スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆずこ「あいちゃんって唯ちゃんのこと好きなの?」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 16:56:20.15 ID:p4LewSpd0

千穂「……え?ええっ!?」

ゆずこ「なんかいつも視線感じるなーって思ったらあいちゃんの視線で」

ゆずこ「もしかして私のこと好きなのかなーって思ったけど」

ゆずこ「よく見たら唯ちゃんの方向いてたから」

千穂「え、えっと……それは……///」

ゆずこ「へへへ~、どうなのどうなの~?」

千穂「あ、あの……私は……別に……///」

ゆずこ「ほらほら、今なら誰もいないからいいじゃんー」


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 16:58:20.94 ID:p4LewSpd0

千穂「……ん……す、好きっていうか……もっと……仲良くなりたいって思うけど……///」

ゆずこ「好きなんだね」

千穂「の、野々原さん!」

ゆずこ「大丈夫だよ~、唯ちゃんに言ったりしないから」

千穂「だ、だから~」

ゆずこ「ねぇ、今度唯ちゃんの誕生日じゃん?」

千穂「う、うん」

ゆずこ「その時さ……告白してみれば?」

千穂「…………え?」


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:00:10.66 ID:p4LewSpd0

―教室―


唯「今日のテーマ何にする?」

縁「えっとー、昨日のテーマなんだっけー?」

唯「アレだろ、ほら、アレ…………」

縁「なにー?」

唯「……やばい……縁が感染した……」

縁「わぁい、唯ちゃんに感染~」

唯「あ、いや、落ち込むところです縁さん」

ゆずこ「唯ちゃん、ゆかりちゃん!部活行くぜー!」

唯「おう、てかどこ行ってたんだよ」

ゆずこ「へへへ、ちょっと唯ちゃん羨ましいなーって」

唯「は?」


4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:00:49.24 ID:p4LewSpd0

ゆずこ「ゆかりちゃん!今日のテーマ決まった?」

縁「んっとね、それ考えてたら昨日のテーマなんだっけって話になってー」

ゆずこ「え?昨日のテーマはアレでしょ?ほら……えっと………………」

唯「感染力やばいなー」


5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:06:50.85 ID:p4LewSpd0

―部室―


ゆずこ「恋!!」

唯「んん!?」

縁「こい?」

ゆずこ「今日のテーマ恋にしようって言ってんですよ」

唯「うわ……なんかなー……」

縁「えへへ、来たよ~ゆずちゃんっ」トトトッ

ゆずこ「おーよしよし」ナデナデ

唯「……なにしてんの?」

縁「え~、だって今来いって」

唯「犬かなんかかっ」


6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:07:59.48 ID:p4LewSpd0

ゆずこ「って違うよ縁ちゃん!恋だよ恋!」

縁「あ……あ、ああ~」

唯「まだピンときてないのかよ」

ゆずこ「ね、いいよね!」

縁「も、もっちろ~ん!」

唯「はぁ……なんかなぁ……?」


7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:10:48.38 ID:p4LewSpd0

―――――――――――――――――――――


唯「いやー、深かったなー」

ゆずこ「ホント、人間に生まれて良かったー!」

縁「私を生んでくれてありがとう、お母さんお父さん!」

ゆずこ「じゃ、まとめるぜー」

唯「うん、任せた」

ゆずこ「えっと……やっぱり……

―――――――――――

恋・まとめ
『唯ちゃんは恋すべき』

―――――――――――

唯「いつそんな話したっ」

ゆずこ「今思った」

唯「なんで思ったんだよっ」


16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:15:04.57 ID:p4LewSpd0

ゆずこ「やっぱり女子高生のうちにそういう経験の一つや二つしといた方がいいって」

唯「女子高生が何言ってんだ」

ゆずこ「それに……恋する唯ちゃんって、絶対かわいいじゃん?」

縁「あ~分かる~」

唯「縁まで何言ってんだよ」

ゆずこ「さ!帰るよ縁ちゃんっ!」タタッ

縁「あ、うんっ!待って~」タタッ

唯「あ!待て!……せめて消してからいけよ……」

唯「……ったく……」ケシケシ


18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:17:05.32 ID:p4LewSpd0

唯「よし……代わりに何か書かないとな……」

唯「恋か……恋……恋……」

唯(……なんだろな、恋って……)

唯(今までずっとあいつらと一緒でそんなこと考える暇も無かった)

唯(男友達とかもずっといなかったし、ナンパされた時もうざいとしか思わなかった)

唯(さっき調べた情報によると、脳内でPEAっていうホルモンが分泌されて興奮状態になることを恋するって言うらしい)

唯(どうやって出すんだよ、PEA)


20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:19:57.85 ID:p4LewSpd0

唯「うーん…………」

―――――――――――

恋・まとめ
『恋はPEA』

―――――――――――

唯「こんなところかな」

唯「さて……」


ガラッ


千穂「い、櫟井さんっ」

唯「え……相川さん?」

千穂「えっと……野々原さんに放課後部室来てって言われてて……」

唯「ああ、ゆずこに用事?それなら外にいなかった?」

千穂「それが……さっき階段降りていっちゃって……」

唯「えー……あいつ何やってんだよ……メールして呼び戻すからちょっと待ってて」

千穂「あ、いいの!」

唯「でも、ゆずこに用事あるんじゃないの?」

千穂「うんっ、ちょっと部活見に来ただけだから」


21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:34:02.40 ID:p4LewSpd0

唯「そっか、ごめんね、今日はもう終わっちゃったんだ」

千穂「みたいだねー、テーマは何だったの?」

唯「はは……それがさ……」トントン

千穂「こ、恋!?」ドキッ

唯「ゆずこがいきなり提案してきてね」

千穂「へぇ…………これ……PEAって何?」

唯「んー、なんだろうな~」

千穂「えっ?」

唯「……プリン・いいかげん・飽きた、とか?」

千穂「……た、食べすぎちゃったんだねっ、きっと」

唯「……そこはちゃんとツッコんで欲しかったんだけど……」

千穂「あ、ごめんなさいっ」


22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:40:17.91 ID:p4LewSpd0

唯「さーて、あいつら先に帰っちゃったなら私達も帰ろっか」

千穂「う、うんっ!」

唯「電気消すよー」パチッ

千穂「……あ、あの、櫟井さん!」

唯「んー?」

千穂「……一緒に……帰っていいの?」

唯「あれ、一人で帰りたかった?」

千穂「ううんっ!二人で帰りたい!」

唯「あはは、良かった」

千穂「あっ!そ、その二人がいいってわけじゃなくて……今は二人しかいないからっ……///」


23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:46:04.78 ID:p4LewSpd0

―帰り道―


唯「――――って感じでいきなりテーマが決まって……」

千穂「あはは、野々原さんらしいね」

唯「らしすぎて困るっての」

千穂「それにしても恋かぁ…………恋…………///」

唯「あれ?顔赤いよ?」

千穂「な、なんでもないっ!」

唯「そう?」

千穂「……なんか意外だよね……櫟井さん達がそういうお話してるのって」

唯「あはは、そうなんだよ、誰も恋に興味ないくせに調べてたから全然実感わかなくてさ」

千穂「…………そう……なんだ……」


24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:51:27.59 ID:p4LewSpd0

唯「相川さんは?誰か好きな人とかいるの?」

千穂「ふぇっ!?え、私!?」

唯「うん、相川さんって男子からすごいモテそうだから」

千穂「そ、そんなこと全然ないよっ!」

唯「じゃあ、好きな異性のタイプとかは?」

千穂「え……?えっと……異性だったら……んー……」

唯「…………だったら……?」

千穂「……あっ!や、優しい人がいいかな!やっぱり!」

唯「そっかぁ……でも、優しさに騙されちゃだめだよ」

千穂「……うん……気をつける……ね」

唯「相川さんってどっちかっていうと縁系だから……なんか……ちょっと不安」

千穂「……えへへ……大丈夫だよ」

唯「あ、相川さんこっちの道だよね」

千穂「……あ……うん……お別れだね」

唯「じゃあまた明日、学校で」

千穂「……うんっ、ばいばいっ」ニコッ

唯「あ…………」ドキッ

千穂「…………」タタタッ

唯(……やっぱ……可愛いなぁ……)


26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:54:06.88 ID:p4LewSpd0

―ゆずこの家―


ゆずこ(お、そろそろあいちゃん達も家に着いたころかな~?)

ゆずこ(電話しようっと!)


トゥルルルルル


ゆずこ「あーいちゃんっ!今日の帰り道、どうだった?」

千穂『野々原さん……あのね…………もう……告白はしないよ』

ゆずこ「え……?なんでなんで?」

千穂『…………今のままでいいから……たまに櫟井さんと話せるだけで楽しいから』

ゆずこ「唯ちゃんに何かひどいこと言われたの!?」

千穂『ううん、櫟井さんは普通だったよ』

ゆずこ「え……?じゃあ……」

千穂『……気持ち悪いって思われたくないから……』

ゆずこ「だ、大丈夫だよ、唯ちゃんがそんなこと思うわけ……」

千穂『……ありがとう、もう大丈夫だから……』


プツッ ツーツー


ゆずこ「ええええ……」


27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:56:35.76 ID:p4LewSpd0

ゆずこ「唯ちゃん……!あんな可愛い子に想われといて何やっとんじゃー!」


トゥルルルルル


ゆずこ「唯ちゃんっ!おこだよ!」

唯『なんだよいきなり……』

ゆずこ「反省しなさい!」

唯『それはお前だろ、勝手に帰りやがって』

ゆずこ「んー?そのおかげで何かラッキーなことがあったんじゃないのかいー?」

唯『ラッキー?……いや、むしろアンラッキーだった』

ゆずこ「はぁ!?」

唯『あの後相川さんが来て一緒に帰ることになったんだけどさ、そのせいで帰り道に落ちてた500円玉拾えなかったんだよ』

ゆずこ「……はぁ?」

唯『一緒なのがお前らだったら遠慮なく拾うんだけどな』

ゆずこ「…………それ、どこ?」

唯『えっと……たしかコンビニちょっと過ぎたあたりのところ』

ゆずこ「ありがと!切るね!」

唯『あ、おい――』

プツッ

ゆずこ「待ってろよー!500円!」ダッ


28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 17:59:58.54 ID:p4LewSpd0

翌日


千穂「……はぁ…………」

佳「相川ー?どうした?」

千穂「……え?な、なにが……?」

佳「さっきからため息ばっか」

千穂「べ、べつに、何でもないよっ」

ふみ「……あやしい」

千穂「怪しくないってばー」

佳「…………」

ふみ「……櫟井さん?」

千穂「えっ!?そんなに見てた?」

ふみ「ううん、いつも見てるのに今日は見てないから」

千穂「い、いつもも見てないよっ」


29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 18:03:04.97 ID:p4LewSpd0

ゆずこ「唯ちゃんっ、今日のお昼はおごってあげよう!」

唯「おー、ずいぶん気前いいな」

ゆずこ「ふっふっふ、何せ500円の臨時収入が入ったからね」

唯「うわぁ、本当に取りに行ったのかよ……」

縁「えー、なになにー?ゆずちゃん秘密のアルバイトー?」

ゆずこ「もー、そんないかがわしいことしてないってー」

唯「すぐそういう方向に持っていくお前の方がいかがわしいわっ」

佳「櫟井、ちょっといい?」

唯「あ、岡野さん……?」

佳「ちょっと借りるな」

ゆずこ「おっけー、1時間3000円からね」

縁「わーお、秘密のアルバイトだー」

唯「だからそっち持ってくなって」


30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 18:04:43.59 ID:p4LewSpd0

佳「んっ」ドンッ

唯「っと……相川さん……?」

千穂「櫟井さん!?」

佳「櫟井、うまくやれよ」

唯「……え?」

佳「長谷川、コンビニ行くぞ」

ふみ「いろ○す、みかん味ね」

佳「一緒に行くんだよ!」グイッ

ふみ「あう」

千穂「…………」

唯「お、岡野さんこれは一体……っていないしっ」

千穂「…………」


31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 18:07:36.40 ID:p4LewSpd0

唯「……えっと……」

唯(うまくやれってなんだよ!なにすればいいんだよ!)

唯「き、昨日は変なこと聞いちゃってごめんね」

千穂「う、ううんっ、大丈夫だよ」ニコッ

唯「…………」

千穂「…………」

唯「こ、恋とかよくわらかないよね」

千穂「……そうだね」

唯「あははは……」


32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 18:10:28.41 ID:p4LewSpd0

千穂「…………」

唯(あれ……なんか元気ない?)

唯(やっぱいきなり好きな人訊いたりしたから引かれたのかな……)

唯「う…………」モヤモヤ

唯(あー……なんだよこの感じ……)

ゆずこ「ゆーいちゃんっ!何話してんのっ」ダキッ

唯「うわあっ!」ビクッ

ガンッ

唯「痛ぁっ!」

千穂「だ、大丈夫!?」

唯「つくえっ……!手ぶつけたっ……!」プルプル

ゆずこ「あ、ごめん」

唯「ゆずこぉぉぉ……!」

ゆずこ「ひっ!?」

千穂「痛いの、ここ?」キュッ

唯「ぁ……」ドキッ

千穂「血は出てないみたいだけど……」ナデナデ

唯「う、うん……」ドキドキ

千穂「保健室行く?」サスサス

唯「だ、大丈夫だよ」

千穂「よかったぁ~」ホッ

唯「……ぅっ…………」ドキッ


33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 18:12:50.89 ID:p4LewSpd0

ゆずこ「おお~、あいちゃんパワーすげー!」

唯・千穂「え?」

ゆずこ「私への怒りが見事に消えたー!」

唯「あっ!!」


ゴツン


ゆずこ「……言うんじゃなかった」

唯「とりあえず謝れ」

ゆずこ「ごめん」

唯「よろしい」

ゆずこ「許してください!何でもしますから!」

唯「やっぱよろしくない」

ゆずこ「ええ~?」

千穂「……ふふっ……あははっ……あはははは!」

唯「…………」

ゆずこ「へへへ~」

唯「…………」

唯(触られたの、気持ち良かったかも……)


41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:40:20.38 ID:p4LewSpd0

千穂「野々原さん、さっきはありがとう~」

ゆずこ「え?なにが?」

千穂「さっき会話に困ってる時に助けてくれて」

ゆずこ「……?そんなことしたっけ?」

千穂「あ、あれ?」

ゆずこ「…………あ!したした!褒め称えて!」

千穂「う、うん!ありがとう!」


42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:42:14.08 ID:p4LewSpd0

ゆずこ「で~?唯ちゃんに告白する気になったー?」

千穂「えっと……それなんだけど……」

ゆずこ「うん?」

千穂「やっぱりしてみようかなって……きっとお付き合いするとかは無理だけど、櫟井さんにはちゃんと気持ちを分かって欲しいから……」

ゆずこ「おおー!頑張れ!私もサポートするから!」

千穂「うんっ、よろしくね」


唯(…………二人……何話してるんだ……?)

唯(告白とか……お付き合いとか……聞こえたけど……)

唯(あと…………『櫟井さん』って言ってた……?)

唯(もしかして相川さんが私のこと……?)ドキッ

唯(い、いやそんなまさか……っ!)


43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:43:46.12 ID:p4LewSpd0

数日後

―唯の家―


唯「はい、紅茶」コトッ

縁「わぁ、ありがとう~」

唯「ゆずこは何やってんだろうな、急に行くの遅れるなんて言ってきて」

縁「ん~、明日唯ちゃんの誕生日だからサプライズでも用意してるんじゃないかな~」

唯「あの、出来れば本人の前でそういうことはあんまり……」

縁「え~?でも私も何も知らないよ~?」

唯「いや、そういう問題じゃなくて……」


44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:44:46.22 ID:p4LewSpd0

縁「あ~、唯ちゃんの指、少し青くなってるよー?」キュッ

唯「ああ、これこの前ぶつけたやつだよ」

縁「痛くないの~?」ナデナデ

唯「まぁ、少しな」

縁「ばんそーこーとかいらない?湿布とか」

唯「い、いいんだよ、これくらい」

縁「う~、唯ちゃんのキレイな指が~」サスサス

唯「あーもう、分かったから」


45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:46:56.78 ID:p4LewSpd0

縁「そーだ、ケガしたら舐めると治るって聞くよ?」

唯「ああ、聞くよな」

縁「えへへ、じゃあ……」ペロッ

唯「じゃあ、じゃない!」バッ

縁「え~!舐めたい~!」

唯「本音の方出てきちゃってるぞ……」

縁「ね~、舐めていいよね~?」

唯「えええ……」

縁「ゆいちゃ~ん……」ウルウル

唯「……うぅ…………ちょっとだけな」

縁「えへへ~、わーい」カプッ

唯「ひゃぁ……っ!?く、咥えていいなんて言ってないだろっ!」バッ

縁「へへ、おいしかった~」ニコニコ

唯「はぁ……もういいよ」


46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:47:40.20 ID:p4LewSpd0

縁「ね、これからどうする?」

唯「ん~、とりあえずお菓子でも買ってこようか」

縁「お~、いいね~、いこういこう!」

唯「じゃ準備して」

縁「うん…………」

唯「…………縁?」

縁「私の分も準備して?」

唯「できません」


47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:48:48.81 ID:p4LewSpd0

ゆずこ(ふっふっふ、ついに明日は唯ちゃんの誕生日……)

ゆずこ(これからあいちゃんと作戦会議だぜー)

ゆずこ(あいちゃんが言ってたのってここの喫茶店だよね)

カランコロン

ゆずこ(えっとー)キョロキョロ

千穂「野々原さーん」

ゆずこ「お、いたいたー」タタッ

千穂「えへへ、ごめんねわざわざ」

ゆずこ「いいっていいってー」

千穂「あのね、野々原さん……色々協力してくれて本当にありがとう」

ゆずこ「えー、なんか照れちゃうなー」


48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:50:52.60 ID:p4LewSpd0

千穂「野々原さんのおかげで櫟井さんと一緒にいる時間が増えて……やっぱり櫟井さんといるとPEAがいっぱい出てくるなぁって思ったよ」

ゆずこ「P……E……A……?」

千穂「あれ……?覚えてない……?」

ゆずこ「うむ、がよく分からんが頑張れっ!」


49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:56:43.29 ID:p4LewSpd0

千穂「あはは、それとね、私が知らないようなこといっぱい教えてくれてすごい嬉しかった~」

ゆずこ「まあそれくらいはね」

千穂「櫟井さんにマタタビあげると喜んで何でも言うこと聞くって話はちょっと驚いたけど……」

ゆずこ「あ、ごめんそれ嘘」

千穂「ええっ!?じゃあそれで実際に抱き着いてちゅーを迫って来たってお話は……?」

ゆずこ「それ妄想」

千穂「え、えっと!櫟井さんドMだから人前で恥ずかしいことされるの好きっていうのは……?」

ゆずこ「それ願望」

千穂「野々原さん!」

ゆずこ「あはは、大丈夫だよ~、6割5分は本当だから!」

千穂「微妙に信用できない数字だよっ!」


50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:57:45.50 ID:p4LewSpd0

ゆずこ「と、冗談はさておき……明日が唯ちゃんの誕生日だよ」

千穂「あ……うん……」

ゆずこ「出来れば一番に報告聞かせてね」

千穂「……うう……ちゃんと言えるかなぁ……」

ゆずこ「想いを伝えないなら、想ってないのと同じ」

千穂「…………」

ゆずこ「……ってCMで言ってた!」

千穂「……うん!がんばる!」

ゆずこ「えへへ、応援してる!」


51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/31(金) 23:58:45.36 ID:p4LewSpd0

千穂「最後まで話聞いてくれてありがとうね、野々原さん」

ゆずこ「報酬は3おっぱいで!」

千穂「ええっ!?」

ゆずこ「成功したらもらうよ~」

千穂「う……うん……///」

ゆずこ「んじゃ、私は唯ちゃん達と合流しようかな」

千穂「え……」

ゆずこ「お~?嫉妬したー?もう彼女気分か~?」

千穂「ち、ちがっ!ちがうよ!」

ゆずこ「あはは、ジョークだよっ」

千穂「も、もぉ……」

ゆずこ「そうだ!ついでにお菓子でも買ってこうと思うんだけどさ、あいちゃんも来てくれない?」


52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:00:18.31 ID:rjvkSzD80

縁「ねえ、お菓子何買う~?」

唯「ん~、カントリーマ○ムとか?」

縁「ハッピータ○ンとか!」

唯「あー……でもまた食べすぎるな……」

縁「えへへ、大丈夫だよ~」

唯「何が?」

縁「唯ちゃんが太っても、そのお肉食べてあげるから~」

唯「ゆ、ゆかりさん…………?」

縁「唯ちゃんのお肉ならきっとおいしいよっ」

唯「…………縁も相川さんくらいまともならなー」

縁「え~なにそれ~」

唯「そのまんまの意味です」


53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:04:05.41 ID:rjvkSzD80

縁「む~、そういえば最近あいちゃんと仲良いよね~?」

唯「ああ、なんか偶然会うことが多くて」

縁「む~…………」

唯「意外に向こうから色々話してくれるから楽しいんだよなぁ」

縁「…………唯ちゃんっ!」ギュッ

唯「わっ!」

縁「行こっ!唯ちゃん!」ギューッ

唯「ゆ、ゆかり!そんな抱きついたら歩きづらいって」


54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:05:39.88 ID:rjvkSzD80

縁「離さないもーん」ギュー

唯「どうしたんだよ、急に…………」


千穂「あれ……?櫟井さん……?」

ゆずこ「おーっす、唯ちゃん、ゆかりちゃん!」

唯「あ……相川さん……!?ゆずこ……!?」

縁「ふぇ……?」

千穂「…………」

唯「…………」

千穂(…………櫟井さんと日向さん……腕組んでる…………)

唯(……なんで……ゆずこと一緒に…………?)


55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:08:39.93 ID:rjvkSzD80

ゆずこ「二人は何買いに来たのー?」

縁「えへへ~、お菓子だよ~」

ゆずこ「おおっ!こっちもお菓子買いにきてたんだよ~!」

縁「すごーい!奇跡だねー!」

ゆずこ「ねー、唯ちゃんがおっぱい触らせてくれるくらい奇跡だねー」

縁「うん~」

ゆずこ「…………」

唯「…………」

ゆずこ(……あれ、殴られない……?)


56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:10:10.83 ID:rjvkSzD80

唯「………………」

唯(……なんだよ……最近ゆずこと相川さんよく喋ってるし謎のアイコンタクトとかしてるし……そういうこと……?)

唯(もしかして私のこと好きなんじゃないかとか思ってたの馬鹿みたいじゃん……)

唯(相川さんに触られた時ドキッとして、恋するってこういうことなのかも……なんて考えたりしたけど……)

唯(こんなの違う……PEAが分泌されて、快感を得て興奮して……それが恋だって書いてあった)

唯(それなら……こんな嫌な気持ちになるなら……恋じゃない)

唯「……ゆずこ、邪魔して悪かったな」

ゆずこ「……え?じゃま?」


57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:11:38.30 ID:rjvkSzD80

唯「行くぞゆかりー、お菓子買ってさっさと帰るぞー」

縁「……ゆいちゃん?」

ゆずこ「ちょっとちょっとー、私も一緒に行くよー」

唯「……っ!ゆずこは……!相川さんといればいいだろ!」スタスタ

ゆずこ「いや、こっちの用事はもう大丈夫だから……」

唯「ゆかりっ!早くこい!」

縁「う、うんっ……ゆずちゃん、またね~」タタッ

ゆずこ「…………う……あ……?」

ゆずこ「どゆこと?」


58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:13:01.16 ID:rjvkSzD80

千穂「………………」

ゆずこ「えっと……あいちゃん……?」

千穂「……あはは……やっぱり櫟井さんと日向さんって仲良いんだね……」

ゆずこ「え?まあ幼馴染だし」

千穂「……そっか……昔から一緒なんだ……」

ゆずこ「……あっ!ち、ちがうよ!別にそういう関係じゃないよ!腕組んでるのもいつものことだし!」

千穂「……へぇ……いつもあんなことしてるんだ……」

ゆずこ「あ……!じゃなくて……!」

千穂「…………私じゃ……勝てないよね……」ウルッ

ゆずこ「いやいやいや!全然勝ってるよ!ほら!おっぱいとか!」

千穂「…………ごめんね……今日はもう帰るね……」タタッ

ゆずこ「ああっ……」

ゆずこ「…………私の友達と友達が修羅場すぎる……」


59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:22:26.78 ID:rjvkSzD80

―唯の家―


唯「………………」

縁「……ゆいちゃーん?どうかしたのー?」

唯「……別に、なんにも」

縁「さっきから絶対おかしいよー?」

唯「……おかしくない」

縁「空からつくしが降ってきたら怖くない?」

唯「………………」

縁「ほらぁ、突っ込んでくれないし~」

唯「……今のは元気でも無理」


60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:24:02.22 ID:rjvkSzD80

縁「なんで~?お菓子買えなかったから~?」

唯「………………あのさ、縁」

縁「ん?なにー?」

唯「……キスしてみない?」

縁「ふぇ……?きす……?キスぅ!?」

唯「いいよな、いつもそっちからしようって言ってきてんだから」グッ

縁「ええええええ!?で、でもぉ!」

唯「ゆかり……目閉じて……」

縁「…………う、うんっ……」スッ


61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:25:51.38 ID:rjvkSzD80

唯「…………」ソーッ

唯(縁の匂いがする、睫毛の付け根が一本一本見える)

唯(あ、少し顔赤くなってるな。それにちょっと震えてる)

唯(縁かわいいな……このまま本当にキスしたらどうなるんだろう)

唯(もっと照れた顔するのかな)

唯(もしこれがゆずこならこんなにジッとしてらんないだろうな)

唯(向こうからしてきたりして)

唯(そうだ……)

唯(もしこれが相川さんだったら……)

唯(目の前にあるこの瞼も、唇も、肌も、全部が相川さんのものだったら……)

ドクン

唯「……ぁっ……」

ドクン

唯(なんだ……これ……熱い……!)

ドクン


62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:28:04.45 ID:rjvkSzD80

縁「……ゆいちゃん……?まだぁ……?」

唯「あ、あああっ!?お、おわり!冗談だから!冗談おわり!」

唯(相川さんの髪、瞳、吐息……)

縁「えー!!冗談だったのー!?」

唯「あ、当たり前だろっ!」

唯(相川さんの声、手、胸……!)

唯「ああああああああ……///」

縁「唯ちゃんが壊れたー!」

唯「あああああああああ…………!」

縁「……勇者の名前何にするー?」

唯「ああああ!!」

縁「だよね~」


63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:28:52.57 ID:rjvkSzD80

数十分後


縁「落ち着いた?」

唯「ん……なんかごめん」

縁「ねぇ、唯ちゃん。何かヤなことがあるなら言ってよー」

唯「……それがさ……私もよく分かんないっていうか」

縁「全然分からないの?」

唯「全然じゃない……多分、ゆずこと……相川さんのこと」

縁「じゃあゆずちゃんと話してみれば~?何か分かるかも」

唯「……うん、ありがと縁」

縁「えへへ~、ゆずちゃんにメールしてみるね~」


64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:40:31.71 ID:rjvkSzD80

ガチャ

ゆずこ「唯ちゃん!おまたせ!」

唯「うん、待ってた」

ゆずこ「なになに?話って」

唯「ああ……その前に縁、悪いんだけど……」

縁「うんっ、今度こそお菓子買ってくるね~」タタッ

唯「……ありがと」

ゆずこ「ねえゆいちゃん、さっき何で帰っちゃったの?」

唯「…………なんかムカついたから」

ゆずこ「えっ?私に?」

唯「……そうかも」

ゆずこ「……あ、あの、冗談でもキツいんですけど……」

唯「冗談じゃないよ。なんで相川さんがお前と一緒にいるんだって思ったらだんだんムカついてきて……」

ゆずこ「……ほう?」

唯「なぁ……これなんだと思う……?」

ゆずこ「それって……もしかして……」


65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:42:34.41 ID:rjvkSzD80

唯「お前のこと本当に嫌いになったのかな」

ゆずこ「泣いていいっすか?」

唯「……ごめん」

ゆずこ「よーするに、唯ちゃんはあいちゃんを私に取られたと思ったわけだ」

唯「はぁっ!?別に相川さんは誰のものでもないだろっ」

ゆずこ「いやー、わかる、わかるよー、唯ちゃんの欲望がっ」

唯「欲望……?」

ゆずこ「あいちゃんの身体を思う存分触れたらなーって思わない?」

唯「ばっ……!お前と一緒にするなっ!///」

ゆずこ「あいちゃんのこと、自分の彼女ですって自慢したいよねー?」

唯「な、なに言ってんだよっ!///」

唯「そ、そんなの……相川さんが望んでないだろうし……ってか私もそんなこと……」

ゆずこ「もうさ、直接話しなよ。モヤモヤしたその感じを、言葉にならなくてもいいから」

唯「…………できるかな」

ゆずこ「うむっ、あいちゃんは自分ちにいると思うよ」

唯「わるい、ゆずこ……」

唯「ちょっと行ってくる……!」ダダッ


ガチャ
バタン


ゆずこ「ふぅー、手間かけさせやがるぜー」

ゆずこ(まさか唯ちゃんまで本気になってたなんて思わなかったけど)

ゆずこ(これでいいんだよね、私は間違ってないよね)


66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 00:45:04.06 ID:rjvkSzD80

唯(相川さんの家……ここか……)

ピンポーン

千穂『はい、どちら様ですか?』

唯「あ、あの!いちいっ……櫟井唯ですっ」

千穂『櫟井さん……!?』

唯「相川さんと話がしたくて……!今大丈夫……?」

千穂『う、うんっ!今そと出るねっ』プツッ

唯「…………」

唯(あれ……さっきまでのヤな気持ちが消えてる……)

唯(それどころか……楽しみ……?早く相川さんに会いたい……?)

唯(あれ……?あれ……!?なんだこれ……!)

唯(心臓がっ……速く……!)

ガチャ

千穂「櫟井さんっ!」

唯「あ………………」ドキッ

唯(もう、止まらない)


68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 01:01:45.07 ID:rjvkSzD80

翌日


唯「……というわけで、相川さんと付き合うことになりました」

千穂「えへへ、なりました~」

縁「ほぇ~」

ゆずこ「おめでと!」

佳「…………え?」

ふみ「良かったね、千穂」


69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 01:03:56.08 ID:rjvkSzD80

唯「変に気使ったりしないでいいからさ、今まで通りで」

佳「そ、そうか!分かった、じゃあウチの相川をよろしく頼むわ、ウチのな」

唯「ん……うん……?」

千穂「お、岡ちー……///」

縁「あー!だから昨日の唯ちゃんおかしかったんだ~」

唯「え?」

ゆずこ「へ~、どんな風におかしかったの?」

縁「えっとね、いきなりキ――」

唯「わあああああああ!それナシ!!忘れろ!」

ゆずこ「……えへへ、しょうがないなぁ~、二人だけの秘密にしとくね~」

唯「そ、そうしてくれ……」

千穂「ひ、日向さんと何かあったの……?」

唯「い、いや!なんでもないよ!」

千穂「そう……?」


70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 01:04:45.31 ID:rjvkSzD80

ゆずこ「そだ、今日唯ちゃんの誕生日だけどどうするのー?私達も祝いたいんだけど邪魔かなー?」

唯「あ、それなんだけど……学校終わったら相川さんち行って、その後お前らとパーティしようと思ってた」

縁「さすが唯ちゃんー!大好きー!」

ゆずこ「ねぇ、逆のほうがいいんじゃない?」

唯「え?」

ゆずこ「夜、二人の方がいいんじゃないかなって」

唯「……ば、ばかっ……////」

縁「……?」

千穂「……?」

ゆずこ「あー、なんか唯ちゃんいじるのも疲れたし、ちょっとトイレいってくるー」タタッ

唯「……ったく、ゆずこのやつ……」

千穂「さっきのどういう意味?」

唯「あー、知らなくていいです」


71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 01:24:30.80 ID:rjvkSzD80

ゆずこ(唯ちゃん……いいなぁ……嬉しそうだったなぁ……)

ゆずこ(これから唯ちゃんと一緒にいる時間減っちゃうのかなぁ……)

ゆずこ(でも……これが一番だからしょうがないよね)

佳「野々原?何ボケっとしてんの?」

ゆずこ「おおう、これはこれは、あいちゃんを取られたショックで膝にキテる岡野さん」

佳「誰がだっ!というか野々原には言われたくない」

ゆずこ「え?どゆこと?」

佳「お前、櫟井のこと好きだったんじゃないの?」

ゆずこ「…………あははっ、まさか~」


72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 01:25:54.93 ID:rjvkSzD80

佳「いつも好きって言いまくってたし、抱きついたりキス迫ったり……あれで好きじゃない方がどうかしてると思うけど」

ゆずこ「…………あははははは……」

佳「図星だろ」

ゆずこ「…………でも、私は唯ちゃんと付き合えないじゃん」

佳「は?なんで?」

ゆずこ「万が一付き合えてもさ、縁ちゃんが可哀そうだよ」

佳「そういうもん?」

ゆずこ「逆に縁ちゃんが唯ちゃんと付き合いだしてたら、私死んでるね」

佳「そ、そうか」


73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 01:27:27.68 ID:rjvkSzD80

ゆずこ「だから、唯ちゃんがあいちゃんと付き合ってくれれば皆幸せ!」

佳「…………」

ゆずこ「今まで通りセクハラはしていいよって唯ちゃんも言ってたし!」

佳「随分曲解しやがったな……」

ゆずこ「あとは唯ちゃんとあいちゃんがずっと仲良くやってくれれば文句ないね」

佳「…………野々原、意外に色々考えてたんだな」

ゆずこ「ん~?そうでもないよ~」

佳「いや、でも……」


74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 01:28:52.66 ID:rjvkSzD80

ゆずこ「さっき唯ちゃんとあいちゃんが手つないでるの見ちゃってね」

佳「お、おう」

ゆずこ「これから……キスしたり、もっとすごいことしたりするのかなって思ったら…………」ズキッ

佳「……野々原……?」

ゆずこ「ホント……私馬鹿だなって……」

佳「…………馬鹿だろ、元々」

ゆずこ「えへへ、そうでした」

佳「あとは、なんつーか……二人が分かれろって呪うか、上手くいくようにって祈るしかないだろ」

ゆずこ「……うんっ」

佳「お前は?どっち?」

ゆずこ「…………祈る!」

佳「ん、ありがと」


75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/01(土) 01:35:48.89 ID:rjvkSzD80

数週間後


唯「千穂、髪にごみついてる」

千穂「えっ?とってとってー」

唯「ん……はい、とれたよ」

千穂「ありがと~、唯ちゃん」

唯「千穂の髪っていつ触ってもサラサラで羨ましいな~」

千穂「そ、そんなことないよっ///」

唯「そんなことあるよ……ほら」サラサラ

千穂「う~///」

唯「あはは、赤くなった、可愛い」

千穂「それなら……唯ちゃんの髪はすごくいい匂いするよっ」

唯「え?そう?」

千穂「うん……ほら」ポフッ

唯「ち、千穂っ……///」

千穂「えへへ~、唯ちゃんの匂い……」

唯「もー……しょうがないなぁ」ナデナデ

千穂「えへへへっ」


ゆず佳「やっぱ別れろ!!」








―おわり―


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

うわぁ…
ゆずこさんよりも縁のほうが耐えられなさそう

 [名無しさん]

きっと一番はハーレム

 [名無しさん]

縁は唯に恋愛感情は無くて二人の恋を応援していると脳内補完すれば問題ないさ

 [名無しさん]

ゆずこと縁は唯が誰かと付き合ったら泣くだろうな・・・wハーレムがきっと一番だろうな~ゆゆ式にシリアスは無いだろうけどw

 [名無しさん]

ゆずこはともかく、縁は確実に恋愛感情あるだろ
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。