律「中野ー!」 #2

このエントリーをはてなブックマークに追加  
164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/10(木) 19:59:33.67


~~~~まち!~~~~

律「さーって、どこ行くか」

梓「どうしましょっか」

律「あ!……なぁ、楽器屋行ってもいいか?」

梓「あ、はい。いいですよ」

律「な、なんか私たち、ホンモノの軽音部みたいだな」そわそわ

梓「いやいやいや」





166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/10(木) 20:35:44.73


梓「で、何買いにきたんですか?」

律「んやー、とくに何ってわけじゃないんだけどな」

梓「……決めてないんですね」

律「なはは、まぁその通りだよ。……でもさ、まがりなりにも音楽やってると、楽器屋って見てるだけで楽しいよな」

梓「ああ、それはあります」

律「よなー?私、お試し用のシンセドラム叩くの好きなんだー」

梓「あー、ドラムはそういうのあるからいいですね。ギターは試し弾きとかあんまりできませんし」




168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/10(木) 20:54:18.84


律「しかもさ、壁にかけてあるやつもネックに値札なんか貼ってあって、試しに弦弾いても音でなかったり」

梓「そうそう、そうなんですよ!あれすごい悔しいんです!!」

律「あははっ」

梓「……まぁ、売り物ですし仕方ないんですけどね」

律「その点キーボードはさ、音が出ないヤツ探すほうが難しいよな」

梓「ですねぇ。あ、じゃあキーボード見に行きましょうか」

律「おう!」




170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/10(木) 21:10:54.62


律「わ、いっぱいあるなぁ」

梓「律先輩って、たしかキーボードは」

律「うん。前にムギに教えてもらったりもしたけど、ムリだった」

梓「まあ律先輩がドラム以外やってるのも不自然ですしねぇ」

律「それは確かに、自分でもそう思うよ。でも」

梓「でも?」

律「梓がドラム叩いてる絵も、なーんか笑えるよなあ」

梓「むなっ、わ、笑えるとは何ですかっ」

律「だって、こんなちんちくりんが、なぁ。ぷぷぷ」

梓「むむむ」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/10(木) 23:38:05.74


梓「むー!じゃああっちにシンセドラム置いてありますし、叩きにいきましょう!」

律「え?梓、ドラムできんの?」

梓「なめんなです!たいていの楽器は一通り心得てるです!」

律「マジで?!じゃあ、ベースもキーボードもできるの?!」

梓「(あんまり上手くはないけど)はい、できますよ」

律「はー……なんちゅうやっちゃ……」

梓「さて、やってやるです」ふんす

律「……おまえ、それでもし私よか上手かったら泣いちゃうぞ」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 00:28:32.33


どこどん

梓「はっ、はっ」

律(はぁ……やるなぁ梓)

梓「えいっ」

がしゃん

律(……しかし)

梓「それっ」

どだだだ

律(あの小さい図体で一生懸命体動かしてるサマは……)

梓「うりゃ」

どぱばん

律(……ひどくかわいい)



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 00:37:30.55


梓「ど、どうっ、でした、かぁっ」はあはあ

律(ちょっと叩いただけで調息切れてるし)にやにや

梓「な゙っ、なんですかその目、はっ……」はあはあ

律「いやぁ、ぶぇっつにー?よぅく頑張ったねー梓ちゅわん」なで

梓「な、なんですかもぉ」

律「いーや、なんにも」

梓「はぁ……?」

律「疲れたろ、梓。昼メシにしようぜ」

梓「あ、はい。そうですね」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 01:15:06.65


~~~~まくど!~~~~

梓「へー、頼んだら無料でケチャップもらえるなんて、初めて知りました」

律「モスとかでもできるんだぜ。ケチャップがあるとポテトがウマイのよ」

梓「へぇ。ちょっともらってもいいですか?」

律「いーよ。ほれ、あーん」

梓「あーん……って、いやいやいや!!なに恥ずかしいことやらせるんですかっ!」

律「なにが恥ずかしいもんかっ!それとも先輩のお酌は飲めんとか言うつもりか中野ォー!!」

梓「いや、お酌って」

律「いいからさっさとあーんしろよぅ」

梓「も、もぉ……しょうがないですね……」



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 02:11:17.57


梓「あ、あーん」

律(目をつぶるあたり、梓の天然は非常に素晴らしい)

梓「はむっ」

律「……ってうわっ?!梓ゆび、指っ!!」

梓「むぐ……?わ、わわわっ!!す、すいません律先輩っ!!」

律(梓が私の指を……)どきどき

梓(り、律先輩の指までくわえちゃった……)

律「い、いやべつにだいじょぶ、だよ。ちょっとびっくりしただけで……」

梓「は、はうぅ……」

律「そ、そんなに気にするなよ。私は全然気にしてないから」

梓「は、はい……」

律(梓の口のなか、暖かかったなあ……)

梓(律先輩のゆび、美味しかっ……いやいやいや)



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 02:46:32.21


~~~~しょくご!~~~~

梓「さて、それじゃ次はどこ行きましょうか」

律「ふーむ、服でも見てくか?」

梓「はい、そうしましょう」

律「梓ってふだんどこで服買ってんの?」

梓「んー、まちまちですよ。出かけた先で良いものがあれば、みたいな」

律「私もそれだわ。澪とか唯とか、『今日は服買うぞ』って決めてから、行きつけの店に行く感じだけど」

梓「ムギ先輩は?」

律「やつは……ナゾだ」

梓「わ、わかるようなわからないような……」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 03:07:07.09


~~~~ふくや!~~~~

店員「よかったら試着とかできますんで~」

律「あ、はーい」

梓「どうですか律先輩、いいのありました?」

律「うん。ほれ」ひらひら

梓「な゙、そんなぞろっとしたやつ着るんですか……なんか意外……」

律「うん。着るよ。梓が」

梓「あーそうですよねぇ確かにそれ律先輩の趣味じゃないでしょうしサイズも小さめだから私が着るとぴったり……って、えええぇぇっ?!」

律「んだよー。そんな驚かなくてもいーんじゃないか?」

梓「いや、驚いたというかなんというか……」

律「まぁなんでもいいや。ささ、試着室に行かむ」

梓「へっ?えっ、ヤですよ私?!」

律「『イヤよイヤよも』?」

梓「『好きのうち』……って何言わせるんですかーっ!!」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 03:34:40.97


律「はいはーい梓ちゅわん、ばんざーいしましょーねー」

梓「ひ、一人で脱げますから……じゃなくてなんで一緒に試着室入ってるんですかっ?!」

律「だってこれ、背中編み上げになってるから一人で着るのはちょい難しいぞ」

梓「そりゃそうかもしれませんが……って、なんで着る前提で話が進んでるんですか?!」

律「いや、そりゃ着るでしょ。かわいい梓は人類の宝」

梓「い、意味わかりません」

律「要は、この服が梓に似合うと思ったから、着てほしいんだよ。私は、梓のかわいい姿を見たい」きり

梓「……」かーっ

律「つーわけだからほら、シャツ脱がすぞ」

梓「わっ!!やめてください危うく騙されるところでしたよ!!」



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 03:50:03.44


梓「わかりました、着ます。着ますからとりあえず出てってください。背中の編み上げやってもらうときに呼びますから」

律「えー。梓の裸みたいー」

梓「……そのおっさん発言には流石にひきます」

律「あはは、流石に冗談だよ。わかった、外で待ってるから」

梓「覗いちゃダメですよ」

律(お約束台詞きたああああああ)

梓「……なにガッツポーズしてるんですか」

律「いえ、なんでもございません」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 04:17:53.66


梓「さて」するり

梓「……」じぃっ

梓(……律先輩は、こんな貧相な体みて何か楽しいことあるのかな)

梓「……はぁ。結局見せないんだから杞憂だよね。着替えよっと」するする

梓「なんていうんだっけ、こういう露出の少ない昔のドレスみたいな服のこと」

梓「えーと……ご、ごすろ、り?」

梓(ロリ……)

梓「……自分が幼児体型だって認めてるみたいで、なんかヤだなー……」

律「なにをひがむことがある中野ォ」ひょこっ

梓「わぁっ?!の、覗いちゃダメって言ったのになにしてるんですかっ?!」

ぱしーん

律「あ痛っ☆」



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 19:07:19.90


梓「……はっ、な、なんか別のツインテールに憑依されていたような」

律「な、なんだそりゃ……」

梓「すいません、だいじょぶですかリム先輩」

律「誰がリムショットだこら!」

梓「失礼、噛みました」

律「違う。わざとだ」

梓「かみいいだ」

律「名鉄小牧線っ?!」



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 20:32:58.09


律「……はぁー、なんかどっと疲れたよ」

梓「そうですね……って律先輩、その買い物袋は」

律「ああ、これ?買った」

梓「買っ……?!」

律「さっきのやつな。似合ってたは似合ってたから。また着てもらおーと思って」

梓「いや、えっ?!えっ?!」

律「さーて、次はどこ行くかなー」



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 21:37:57.03


梓「んー……じゃ、定番にゲーセンとか行きます?」

律「おっ、いいねー。この私にゲーセンとは」

梓「律先輩好きそうですよねぇ、ゲームセンター」

律「おう。ホームグラウンドみたいなもんだよ」

梓「どんなゲームやるんですか?」

律「ぜんぶ」

梓「え、ぜんぶって」

律「なんでもやるよ。ま、今日は梓もいるしアーケードはナシだな」



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 22:44:55.68


律「さーて。梓、何かやりたいやつあるか?」

梓「え、うーん……あんまりよくわかんないです」

律「そっか。ならこのりっちゃんにお任せあれ!」

梓「はい。そうします」

律「よーし、んじゃなにからやるかなー」



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 22:58:38.48


梓「決めてないんですね」

律「ああ、服買うときも言ったろ。出掛けるときはたいてい行き当たりばったりなんだよ私」

梓「ふふっ。なんか律先輩らしくていいですね」

律「へへーん。そうだろそうだろ。……あ、ホッケーみっけ。梓、ホッケーやろーぜ」

梓「いいですよ。やってやるです」ふんす

律「手加減はしねーぞー?」



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 23:18:11.77


律「準備はいいか?」

梓「はい。いつでもどうぞ」

律「おっけ、ほんじゃま……かっ!!」

かきん

梓「それっ!!」

きん

律「ほう、私のサーブを防ぐとはやるな梓!」

梓「負けませんよ、律先輩!」

律「いい気合いじゃねーか。しかし、そう簡単には……いかせーん!」

かこん

梓「に゙ゃっ?!」

ぴりり

律「まずは先制、っと」

梓「むむむ……!」



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/11(金) 23:47:59.16


律「へっへーん、隙だらけだぜ、梓ぁ」

梓「むっ……」

律「やー、やっぱここらで先輩の威厳とか見せとかないと」

がこん

梓「隙だらけですよ、律先輩」

律「……お?おおっ?!」

梓「にやり」

律「ほーう、いい度胸だ梓ぁ……!」




253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 00:31:56.00


どかこかこここ

律「勝ったあああぁーっ!!」

梓「うぅ……ま、負けた……」

律「いやー、熱戦だったな。いい汗かいたぜ」

梓「た、たしかにすごい暑い……ついつい本気になっちゃいました……」

律「ふぅーっ。梓、疲れたろ。ちょっと休憩すっか」

梓「は、はい……」

律「ゲーセンといえば、これだよなー。17アイス」

梓「あぁ、唯先輩じゃないけど、私も今はアイス食べたいです」

律「運動したあとは美味いんだーこれが」ぴっ

梓「あ、この苺のやつ美味しそう」ぴっ



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 00:50:27.56


梓「あむっ」

律「くはー。こりゃ明日、腕筋肉痛だな」

梓「でもちゃんとドラムは叩いてくださいよ?」

律「え゙ーっ」

梓「まぁ、ちょっとくらいの筋肉痛なら、かえってリズムキープできていいかもしれませんねぇ。律先輩のドラムはホント走りますから」

律「誰が陸上部だこのやろー!」

梓「そんなことは言ってませんけどっ?!」

律「罰としてそのアイスを一口よこせ!」

梓「いや、罰って」

律「もんどうむよう!……はむっ」

梓「わっ!!」

梓(こ、これって、かんせつキス……?)



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 01:49:32.96


律「……」

梓「……」

律「……」

梓「……」かあーっ

律(……にしし。効果絶大みたいだな)

梓「……しかえしですっ!!」

がぶ

律「なにぃっ?!私のキャラメルマキアートがあっ!!」

梓「ごくん」

律「……」

梓「……」

律「……」かあーっ



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 02:04:21.01


ぽたぽた

律「つめてっ!……って、あ」

梓「はっ!律先輩、アイス垂れてるじゃないですか!」

ぽたぽた

律「いや梓!おまえも、おまえも垂れてる!」

梓「えっ?!あ゙、うわぁ!!」

律「……」ぽたぽた

梓「……」ぽたぽた

律「……ぷっ」

梓「……くす」




264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 02:22:20.48


梓「服にもついちゃいましたね」

律「あー、ほんとだ。おもて歩くときちょっとはずしいぞこのシミ」

梓「あはは、確かにちょっと」

律「ん、つうことで梓、トイレ行って着替えてきな」がさ

梓「ああどうも、ありがとうござ……って、これさっき買ったやつじゃないですかっ!!」

律「そうだよ?いやぁ、思わぬところでいきなり役に立ったな」

梓「私はこれ着ておもてに出るほうが恥ずかしいんですが?!」

律「いーからいーから。服ってのはな、着るためにあるもんなんだぞ。そして着飾ってなんぼなんだ」

梓「そんなもっともらしいこと言っても騙されませんっ!!」



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 02:40:48.36


~~~~ごふんご!~~~~

律「よっ、と。こんな感じかな」

梓「結局、着せられてしまった……」

律「背中、編み終わったぞ」

梓「ああ、はい」

律「いやー、しかし似合うね。やっぱ」

梓「そ、そうですかぁ……?」

律「うん。真っ黒で綺麗な髪がよく映えてて、すごくいい感じだ」

梓「うぁ……あ、ありがとう、ござい、ます」ぷすぷす

律「おっと、なーんだもうこんな時間なのか……。なぁ梓、最後にプリクラ撮って帰ろうぜ」

梓「へっ、こ、この格好でですかっ?!」

律「むしろ、その格好だからこそ、だよ。いい記念じゃん」

梓「何の記念ですかっ!!」



267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 02:52:02.65


ちゃりん

律「ささ、撮るぞ撮るぞ」

梓「で、でも律先輩はどうするんですか?シミ隠さないと……」

律「んー、こうする」

がば

梓「ふあぁっ?!」

律「こうやって後ろから梓に抱き着いてれば、私の服はほとんど見えないだろ?」

梓「そっ、そうかもしれませんが……!」あわあわ

律「このさいだから密着してやる。うりうりー」

梓「ちょ、り、律せんぱぁい……」

かしゃ



269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 03:17:14.24


ちょきちょき

律「ほい、切れたぞ」

梓「うーん……正直この写真は欲しい気持ちと欲しくない気持ちが半々なんですが。恥ずかしいし」

律「なーに言ってんだ。写真うつり、抜群にいいじゃん梓」

梓「問題なのは服ですよぅ……。今でも周りの目線とか気になるのに」

律「梓があんまりかわいいからみんな見ちゃうんだろうなー」

梓「もぉ……律せんぱい……」

律「さぁてー、んじゃ帰るか」



286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 16:57:11.66


梓「あ、あの律先輩」

律「ん?」

梓「流石に、この格好で家に帰るのは……なんというか、その……」

律「……確かになぁ。流石にそれは、親御さんにおかしな心配させてもアレだし」

梓「な、なのですいませんが……」

律「ん、着替えてきな。もともと私の我が儘で着せたようなもんだしな。悪かったよ、梓」

梓「む……」

律「ほれ梓、はやく行ってきな」

梓「……や!やっぱり、もうちょっと着てるです!うちの近くで着替えればいいですから!」

律「あぁ、そう……?いや、梓がそれでいいなら私は何も言えんけど」

梓「はい。じゃ、帰りましょ」



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 19:53:27.80


律「なぁ、梓」

梓「はい?」

律「今日は、どうだった?」

梓「どう、って……」

律「いやさー、最初はみんなもヘンに話盛るし、あんまり乗り気にも見えなかったし。今日もけっこうドタバタしちゃったし……」

梓「楽しかった、ですよ。すごく。……確かに、最初は不安もありましたけど」

律「……そっか」

梓「ねぇ、律先輩」

律「おう」

梓「また、どこか行きましょうね。……二人で」

律「……おう」



292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:45:30.49


梓「じゃ、私はここで」

律「おう。今日はありがとうな」

梓「はい。こちらこそ、ありがとうございました」

くる

律「あ!梓、ちょっと待って。最後に、」

梓「はい?」

ぎゅ

梓「ふ、ぁ……ぁっ?!」

律「んー、唯が毎日のように梓に抱き着く理由、わかる気がするよ」

梓「んっ……」どきどき

律「梓さぁ、いい匂いとかするし……?」

すんすん

律「……ちょっと汗の匂いするな」

梓「に゙ゃっ?!」

ぱしーん



295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 20:59:16.21


律「あははー、そりゃあんだけガチでホッケーやりゃ、なぁ」ひりひり

梓「もぉ、律先輩、ちょっとはデリカシーってものをですね……」

律「悪い悪い。じゃ、改めて」

ぎゅ

梓「……そういうのも、ムードぶち壊しですよ……」

律「まぁ、慣れないことやっても上手いこといかないもんなんだよ。だから普段どおりで許してくれ」

梓「律先輩がかっこよくリードしてくれたら、誰も適わないと思うんですけど……」



297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:34:42.75


律「そうかぁ?」

梓「そうですよ」

律「んー、いざかっこよくやってみろって言われると難しいな」

梓(でも、こういう自然な律先輩が……一番かなあ)

律「いや、にしても落ち着くなあ、梓抱いてると」

梓「私は、そわそわして落ち着かないです……」

律「ん、でも私はこういう匂いも梓のなら好きだぞー」

梓「ま、またそういうことを……!」

ちゅ

律「……じゃ、私そろそろ行くな」



299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 21:56:04.92


梓「」

律「んじゃ、また月曜に学校でなな。気をつけて帰れよー」

梓「」

律(……だいじょぶかあいつ。やっといてなんだけど)

梓「」

律(ま、まぁおでこくらい、いいよね……?)



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/12(土) 22:21:04.51


梓「はっ」

梓(お、おでこに……キスされちゃった……)かあ

梓(……卑怯だなー、律先輩)

梓(今度遊びに行くときは、色んな仕返ししてやる)

梓(……とりあえず、今日は帰ろう)

てくてく

がちゃ

梓「ただいまー」

梓母「おか……」

梓母「」

梓「……?」

梓「……あっ!!」



おわり


関連:律「中野ー!」 #1
関連記事

■コメント

■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング