫻子「あの時は!あの時はそうだったけど!!そのあとも何度も何度も!」

花子「…櫻子が我儘言うからだし」ハァ

櫻子「そ、それで気づいたら…なんか気持ちよくなってたんだよ!ばーか!!」ダッ

撫子「バカあんただ」ガシッ

櫻子「ぐえっ」クビシマル…

花子「変態だし」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 18:24:50.62 ID:Lfp/cGu30

撫子「それで私たちにわざと我儘いってキスしてたってわけね」

櫻子「」コクコクコク

撫子「まさか櫻子が罰を目的にするなんて気づかなかったし」

撫子「途中まで見抜けなかった私たちも私たちだからね、今回のことは許してあげるよ」パッ

櫻子「ぶはっ…死ぬかと思った…」

撫子「花子もそれでいい?」

花子「花子は別に…」

撫子「そういうわけで、櫻子の罰にキスももう終わりね」

櫻子「えー!?いいじゃんいいじゃん!!減るもんじゃないし!!」

花子「(花子は何か減った気がするし…)」

撫子「それで実は新しいのを考えたんだ」

櫻子花子「!?」

撫子「それは…」


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 19:02:44.40 ID:Lfp/cGu30

数日後


櫻子「たっだいまーっ!」

撫子「はいはい」カチカチ

花子「…櫻子うっさいし!」ピコピコ

櫻子「んだよーもうちょっと盛り上がれよー!」

花子「何を盛り上がればいいんだし…」ピコピコ

撫子「櫻子、あんた今日晩ご飯の当番だよ」カチカチ

櫻子「」ピクッ

櫻子「えーこないだも作ったじゃーん!めんどーい!(棒)」

櫻子「でもさ、アレがあるんだったらやってもいいかな~?」チラッチラッ

撫子花子「(めんどくさい…)」

撫子「…はいはい、わかったからさっさと作って」

櫻子「まじで!?じゃあさくっと作っちゃうよっ!!」ウデマクリ

花子「ちょ!レトルトはだめだし!!」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 19:16:50.66 ID:Lfp/cGu30

撫子櫻子花子「ごちそーさまでした」

櫻子「」ソワソワ

撫子「…食器片付けてくる」ソソクサ

花子「…私もだし」ソソクサ

櫻子「」ソワソワ

櫻子「」ソワソワ

シーン…

櫻子「…」

櫻子「あれっ!?」

ダダダダッ

櫻子「ちょっとねーちゃん!!」ガチャッ

撫子「うわ!?ノックぐらいしろって」アセアセ

櫻子「約束!約束忘れてないよね!?」クワッ


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 19:26:57.75 ID:Lfp/cGu30

櫻子「さぁさぁ!二人とも約束約束!」キラキラ

撫子「…腹をくくるしかないか」ハァ

花子「うぅ…///」

櫻子「ほらほら!早く早く!」キラキラ

撫子「…じゃあ行くよ櫻子」チュッ

櫻子「んっ…///」

花子「///」

撫子「ん…ちゅ…ん!?んんっ!!///」

櫻子「あむ…んーっ///」

撫子「んんーっ!!///」ゴチーン!

櫻子「ぶはっ、頭痛いっ!?」ウズクマリ

撫子「し、舌は入れるなって言ったでしょ!///」カーッ


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 19:35:25.78 ID:Lfp/cGu30

櫻子「いったー…なんだよ!いつもねーちゃん入れてきてるだろ!!」プンスカ

撫子「私はいいの!!あんたから入れるのはダメって言ったでしょ!///」

櫻子「そうだっけ?んだよー減るもんじゃないし、ねーちゃんはケチだなぁ」

撫子「(こういう事するから嫌なんだよ…///)」

櫻子「さーて、次は」

花子「ひぃ!?」ガクブル

花子「は、花子は撫子お姉ちゃんと違ってうまくないし!!やめるなら今のうちだし!!」アセアセ

撫子「…花子」ポンッ

花子「撫子お姉ちゃん…?」

撫子「諦めな」ガシッ

花子「ちょ…っ!?撫子お姉ちゃん!?」ガーン


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 19:45:21.24 ID:Lfp/cGu30

櫻子「お、ねーちゃんいいね!そのまま抑えてて!」

花子「嫌だしーっ!放すし―っ!!///」ジタバタ

撫子「くっ、諦め…なって!」ガシーッ

櫻子「へへへー」ズイズイ

花子「さ、櫻子!あとでお母さんにいうし!!絶対言うし!!!///」ジタバタ

櫻子「そんじゃいくよー」チュッ

花子「んんーっ!?///」

花子「んー!!///(櫻子の下が花子の口開けようとするし!!)」

花子「んっ!んんーっ!///(…このまま櫻子の好きなようにさせるぐらいなら)」

花子「(花子の方からしかけるしっ!!)」カッ!


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 19:54:56.46 ID:Lfp/cGu30

櫻子「ん…んんっ!?///」ビクッ

撫子「(おや…?)」

花子「んんーっ!あむ…んっ!」ガシッ

櫻子「んー!?んーっ!///」ジタバタ

花子「んっ!じゅる…ちゅぱ…はむっ…」

撫子「(うわ…///)」

櫻子「んーっ!!!んー!……///」ビクビク

花子「じゅる…じゅるる…はぁ…」チュパ

撫子「///」

櫻子「」グッタリ

花子「や、やったし!!!花子大勝利だし!!希望の未来へレディーゴーだし!!!!」グッ


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:02:35.43 ID:Lfp/cGu30

撫子「櫻子…櫻子、大丈夫?///」ユサユサ

櫻子「うう…///」グッタリ

花子「やったし!花子一矢報いたし!!!///」

撫子「よ、よかったね…」ヒキッ

櫻子「…」ボソボソ

撫子「ん?」

櫻子「…やっぱ花子はこれだよね…えへへ///」

花子「花子は勝ったし―!!!!」

撫子「(花子…全て櫻子の計算通りだったんだよ…)」ホロリ


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:07:56.46 ID:Lfp/cGu30

櫻子「いやー花子にはまんまとやられたよー(棒)」

花子「ふん!花子を甘く見るからだし!!」

撫子「」ホロリ

櫻子「いやーご褒美のキスはかくげつ?だったなぁ」

花子「格別だし…」

花子「というか今日花子、櫻子と2回もキスしたし…」ハァ

撫子「…私は3回だね」ハァ

櫻子「えー?いいじゃん、きもちいーし!!」

花子「というか!勝手に人の仕事奪ってキスするの禁止だし!!!」

櫻子「えぇ!?なんでだよ!!」プンスカ

撫子「そうだね…、ご褒美のキスにしてから櫻子が働いてくれるのはいいけど」

撫子「(これじゃ私たちの罰ゲームだよ…、まだあいつとこんな激しいキスもしてないのに)」ドンヨリ


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:16:24.30 ID:Lfp/cGu30

櫻子「仕事したんだから其れに対するせーとーな補修だよ!」

花子「正統な報酬だし…」

撫子「(このままじゃあいつとより櫻子とのキスの方が多くなって…)」ドンヨリ

花子「…?撫子お姉ちゃん…?」

撫子「(それに家族とあんなキスしてるのがバレたら…)」ガクガク

櫻子「ねーちゃんどうした?」

撫子「…」グッ

撫子「キス禁止―っ!!!!」クワッ!

花子「!?」ビクッ

櫻子「な…なんだってーーっ!!!!??」ガガーン



おわり


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:17:06.81 ID:s+3MTa8q0

乙乙

大室家関連のSSもっと増えたらいいのになっと


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 15:55:58.54 ID:Xk3/k9Vk0

撫子さんに踏まれたい


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 15:58:15.61 ID:+nhr8BRf0

花子さまに踏まれたい


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:34:26.59 ID:Lfp/cGu30

>>65-66

櫻子「晩飯作るのめんどくさーい」グテー

花子「いいから作るし!!花子はお腹減ったし!」

櫻子「えー?じゃあキスしてくれたらいいよー」ニヤッ

花子「!?き…キスは駄目だし!!禁止だし!!///」

撫子「ただいまー」

花子「あ、撫子お姉ちゃん!また櫻子が晩飯作らないし!!」

櫻子「だーかーらー、キスしたら作るってい言ってるじゃんかー」

撫子「(キス禁止にしてから櫻子はまた怠け癖が発動…、しかも働いて欲しければキスしろと恐喝までするようになった)」

撫子「ふふふ…」

花子「…撫子お姉ちゃん?」

撫子「はははは!!」

櫻子「ねーちゃんがこんどこそ壊れた!!!」ビクッ

撫子「壊れてないよ、実は櫻子に対する新しい罰ゲームを考えたんだ」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:43:16.67 ID:Lfp/cGu30

櫻子「ええ!?」ガーン

花子「ほんとだし!?」

撫子「うん、今日学校で考えてきたんだよ」

櫻子「学校に何しに行ってるんだ!」

花子「櫻子はには言われたくないし…」

櫻子「それで、罰ゲームとはなんぞや!この櫻子様が聞いてしんぜよう!!」フンフン

撫子「ならまず土下座して」

櫻子「土下座!?」


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:47:32.57 ID:Lfp/cGu30

櫻子「こ、これでいいの?」ゲザァ

花子「無様だし」プッ

櫻子「」イラッ

櫻子「ちょっとねーちゃん!いつまでやってればいいんだよ!!」プンスカ

撫子「今してやるから」ニヤ

櫻子「!?」グリグリ

櫻子「ねーちゃん!?まさか頭踏んでない!?」グリグリ

花子「撫子お姉ちゃん!?」

撫子「今度から櫻子が何か我儘いったら土下座させて頭を踏む!!」

撫子「これが新しい罰ゲーム!!」ドヤッ


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:50:48.86 ID:Lfp/cGu30

櫻子「ちょっ!ねーちゃんマジで足どけろよっ!!」グリグリ

撫子「それで櫻子、晩ご飯ちゃんと作る?」

櫻子「つくる!つくるから!!」グリグリ

花子「」ウズウズ

撫子「花子?」

花子「花子も踏みたいし!!!」パァッ

櫻子「!?ちょっと花子!?」グリグリ

撫子「なら…はい、いいよ」スッ

花子「やったし!!」ガッ


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:52:24.04 ID:Lfp/cGu30

櫻子「いた!痛い!!花子痛いって!!!マジでマジで!!」グリグリグリ

撫子「(うわぁ…花子のやつ本気で踏んでるな)」ヒキッ

花子「櫻子、ちゃんと飯作るし?」

櫻子「作る!作りますから!!」グリグリグリ

花子「ふーん、ならやめてあげる…しっ!!!」ガッ!

櫻子「ぐえっ!!?」グギッ

撫子「(あそこまでとは言ってないんだけどなぁ…)」タラタラ

撫子「…えーと、そんな訳で今度から櫻子が我儘言ったら踏みつけるからね」

花子「わかったし?」テカテカ

櫻子「うう…わかったよ…」

櫻子「(でもなんだろ…踏まれてもそんな嫌じゃなかったような…)」




おわり


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 20:57:20.46 ID:+nhr8BRf0

目覚めてしまったんですのね櫻子……///

面白かった!おつ!


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 21:58:54.84 ID:DMONhu2r0

ひまかえだと思ってスレを開いたら大室家だった
何を言っているのか(ry


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

>>7
赤座姉妹がないとかどういうことですか!!!

 [名無しさん]

ひまかえは読んでみたいでござる

 [ゆりゆりな名無しさん]

まとめまで騙しとかふざけんなよ

 [名無し]

まりちゃんは結衣の妹じゃねーよ
カップリング語る前に家族構成くらい覚えなさい

 [名無しさん]

↑分かってないやつなんかおらんやろ

 [名無しさん]

なにこれ大満足

 [名無もり]

あかねさんに洗脳された向日葵の話の続きかと
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。