櫻子「向日葵! 勝負だ勝負だ勝負しろー!」 第二部

このエントリーをはてなブックマークに追加  

櫻子「向日葵! 勝負だ勝負だ勝負しろー!」 第一部

の続きです。



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 02:52:15.09

~翌朝~

向日葵「すー……すー……」

ドタドタドタドタドタ...

ガラッ

ピョインッ

櫻子「おっはよーぅ!!」ズドムンッ

向日葵「ゲボァ!!?」

櫻子「ぐっもーにん向日葵! 今日もクソ暑い朝だよっ!」

向日葵「お゛、がげざま゛でっ!! 冷や汗が噴き出てちょっとだけ涼しいですけどねっ!!!」

櫻子「てへっ☆」

向日葵「イラッ☆」


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 02:57:41.59

向日葵「というか、櫻子が朝からうちに来るなんて珍しいですわね。いったい何の用ですの?」

櫻子「やだなぁ、そんなの決まってんじゃーん」

向日葵「?」

櫻子「ちゅーしろ♪」

向日葵「」


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 03:06:08.27

向日葵「な、ななな、なっ……!」ワナワナ

櫻子「んぉお、どーした向日葵、すんごい震えてるよ」

向日葵「ふ、震えもしますわよっ! そんな、こんなっ、朝一番に、ちゅーとか!」

櫻子「1日1ちゅーが向日葵のノルマだから」

向日葵「の、ノルマ制ですの!?」

櫻子「ですの」

向日葵「くぅ……!」

櫻子「ほら、わざわざ私の方からちゅーされに来てやったんだから、とっとと済ませちゃいなよ」ンー

向日葵「……」

櫻子「向日葵ー? はやくしろー?」ンー

向日葵「その前に……」

櫻子「?」ンー

向日葵「私の上からどきなさいよっ!」ガバッ

櫻子「きゃいんっ!」ドテッ


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 03:17:24.86

向日葵「もう……重いったらないんだから」ヨッコイセ

櫻子「ぶー。向日葵よりは全然軽いブー」

向日葵「なあんですってぇ!?」グワッ

櫻子「マジギレ!? ちょっ怖い怖い怖いって!」

向日葵「わ、私だって胸さえなければ櫻子に負けないぐらい……!」

櫻子「なぬー! それは私への挑発かー!?」

ドタバタモミクチャドタバタモミクチャ

向日葵「はぁ……はぁ……」

櫻子「ぜー……ぜー……」

向日葵「……、ぁ」ウエ

櫻子「あ……」シタ

向日葵「………………目、閉じときなさいよ」

櫻子「わ、かった……」

ちゅー


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 03:24:27.68

向日葵「ん、ふっ……」

櫻子「ぅむ……」

向日葵「(うー……向きが上から下なせいで、位置が調整しづらいですわ……)」

櫻子「(おもい……、ふかい……っ)」

向日葵「(ゆ、油断するとどんどん身体が沈んで……だめっ、絶対にのしかかっちゃ、だめ……!)」

櫻子「(ん……ねあせ、かな……? すこしだけ、しょっぱい、かも)」

向日葵「(き、キスって何秒が適当ですの!? 昨日もですけど、引き際がさっぱりわかりませんわ……)」

櫻子「(……ちょっといきぐるしくなってきた……けど……)」

向日葵「(あまり早すぎるとまた櫻子にやり直しを食らうかも……それに、やめたくても、くちびるが張り付いたみたいに)」

櫻子「(はなしてほしくないな……)」
向日葵「(離れない……っ)」


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 03:29:46.97

向日葵「――っ」スッ

櫻子「ぁ……」

向日葵「~っ!」スクッ

向日葵「わ、私っ!」

櫻子「へ」

向日葵「着替えますわ! ゆ、昨夜は寝苦しくて! そのせいで、汗もたくさんかいてますし! シャワーも浴びないと!」

櫻子「あ、うん」

向日葵「ですから、櫻子は一人で登校してくださる!? 私は、あ、後から行きますわ!」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……ん、分かった」スクッ

向日葵「……」

櫻子「じゃ、また学校でー」トテチテ

向日葵「……」

向日葵「……はあっ……」ペタッ


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 03:36:59.68

向日葵「うぅ~~~~~……」

向日葵「あ、朝から動悸が……」

向日葵「こんな調子でまともに授業が受けられるかしら……」

向日葵「……休んじゃおうかな……」

向日葵「い、いけませんわ向日葵! 次期生徒会副会長を志す者が仮病だなんて!」

向日葵「……仮病……」

向日葵「じゃ、ありませんわよね……このドキドキは……」

向日葵「……」

向日葵「支度、しませんと」

向日葵「……」

向日葵「……櫻子の、ばか」


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 03:54:03.40

~翌々日~

櫻子「ちゅーしやがれ」

向日葵「はぁ!?」

櫻子「ちょ、声大きいって」

向日葵「それをいうなら櫻子こそ! 誰かに聞かれでもしたら……!」ソワソワ

櫻子「私の声の大きさなら平気だって。向日葵みたいに大声出したら分かんないけど」

向日葵「ぅ……」ムグ

櫻子「ささ、早いとこちゅー」ンー

向日葵「だ、ダメですわよ櫻子! だって……」

櫻子「だって?」

向日葵「だって、ここ学校ですのよ!?」


207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 03:57:49.79

櫻子「……うん、分かってるけど?」キョトン

向日葵「なっ……あなた正気ですの!?」

櫻子「だから声が大きい! っとと、私もだ」ムグ

向日葵「いきなり私の手を引っ張ってこんな、階段の影に連れ込んで……!」

櫻子「教室でしろって命令されるよりマシっしょ?」

向日葵「その二択しかないのがおかしいんですわっ。もっと、順序というか、段階というか……」モジモジ

櫻子「おはようのちゅー→おかえりにちゅー→学校でちゅー←問☆題☆解☆決!」

向日葵「どこがですの!?」


209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 04:06:45.49

櫻子「ああもう、大声出したら人きちゃうっつってんのにー」

向日葵「ハッ……って、なんで櫻子はそんな平然としてますの? あなただって誰かに見られたら恥ずかしいでしょう?」

櫻子「そりゃ恥ずかしいけど……でも私って被害者じゃん?」

向日葵「なん……ですの……?」

櫻子「そうでしょ? 私はこんな人気のない所に連れ込まれて向日葵に無理やりちゅーされてる平成のシンデレラこと次期美少女生徒会福会長大室櫻子ちゃん。どーよ、カンペキに被害者じゃん」

向日葵「ど、どこがですのっ。あなたが私にちゅーを強要してるんじゃありませんの!」

櫻子「でもやってるのは向日葵だよね?」

向日葵「ぐっ」

櫻子「向日葵より私の方が友達多いしー」

向日葵「ぐぐっ」

櫻子「その気になれば私から言いふらすことだって出来るんだゾ☆」

向日葵「」


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 04:21:04.32

櫻子「ま、ちゃんと1日1ちゅーやってる内は私からどうこうしないからさ、安心してちゅーしていいのだよ」フフン

向日葵「なんで上から目線……」

櫻子「れっつちゅー。略してれっちゅーだよ向日葵!」ンー

向日葵「そんな元気よく言ったら誰かに聞かれますわよ……」

櫻子「……」ンー

向日葵「……」

向日葵「(綺麗な顔)」

向日葵「(華奢な身体)」

向日葵「(可愛い仕草)」

向日葵「……」

向日葵「(って! 何を考えてますの私!?)」

向日葵「(相手は櫻子ですのよ櫻子! 櫻子!! ……櫻、子)」

向日葵「(私は……櫻子と……)」スッ

ちゅー



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 04:46:31.21

向日葵「んむぅ……っ」

櫻子「んー……」

向日葵「(っ……廊下からの声がここまで聞こえて……)」

櫻子「(……さっきはああいったけど、ほんとにみられたら、どーしよ……)」

向日葵「(ぅぅぅ、余計に心臓が、痛いくらいにっ……)」

櫻子「(……どっちがしてるとか、されてるとか、たぶん、かんけーないよね)」

向日葵「(ああ、どこもかしこも落ち着かないですわ……)」

櫻子「(どーでもいいけど、どっちもつったってちゅーするのってなんかあほっぽいなぁ……)」

向日葵「(そ、そうですわ。櫻子の肩に手を置かせてもらいましょう……)」

トンッ

櫻子「っ!!!」ビクッ

向日葵「!?」ビクッ

櫻子「ぁ……っ」バッ

向日葵「あ……?」キョトン


221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 04:50:35.26

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……あ、の」

櫻子「っ、あほー!」

向日葵「えっ!?」

櫻子「向日葵のあほあほあほー! だ、誰が手ぇ置いていいなんて言った!?」

向日葵「は、はああ!? なによその言い草、肩に触るぐらいでいちいち許可がいりますの!?」

櫻子「いるし! 向日葵は負けっぱいなんだから私の言う通りにちゅーしてればいいの!」

向日葵「何を身勝手な……! ていうか、あなた、その顔……」

櫻子「ッ!?」

向日葵「真っ……」

櫻子「――っ!」ダッ

向日葵「あっ、櫻子!?」


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 04:56:58.22

向日葵「……言っちゃいましたわ」

キーンコーンカーンコーン...

向日葵「あ、予鈴……」

向日葵「私も戻らないと……」

向日葵「……櫻子もいる教室に?」

向日葵「……」

向日葵「ぁぁぁぁぁぁぁっ……」

向日葵「気まずい……気まずいでしょう、これ……」

向日葵「私もまだドキドキが収まらないし……」

向日葵「……櫻子も、顔をあんなに赤くして……」

向日葵「今日になってはじめて、ちゅーの後に櫻子の顔を見たけれど」

向日葵「……今までもずっと、あんな顔をしていたのかしら……」

向日葵「……あんな顔を……」

向日葵「……」

向日葵「……少し……もったいなかった、かも?」


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 05:08:48.32

~翌日~

櫻子「……」

櫻子「うーん……」

櫻子「……昨日、失敗しちゃったなぁ……」

櫻子「向日葵のやつめ、いきなり触るなんて反則だっ」

櫻子「……ほんと、肩ぐらいでびっくりしちゃった私も私だけどさ」

櫻子「ぅー……でもまだ、なんか、もやもやーって……?」

櫻子「……」

櫻子「今日は少し様子を見よう……かな」

櫻子「さいあく、今日ぐらいナシでも……」

櫻子「……ナシ、でも、しょーがない、よね?」

櫻子「……」

櫻子「うん……よし」

櫻子「よしっ」

櫻子「出陣じゃーっ!」


230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 05:14:50.14

櫻子「向日葵ー! むっかえにきたよー!」ババーン

向日葵「っ、あ、あら櫻子。今ちょうど家を出る所でしたのよ」

櫻子「おー、ナイスタイミングだ」

向日葵「で、ですわね」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……?」

向日葵「……?」

櫻子「向日葵、なにソワソワしてんの?」

向日葵「えっ!? いえ、これは、そのっ……」

櫻子「モタモタしてると遅刻するよー。さっ、走れ走れー」グイグイ

向日葵「わ、ちょ、ちょっと櫻子!?」



向日葵「……え?」


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 05:16:58.50

櫻子「休み時間だー!」

向日葵「……」

櫻子「ねー向日葵」

向日葵「!」

櫻子「トイレ行かない?」

向日葵「えっ」

櫻子「えっ」

向日葵「トイレ?」

櫻子「トイレ。行かない?」

向日葵「あ、ぃ、行きますわ。ええ、私も行きたいと思ってましたの」

櫻子「おっけー。そんじゃ行くよー」テコテコテコ

向日葵「ええ……」テクテクテク



向日葵「……え?」


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 05:22:22.63

櫻子「はースッキリー」フキフキ ※手だよ

向日葵「デスワネー」カクカク

櫻子「どしたの向日葵。なんかロボいよ?」

向日葵「えっ? ぁ、別に、大した理由はないですわ。今日はちょっと朝からロボロボしくて……」オホホ

櫻子「ふーん」

向日葵「……」

櫻子「……?」

向日葵「……?」

櫻子「向日葵? ほら、教室もどろ? 休み時間終わるよ?」

向日葵「え……?」

櫻子「ほらジャマジャマー。向日葵のが扉に近いんだからキリキリ歩けよぅ」

向日葵「わ、分かってるわよ……」



向日葵「……え?」


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 05:27:19.88

櫻子「磯辺揚げうまい!」ウマイ!

向日葵「……」モソモソ

櫻子「あっ向日葵ー」

向日葵「なっなんですのっ」パアッ

櫻子「磯辺揚げいらないならくれ!」

向日葵「え?」

櫻子「さっきから全然ハシ進んでないじゃん。またダイエット?」

向日葵「え……ええ。そんなところ、かしら」

櫻子「楓に心配されない程度にしときなよー。で、磯辺揚げ磯辺揚げ! くれるの? くれないの?」

向日葵「……はい、どうぞ」ヒョイ

櫻子「いっそべあげー♪」キョホー

向日葵「……」モソ...モソ...



向日葵「……え?」


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 05:41:34.05

櫻子「授業おわったー!」

向日葵「……」ドキドキ

櫻子「向日葵!」

向日葵「! はいっ!」パァッ

櫻子「生徒会いくよー!」

向日葵「えっ……」

櫻子「ん、行かないの? なんか用事でもあった?」

向日葵「いえ……特に、用事とか、ないですけど……」

櫻子「じゃあ早く行こっ! 今日は書類整理で勝負だ!」

向日葵「……マケマセンワヨー」カクカク

櫻子「おっ、ロボモードだ! こりゃ強敵だー」ワハハ

向日葵「チマツリニシテサシアゲマスワー」カクカク



向日葵「……え?」


247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 05:55:21.03

櫻子「櫻子ちゃん大勝利ー!」ワハー

向日葵「ま、負けた……」ガーン

櫻子「向日葵、ほんとにどしたん? そんなにロボかった?」

向日葵「いエ……ナンでもなイデすワ……」ハァ

櫻子「ウソつけ、もう見たまんまロボいじゃんよぅ。……だったら」

向日葵「!」ピコンー

櫻子「もう帰ろっか?」

向日葵「」

櫻子「杉浦先輩と池田先輩も娯楽部に討ち入りに行っちゃったし、私らの仕事はもう終わっちゃったし、帰っても大丈夫じゃない?」

向日葵「」

櫻子「今日は早めに帰って、ロボらなくなるまで楓と遊んでなよ。さ、そうと決まれば帰ろ帰ろー」グイグイ

向日葵「」

ピタッ

櫻子「?」

向日葵「……」


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:05:16.08

櫻子「向日葵?」

向日葵「……」

櫻子「向日葵ー?」

向日葵「…………」

櫻子「ひーまーわーりー?」

向日葵「………………」

櫻子「……ひまわり?」

向日葵「……、の」

櫻子「?」



向日葵「………………しない、の?」



櫻子「」


255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:10:08.43

向日葵「……っ」プルプル

櫻子「……」ボーゼン

向日葵「……」フルフル

櫻子「……」ポカーン

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……向日葵」

向日葵「!」



櫻子「………………したい、の?」



向日葵「~~~っ」


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:13:02.44

向日葵「だ、」

向日葵「だって!!!!!!!!!!!」

櫻子「ぅおぅ」ビクゥ

向日葵「だってだってだってだって!!!!!!」

櫻子「ひ、向日葵?」

向日葵「だって! だって! なんで、だって!!」

櫻子「ちょ、落ち着け、落ち着けってば向日葵」

向日葵「落ち着いてるもん!!!!!!!!」

櫻子「もんとかいう向日葵が落ち着いてるなんて私は認めねーし!!!!!!」


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:20:03.95

向日葵「ぁぅ……とにかく、だってだってだって、だってだってなんですもの!!!!!」

櫻子「おいおい落ち着けよハニー」

向日葵「は、ハニーとか言うなぁ!!!!!!!!」ドカーン!!!!!

櫻子「ええっネタフリじゃなかったの?」

向日葵「ちがうわよばかぁっ!!」

向日葵「………………ばかぁ………………」ポロッ

櫻子「!?」

向日葵「うっ、ぅううぅぅぅぅ~~~~~……っ」ポロポロ

櫻子「ちょ、え、うそ、向日葵!? 泣いてんの!?」

向日葵「な、いてっ、ないもん……泣いてない、ですわっ……ぐすっ!」エグエグ

櫻子「いやどう見ても泣いてるって! そこごまかしてなんか得あんのかお前!?」

向日葵「だっ、てっ……だってぇぇ~~~っ……」ポロポロポロポロ

櫻子「ああああああ、も、とにかくっ、ほら、木綿のハンカチーフだよ」フキフキ

向日葵「ぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~っ……」グシグシ


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:26:58.78

櫻子「……どう? 落ち着いた?」

向日葵「はい……ごめいわくおかけしましたわ……」グジュ

櫻子「別にいーけど……で、なんで急に泣き出したの?」

向日葵「……」

櫻子「……私バカだもん、だんまりじゃ分かんないよ」

向日葵「……」

櫻子「……ひーまわり」

向日葵「……もん……」

櫻子「ぁん?」

向日葵「……急じゃないもん、ですわ……」

櫻子「……」

櫻子「(私でも分かるぐらい日本語やべー)」


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:35:52.12

向日葵「櫻子……」

櫻子「うん?」

向日葵「今日で、何日目か数えてます? その……キス」

櫻子「ちゅー」

向日葵「……ちゅー、するようになって」

櫻子「えぇ? うーんと……ひーふーみーよー……4、日? ぐらい?」

向日葵「……5日ですわ」

櫻子「ぅぷす」

向日葵「……5日目で、急に櫻子が何も言わなくなったから……」

櫻子「……ん?」

向日葵「私……不安というか、なんというか、わけがわからなくなってしまって……!」

櫻子「おいおいおいおいお」


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:42:39.94

向日葵「だってっ、私、ちゅーなんて初めてですのに、でしたのに……っ」

向日葵「なのに家とか、外とか、学校とかで、あんなに沢山っ……」

向日葵「もう毎日がフワフワ変な感じで、どうしようもなくて」

向日葵「それが突然パタリと止んだら、誰だって困惑しますわよ!」

向日葵「今日だって、今までなら櫻子がちゅーを強要してきそうな所がいくつもあったのに!」

向日葵「家を出る時の玄関先でとか!」

向日葵「休み時間に教室のカーテンに隠れてとか!」

向日葵「トイレの個室に二人で入ってとか!」

向日葵「磯辺揚ゲームでとか!」

向日葵「誰もいなくなった教室でとか!」

向日葵「私にちゅーさせたいならいくらでも機会はあったでしょっ!!!」ドカーン

櫻子「」


275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:45:46.05

向日葵「……」ゼーゼー

櫻子「」

向日葵「……」ハーハー

櫻子「」

向日葵「……」フーフー

櫻子「」

向日葵「……」ヒーハー

櫻子「向日葵」

向日葵「!」



櫻子「したいの?」



向日葵「したくなんてねーですわよもんっ!!!!!!!!!」ドカーン!!!!!!!!!!

櫻子「うわこいつあたまわるぅ!?」ガビーン


279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 06:55:20.43

向日葵「なによ……なによぉ……」ジワァ

櫻子「うわわ、向日葵っ、どうどう……」

向日葵「う゛ぅ~……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……んっと、えと。とりあえず、さ」

向日葵「……」



櫻子「………………する?」



向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」グスン



向日葵「………………する」


283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 07:04:14.54

櫻子「あー……ほら、向日葵ー」

向日葵「……」オズ

櫻子「(……近い)」

向日葵「あの、櫻子……」

櫻子「ん、なに?」

向日葵「……」モジモジ

櫻子「?」

向日葵「……許可が、欲しいんですけれど」

櫻子「キョカ?」

向日葵「あ、あなたが昨日言ったんじゃないのっ。身体に触れるなら前もって言うようにって」

櫻子「……あ」

向日葵「……いいかしら?」

櫻子「ば、ばっちこいや……」

キュッ

櫻子「っ!?」


286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 07:13:57.42

向日葵「……しますわよ」

櫻子「え、ちょ、待っ、手、背中っ!?」

向日葵「櫻子……」スッ

櫻子「ひまっ――」

ちゅー

櫻子「んんんんっ!?」ピクンッ

向日葵「ふぁっ、ん……さく、ら……ちゅ、ぅ」グイグイ

櫻子「や、っら、め、ぅぷ、んむぅ……!?」ジタバタ


288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 07:24:15.52

向日葵「(さくらこ、さくらこ、さくらこ、さくらこ)」

櫻子「(あつい……ふかい……すご、い……!)」

向日葵「(さくらこ。さくらこ)」

櫻子「(やば、なにこれ……だきしめられてるから? ぞくぞくが、にげていかない……!)」

向日葵「(さくらこ)」

櫻子「(うーっ、うごかせない。ても、あしも、ちからはつよくないのにっ)」

向日葵「(さくらこ)」

櫻子「(……なら、うごかしてない、だけ……?)」

向日葵「(さくらこ、さくらこ。さくらこ)」

櫻子「(……め、あけちゃえ)」

向日葵「!」

櫻子「!」

向日葵「(さくらこ……)」

櫻子「(ひま、わり)」


293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 07:36:58.93

向日葵「……っはあ……は……ぁ、は……」

櫻子「はーっ、はーっ……ッ……はああっ……」

向日葵「……」フゥ

櫻子「……」フー

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……櫻子、顔、真っ赤ですわ」

櫻子「向日葵だって……」

向日葵「……お互い様、ですのね」

櫻子「そーだよ、当たり前じゃん。誰だって、誰とだって、、ドキドキしないちゅーなんてないってば」

向日葵「そう……かも、しれませんわね」

櫻子「そーだよ」

向日葵「……帰りましょっか」

櫻子「ん、帰ろ」


295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 07:45:44.17

向日葵「すっかり遅くなっちゃいましたわね」テクテク

櫻子「そだねー、向日葵がずっとちゅーしてるから」テクテク

向日葵「ちょっ、聞き捨てなりませんわね!? 櫻子だって私のこと離そうとしなかったじゃない!」

櫻子「は!? ちーがーいーまーすー、向日葵が離してくれなかったーんーでーすー」

向日葵「何をいけしゃあしゃあと……! あんなに強く抱きしめてたクセに!」

櫻子「そりゃこっちのセリフだよこのむっつりっぱい! 生徒会室でなんておっぱいだ!」

向日葵「はぅあ!? そ、そうでしたっ、私ってば、神聖なる生徒会室でなんてふしだらな……っ」ワナワナ

櫻子「カギもかけてなかったヨ☆」テヘッ

向日葵「いやあああああああっ!?」

櫻子「まあまあ、もし見つかったとしても生徒会の先輩方か娯楽部の人達ぐらいでしょ? 向日葵ひとりが白い目で見られれば済む話じゃん」

向日葵「な、あなたも共犯でしょう!? ていうか、首謀者じゃありませんの!」

櫻子「実行犯は向日葵だもーん♪ きゃーこわーい♪」スタコラー

向日葵「あっ待ちなさい! 今日という今日はタダじゃおきませんわよっ!」ダッ

櫻子「うきゃー、助けてアッカリーン♪」

向日葵「櫻子ーっ!」


297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 07:49:55.32

りせ「……」

西垣「松本ーおるかー」ガラッ

りせ「……」

西垣「おるな。来たわ!」

りせ「……」

西垣「ここやで、トントン……って、ん? どうした松本」

りせ「……」

西垣「……『すごいものをみてしまった』?」

りせ「……」

西垣「すごいものって、何をだ?」

りせ「……」

西垣「『禁則事項』……?」

りせ「……」



りせ「……」ポッ


299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 07:53:48.08


第二部完!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

会長ナイスステルス
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング