櫻子「向日葵! 勝負だ勝負だ勝負しろー!」 第四部

このエントリーをはてなブックマークに追加  
櫻子「向日葵! 勝負だ勝負だ勝負しろー!」 第三部

の続きです。



828:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 03:38:40.32

~小一時間後~

櫻子「……あ゛づい゛……」

向日葵「……あ゛っ゛づぃ゛でずわ゛ぁ゛……」

櫻子「なにこれ……も、汗なんだか私なんだか分かんないよ……」ダラダラ

向日葵「ケンカの後で身体も痛いですし、本当に粉々になりそうですわ……」フラフラ

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……帰る?」

向日葵「……ですわね」


833:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 03:44:39.88

ヨロヨロ...ノソノソ...

櫻子「う゛ー、身体が重いーっ」

向日葵「ぜんっぜん前に進みませんわね……」

櫻子「……ねー向日葵」

向日葵「なんですの?」

櫻子「今の私らって、知らない人にはどう見えてるかな?」

向日葵「どう、って……?」

櫻子「その……こ、恋人同、士……とかっ///」テレッ

向日葵「……」

櫻子「///」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「ただのゾンビに見えると思いますわ」

櫻子「だよね∵」


837:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 03:52:57.45

ヨロヨロ...ノソノソ...

向日葵「そういえば櫻子、この機会に訊いておきたいんですけど」

櫻子「なに?」

向日葵「あなた、かなり頑なにキスとちゅーを区別してましたけど、どうしてですの?」

櫻子「え゛っ」ギクリ

向日葵「なにか、確かな基準とかありますの?」

櫻子「う゛っ」タジ

向日葵「……?」

櫻子「……」

櫻子「……き、キスだと、なんか」

櫻子「大人っぽくて、恥ずかしい……///」

向日葵「………………」

櫻子「///」

向日葵「……私的には、ちゅーの方が子供っぽくて恥ずかしいのですけれど」

櫻子「うそぉ!?」ガーン


841:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 04:09:26.19

ヨロヨロ...ノソノソ...

櫻子「あ、ところでさ向日葵」

向日葵「?」

櫻子「決闘で勝って命令したじゃん。あの、ずっと離れるなって奴。あれって終わったの?」

向日葵「…………………、は?」

櫻子「え、だってほら、今くっついてないし。もういいのかなって」

向日葵「…………………、はぁぁぁぁぁぁ……」ズルズルズル....

櫻子「な、なんだよぅ。ほんとにゾンビみたいになってんじゃん、ちゃんと歩きなよ」

向日葵「……あなた、本っっっっっっっっっっっっっ当に、バっっっっっっっっっっっっっカですのね……」

櫻子「にゃにおー!? いきなりバカとはなんだバカっぱいめ! この櫻子ちゃん様がバカって証拠を見せてみろー!」

向日葵「……」

櫻子「……」ガルルルル


842:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 04:10:58.34

向日葵「……」

向日葵「……あれは」

櫻子「?」

向日葵「あれはこれからずっと私と一緒にいてくださいって意味ですの!!! 言わせんじゃねーですわよ恥ずかしい!!!」

櫻子「」

向日葵「~~~っ!」プイッ

櫻子「……あー……いや、それは……」

向日葵「……」

櫻子「うん、その、なんといいますか……」

向日葵「……」

櫻子「……ば、バカでごめんなさい……」

向日葵「本当にねっ! もぉ……!」プンスカ

櫻子「うん、でも……そっか。……ふへへ、そっかぁ///」ニヘラッ

向日葵「……ふんっ、締まりのない顔///」


850:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 04:29:31.13

~30分後~

向日葵「や、やっと我が家まで帰ってきましたわ!」

櫻子「うぅ……こっちから帰ってくると向日葵んちが手前になるのか……」グヌヌ

向日葵「ああもう足がパンパン……明日まともに歩けるかしら」フラッ

櫻子「くぅっ、私も早く家に……」ズリズリ

向日葵「? 櫻子、どこに行きますの?」

櫻子「どこって、私んちだよ! 私だって早く休みたいもん!」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「あ、あの……」

櫻子「……?」



向日葵「今日・・・・私の家、寄っていきません?」


856:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 04:41:24.05

~おっぱい家~

櫻子「あー♪ クーラーが涼しひ……」ヒンヤリ

ガラッ

向日葵「朗報ですわよ櫻子、楓がお風呂のお湯を貯めてくれてましたわ!」

櫻子「おおーっ楓マジ天使!」

向日葵「はあ、これでようやくシャワーを浴びて」

櫻子「身体を洗って」

向日葵「髪も洗って」

櫻子「綺麗にしたら」

向日葵「湯船に浸かって」

櫻子「は~……♪」

向日葵「はぁ……♪」



櫻子「……は?」
向日葵「……は?」


861:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 04:45:31.55

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「櫻子……まさかとは思いますが、一番風呂に入るつもりでいますの?」

櫻子「そういう向日葵こそ、一番風呂を私から奪うつもりか!?」

向日葵「奪うもなにもうちのお風呂ですわよ!?」

櫻子「私はお客様だ! 先に入れろー!」

向日葵「今更あなたが古谷家でお客様扱いされるはずもないでしょう! 却下です却下!」

櫻子「ぐぬぬ……」

向日葵「くぬぅ~……」

バッ

「「最初はグー! じゃんけん――」」

「「ぽん!」」

櫻子「」グー

向日葵「」グー

楓「」パー


865:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 04:53:38.83

櫻子「」

向日葵「」

楓「えへへ、楓の勝ちなのっ」

櫻子「か、楓……?」

向日葵「どうして楓が……」

楓「あのね、おねえちゃんも櫻子お姉ちゃんも汗くさくて泥くさくて小汚いから、早くお風呂に入った方がいいと思うの」

櫻子「おい向日葵お前の妹すっげー口悪いぞ」

向日葵「「す、素直なだけですわ! ……いずれはTPOをわきまえるようにしつけますけど」

楓「それでね、楓かんがえたんだけど」

櫻子「うん」

向日葵「ええ」

楓「おねえちゃんたち、ふたりいっしょに入ったらいいと思うのっ♪」

櫻子「」

向日葵「」


894:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 08:31:38.28

~脱衣所~

櫻子「……どうしてこうなった」

向日葵「口喧嘩を楓に聞かれたのがまずかったですわね……あの子の手前、NOとも言えませんんし」

櫻子「あの目は裏切れないもんねー……」

向日葵「ですの。こうなったら大人しく入るしかありませんわね」

櫻子「………………一緒に?」

向日葵「………………一緒に」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……ひ、向日葵先に脱ぎなよ」

向日葵「いえ、私は……さ、櫻子こそ、一番風呂に入りたがってたでしょう? 先に脱ぎなさいな」

櫻子「いや、ここまで来たら先も後もないし……」

向日葵「……」

櫻子「……」


900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 08:45:07.81

向日葵「……」ベチョー

櫻子「……」グチョー

向日葵「……ねぇ、もう無駄な言い争いは止めません? いい加減、汗が気持ち悪くて……」

櫻子「さんせー……そんじゃ、こーへーに同時に脱ぐ?」

向日葵「そうしましょうか。じゃあまず上から……」

櫻子「がってんしょうちー」

スルッ パサッ

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「ぁ……あはは。なんか、ドキドキすんね」

向日葵「ええ……ヘンですわよね。ここまでなら体育でだって脱いでるのに」


905:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 08:52:12.72

櫻子「えと……次、ワンピースだけど」

向日葵「そ、そうですわね……」

櫻子「……」ドキドキ

向日葵「……」ドキドキ

櫻子「じゃ、じゃあ……一緒に」

向日葵「ええ、一緒に……あまり見ないでよね」

櫻子「ん、努力する」

向日葵「……行きますわよ」

櫻子「ん」

「「せーのっ」」

櫻子「」スルン

向日葵「」バルンッッッッッッッッッッッッ



櫻子「おっぱい禁止!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

向日葵「だから見ないでってば!!!!!!!!!!!!!!!」


910:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 09:15:48.22

櫻子「ぢくじょー……なんだよそのおっぱい、なんでブラしてるのにそんなに揺れるの?」

向日葵「わ、私に聞かないでよ……というか見ないでよ、余計に脱ぎにくくなるじゃないの」

櫻子「う゛ー。ぼいーん……ぼいーん……」スカッスカッ

向日葵「……ほら、私後ろ向いてますから。先に脱いで浴室に行ってて」

櫻子「わかったー……」モゾモゾ

向日葵「……」

シュッ スルッ パサッ

向日葵「~っ」ドキドキ

櫻子「んじゃ、お先ね」

向日葵「えっ!? え、ええっ! どうぞどうぞ!」

櫻子「……?」

ガラガラ ピシャッ

向日葵「……」

シャワァァァ...


911:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 09:24:40.32

櫻子「うひょああああああああああああ気持ちいいいいいいいいいいい♪」キャッキャッ

向日葵「……」

向日葵「……」チラッ

向日葵「……」

向日葵「(櫻子の服……)」

向日葵「……」スッ

向日葵「(熱い……それに、重い……)」

向日葵「……」チラッ

櫻子「ふんふふーん♪」シャワワー

向日葵「……」

向日葵「……」ゴクリ


917:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 09:29:31.41

向日葵「……」スッ

向日葵「……」

向日葵「……」クンカクンカ

向日葵「――」

向日葵「(汗と、草と……櫻子のにおいがしますわ)」

向日葵「(全部まとめて、お日様みたいな……)」

向日葵「……」

向日葵「ふふ、おかしいわよね。さんざん抱き合ってキスまでしたのに、こんな」

向日葵「……」

向日葵「お風呂、はいろ」ヌギヌギ

向日葵「……」

ガラガラ

櫻子「くらえっおっぱいおばけー!!!」シャワー!

向日葵「ぎにゃあああああああああああああああああああああ!!?」ビクーッッッ


922:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 09:51:00.78

櫻子「あっははははははは!! ギニャーだってギニャー、何それウケるー!」ニャハハ

向日葵「う、ううううううウケないわよバカ娘!! 人の胸にいきなり冷水浴びせるとか、冗談抜きで殺す気ですの!?」

櫻子「ゴメンってー。ほら、お詫びに身体洗ったげるよ」

向日葵「んなっ!? い、いいいいい、いいです、結構ですの!」

櫻子「えー? いいじゃん、子供の頃みたいで楽しいって。ね?」

向日葵「ね? じゃなくて……」

櫻子「つーか向日葵、なんでタオルなんか巻いてんの?」

向日葵「は、恥ずかしいからに決まってるでしょ!」

櫻子「今更なに恥ずかしがってんだか……あ、そっか」

向日葵「?」

櫻子「そーかー」ニヤニヤ

向日葵「ちょ、なんですのその気色悪い笑顔……」

櫻子「大丈夫! たとえ向日葵のおっぱいに干しぶどうがくっついてても、私は向日葵のこと大好きだから!」ニパッ

向日葵「マジでぶち殺されたいんですのあなた!!?」


926:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 10:02:12.80

櫻子「え、ちがうの?」キョトン

向日葵「本気で不思議がってんじゃねーですわよ!! 違うに決まってるでしょ!」

櫻子「まったまたー。だいじょぶだいじょぶ、干しぶどうでも干し柿でも恥ずかしがることないって」

向日葵「だから違いますって……!」

櫻子「じゃあ見せてよ!」グイッ

向日葵「きゃあっ!? 信じらんないっ、いきなり脱がそうとするとかどういう神経してますの!?」

櫻子「だったら自分で脱げば? どうせタオル巻いたまんまじゃお風呂入れないっしょ」

向日葵「そ、それは……そうですけど……」

櫻子「と見せかけて隙ありー☆」バサッ

向日葵「っ!?」



バルンッッッッッッッッッッッッ




932:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 10:09:11.34

櫻子「」

向日葵「き、ゃああああああああっ!!?」バッ

櫻子「」

向日葵「し、信じらんない、信じらんないぃい! なんですのあなた、なんてことしてくれるのよ!?」

櫻子「」

向日葵「ああもう、ほんとに最低……!」

櫻子「」

向日葵「……ちょっと、なんとか言いなさいよ」

櫻子「」

向日葵「櫻子?」

櫻子「さ」

向日葵「?」



櫻子「さくらんぼかよ!!!!!!!!!!」

向日葵「うっさいわね!!!!!!!!!!」


936:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 10:19:20.95

櫻子「なんだよ!! ひっかけかよ!!!!」

向日葵「誰も引っ掛けてなんかないわよ!!!」

櫻子「誰だよ干しぶどうとか干し柿とか言ったの!!」

向日葵「櫻子ですわよ!!」

櫻子「そうだよ! なにがさくらんぼだ、櫻子は私だってーの!!!!」

向日葵「ど、どんどん言ってる意味が分からなくなってきてますわよ!」

櫻子「あーもー、おっぱいがでっかいだけでも腹立つのに、その上さくらんぼとかズルいよー! もう完敗だよー!」

向日葵「そ、そこまで悔しがることかしら……で、でも、櫻子?」

櫻子「ぅ?」

向日葵「その……勝ち負けの基準はわかりませんけど、櫻子の、その、それ。それもすごく、綺麗ですわ……よ?」

櫻子「ぁ――」

向日葵「……っ」フイッ

櫻子「…………うん。ありが、と///」ニヘ

向日葵「……ん///」


942:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 10:27:24.50

かぽーん

櫻子「うおおおお、湯船せまい……」

向日葵「本当……んっ、ほら、櫻子もっと詰めて」

櫻子「えー? 向日葵が場所とりすぎなんだって。主におっぱいのせいで」

向日葵「浴槽のヘリに頭叩きつけますわよ」

櫻子「それ何もうまいこと言うないじゃん……ただの殺害予告じゃん……」

ちゃぷん

櫻子「は~……♪」

向日葵「はぁ……♪」

櫻子「きもちーねー」

向日葵「ですわねー」

櫻子「でもせまーい」

向日葵「だから、それは仕方ないでしょって。子供の頃とは違うんですから」


947:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 10:34:29.00

櫻子「子供の頃、かぁ……」

向日葵「櫻子?」

櫻子「……ね、向日葵」

向日葵「んー?」

櫻子「向日葵はさ、私とこういう風になるなんて、考えたことある?」

向日葵「ありませんわ」

櫻子「即答!?」ガーン

向日葵「なったらいいな……なら、何度かありますけど」

櫻子「……なんだよ、ひっかけかよ///」


950:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 10:40:45.43

向日葵「櫻子はどうですの?」

櫻子「私ー? そだね……私も、なったらいいなって思ったことならあるよ」

向日葵「そ、そうですか」テレッ

櫻子「私がいて、向日葵がいて、磯辺揚げがあって……」

向日葵「お待ちなさい」

櫻子「ほへ?」

向日葵「ほへ、じゃありませんわよ可愛いわね! じゃなくてっ、どうして私と磯辺揚げを並べて数えますの!?」

櫻子「えー? だって美味しいじゃん、どっちも」

向日葵「わっ、私の方がおいしかったでしょ!?」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……え、なに? 向日葵、磯辺揚げにヤキモチ?」

向日葵「い、今モチの話なんてしてないでしょっ!?」


955:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 10:50:04.84

ぴちょーん

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……ひまわり」

向日葵「なぁに?」

櫻子「……ずっと、一緒だよね?」

向日葵「……」

櫻子「私、向日葵と一緒がいい。ずっと、ずっと」

櫻子「向日葵と一緒なら、なんでもがんばれるから」

櫻子「……私が向日葵にしてあげられることって、すごく少ないと思うけど」

櫻子「それでも、向日葵と一緒にいたいから、私、いろいろ、いっぱい、がんばるから」

櫻子「だから」

ぎゅっ

櫻子「……ふぇ」

向日葵「櫻子、大好きですわ」


962:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 11:00:11.46

櫻子「~~~っ」パァァァッ

向日葵「っ……」フイッ

櫻子「ひ、向日葵向日葵!」

向日葵「……なんですの?」

櫻子「今の私の気持ち、分かる!?」

向日葵「キスしたい」

櫻子「ちゅー! でも、大当たり! すごい! なんで分かったの!?」

向日葵「……そりゃ、私も同じ気持ですし」

櫻子「っっっ……ひまわりー!」ギュー


965:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 11:03:06.10

向日葵「……でもダメですからね」

櫻子「えっ!?」

向日葵「キスはダメ」

櫻子「ちゅーは!?」

向日葵「ちゅーも。同じじゃないの」

櫻子「な、なんで!?」

向日葵「なんでって……」

櫻子「……」ウルウル

向日葵「……あなた、この状況でキスなんてして、のぼせない自信、あります?」

櫻子「ぁ……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「………………ありません」

向日葵「でしょ」


966:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 11:05:09.29

櫻子「うん……」

向日葵「……」

櫻子「ぅうう~……」ショボーン

向日葵「……」ソッ

櫻子「っ」

向日葵「ですから」ギュッ



向日葵「続きは、お風呂を上がってから……ね?」

櫻子「………………うんっ」




968:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 11:06:38.67

第四部完










973:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 11:11:29.39

~その後...~

ガヤガヤ...ガヤガヤ...

ガラッッ

櫻子「向日葵ー!」

向日葵「! 来ましたわね櫻子!」

櫻子「あたぼーよ! さ、勝負勝負!」

向日葵「臨む所ですわっ、今日も勝ち越させて頂きますわ!」

櫻子「なにおー! いい気になるのも今のうちだぞ!」

「「最初はグー! じゃんけんポン!」」

向日葵「」チョキ

櫻子「」パー

ちゅー


976:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 11:14:25.56

向日葵「ぷはっ! ふふん、まず私の一勝ですわね!」

櫻子「くっそー! まだまだこれから!」

「「最初はグー! じゃんけんポン!」」

向日葵「」グー

櫻子「」チョキ

ちゅー

向日葵「っぷう。これで二連勝、幸先がいいですわ!」

櫻子「ちくしょー! 次こそは私からちゅーするんだからっ!」

「「最初はグー! じゃんけんポン!」」

向日葵「」グー

櫻子「」パー

ちゅー

櫻子「んっ。よっしゃー! これから逆転するぞー!」

向日葵「なかなかやりますわね櫻子……! でも最後に笑うのは私ですわ!」

「「最初はグー! じゃんけん――」」


980:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/10(土) 11:17:55.95

あかり「うう……向日葵ちゃん、櫻子ちゃあん……そこ、あかりの席だよぉ……」\アッカリーン/


























                                      今度こそ本当に
                                              ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                              d⌒) ./| _ノ  __ノ       


関連記事

■コメント

 [名無しさん@ニュース2ちゃん]

ニヤニヤが止まりません

 [名無しさん]

練乳をガブ飲みするくらいに甘い

 [名無しさん]

砂吐きすぎて砂まみれだわ
どうしてくれるこのやろう

 [名無しさん]

いいものを読ませてもらいました
でももっとひまさくは増えて然るべき!

 [名無しさん]

くそ、こんなので悶えてしまうとは
ありがとう

 [名無しの萌さん]

あちゃあ、やっぱりひまさくは神かぁ
こういうのもっと増えればいいなぁ(チラッ

 [名無しさん]

ひまさくは正義
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング