櫻子「向日葵! 勝負だ勝負だ勝負しろー!」 第一部

このエントリーをはてなブックマークに追加  


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:14:48.04

向日葵「また今日は一段とやかましいですわね……」

櫻子「いいから私と勝負するの! デュエルだよデュエル!」

向日葵「ごめんなさい……私、事務所の意向でソレは……あ、○゛ァンガードか○゛ァイスシュヴァルツでしたら」

櫻子「そっちじゃねえ! 決闘って意味!」

向日葵「なら最初からそう言いなさいな……」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:24:26.19

櫻子「で? 勝負するの? しないの?」

向日葵「別にいいですわよ。断る理由もありませんし」

櫻子「やたっ!」

向日葵「それで、勝負の内容は?」

櫻子「三本勝負!」

向日葵「ええ。で、勝負の内容は?」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……三本勝負!」

向日葵「決めてませんの!?」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:27:30.88

櫻子「ち、ちげーし! 決めてなくねーし!」

向日葵「どうかしら……」

櫻子「決めてるし! ちゃんと決めてるけど、まずは挑戦者の向日葵に決めさせてやろーう!」フフン

向日葵「いや、挑戦してきたのはあなたじゃないの」

櫻子「私はほら、アレだよ。でぃふぇんでぃんぐちゃんぴおん」

向日葵「勝手に言ってなさい」

櫻子「ほれほれ、早く決めてよね」

向日葵「急かせる立場じゃないでしょ……仕方ありませんわね……」

櫻子「……」ワクワク

向日葵「……」

櫻子「……」テカテカ

向日葵「……じゃ、私の部屋のお掃除対決で」

櫻子「やったらー!」ダッ


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:30:57.13

櫻子「見てろよー向日葵! ぜったい向日葵よりもカンペキに掃除してやるんだから!」

向日葵「ワタシモマケマセンワヨー」カクカク

櫻子「おりゃあー!」サッサッ

向日葵「ウオオー」カクカク

櫻子「どっせーい!」ブォォォ

向日葵「……」

櫻子「てりゃりゃー!」ゴシゴシ

向日葵「(お茶でも淹れてこようかしら)」

櫻子「ひゃっはー!」キュッキュッ


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:34:34.66

櫻子「片付け……よし!」\スッキリーン/

櫻子「掃除機……よし!」\キッラリーン/

櫻子「雑巾がけ……よし!」\ピッカリーン/

櫻子「換気……よし!」\サッパリーン/

櫻子「向日葵……」

\ヒッマワリーン/

櫻子「」



櫻子「いねえ!!!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:36:03.04

櫻子「向日葵? 向日葵ー?」キョロキョロ

向日葵「あら……本当に綺麗になってますわ」\ビックリーン/

櫻子「あっ向日葵! この櫻子様との勝負中にいなくなるとは何事か!」

向日葵「……」

櫻子「……」ガルルルル

向日葵「イヤー、サクラコサンマジツヨイッスワー」カクカク

櫻子「!」

向日葵「マジパネーッスワー。ア、コレヨカッタラドウゾ」つ【アイスミルクティー】

櫻子「!!」

向日葵「クッキーモアルシンド」つ【手作りクッキー】

櫻子「!!!」

櫻子「……」



櫻子「くるしゅうない!!!」ニパー

向日葵「(心にもないことを言うのは胃が痛みますわぁ……)」キリキリ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:39:34.65

櫻子「んーっ♪ 疲れた体に冷たい紅茶と甘いクッキーがおいしー♪」

向日葵「ヨカッたでスわね……」ギギギ

櫻子「さて、お腹もふくれたし次いってみよー!」キュップイ

向日葵「二回戦ですわね。何をしますの? おはじき? あやとり?」

櫻子「小学生か! 私もう大人だもん、もっとオトナっぽい勝負すんの!」

向日葵「ッ!?」ドキッ

櫻子「? どしたの向日葵、顔赤いよ?」キョトン

向日葵「だ、だって……櫻子が、オトナの勝負なんて言うから……その……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「――ッ!」カーッ

櫻子「ちっげーーーーーーーーーーし! 向日葵のばかっ! むっつりおっぱい!」シュビビビビ

向日葵「ちょっクッキーは手裏剣じゃなくってよ!?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:42:31.16

向日葵「そ、それでっ! 勝負の内容は決めましたの!?」ゼェゼェ

櫻子「ぅぐ……」ハァハァ

向日葵「やっぱり考えてなかったのね……」

櫻子「う、うっさいなー! すぐ決めるからちょっと静かにしててよ!」

向日葵「はいはい……」

櫻子「んー……」ムムム

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」



櫻子「私んちまでかけっこ!」ダッ

向日葵「幼稚園児ですの!?」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:46:33.19

櫻子「さぁ櫻子選手、カレーなスタートで独走状態!」ダダダダッ

向日葵「ちょっとズルいですわよ櫻子! 完全にフライングじゃないの!」ダッ

櫻子「私がルールだ! ふははははー!」

向日葵「こ、この自己中娘……! こうなったら意地でも追いついてみせますわよー!」グンッ

櫻子「うわ速……って向日葵! 何をバルッバルン揺らしてんだテメー!! おっぱい禁止!!!」

向日葵「う、うっせーですわね!? 私だって好きで揺らしてるんじゃないわよ!」バッ

櫻子「イヤミか!!!」ガー

向日葵「こっちのセリフよ!!!」シャー

櫻子「ケッ! いーもん、どっちみちおっぱい押さえてこの櫻子様に追いつけるわけないしね! やーいバーカ、バカっぱーい!!」シュバババババ

向日葵「くぅ……! ま、待ちなさいぃ~~~~~~~~~~っ!!!」ボテボテボテボテ


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:49:39.52

櫻子「二っ連っ勝ぉーーーーーーーーーーっ!!!」ダーッ

向日葵「ば、ばんなそかな……!」ガクッ

櫻子「フフフ、まさか三回戦を待たず決着とは……向日葵ったらザコでやんのー」ケラケラ

向日葵「言わせておけば……!」ギリッ

櫻子「さてとー、これで次期生徒会福会長はこの大室櫻子ちゃんに決まったわけですが」

向日葵「はあ!?」

櫻子「はあ?」

向日葵「ちょっと待ちなさい! こ、これって、そんな重要な勝負でしたの!?」

櫻子「そだよ? デュエルなんだから真剣勝負に決まってんじゃん」

向日葵「決まってませんわよ!!」

向日葵「(櫻子のいつもの構ってちゃんだと思ってましたわ……)」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:54:03.43

向日葵「とにかく! そうと分かればこのまま引き下がるわけには行きませんわ!」

櫻子「いや、だから私が勝ったじゃんって」

向日葵「ま、まだ最後の一戦が残ってるでしょう! これに勝ったら一気に3ポイントでどうですの!?」

櫻子「バラエティ番組か! そんなのぜんぜんぜんぜんぜんぜん私に得がないじゃん! 却下だキャッカー! イ゛ーッ!」

向日葵「それはショッカーですわ」

向日葵「(しかし困りましたわ……このおバカに損得勘定が出来たなんて……)」

櫻子「(……なんかバカにされた気が……?)」

向日葵「(負けっ放しというのもシャクですし、なんとか櫻子をその気にさせませんと……)」

向日葵「(この子のやる気を引き出すには、なにか物で釣るのが一番……)」

向日葵「(物……賞品……ご褒美……)」

向日葵「!」

櫻子「(向日葵いつまで黙ってんだろ……)」ポケー


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 22:56:40.49

向日葵「櫻子!」

櫻子「うおっなに?」

向日葵「勝負ですわ!」

櫻子「はぁ? だーかーら、私の勝ちで決着ついたじゃん。やんないってばよぅ」

向日葵「ええ、確かに今のところ櫻子が二勝で私が二敗。ここから無条件で逆転のチャンスをくれなんて厚かましいことは言いませんわ」

櫻子「?」

向日葵「なので、次の勝負で私が勝てば逆転勝利……ただし、私が負けたらその時は櫻子! あなたの願いをなんでも一つ叶えて差し上げますわ!」

櫻子「」



櫻子「!!!!!!」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:00:16.72

櫻子「そ、それホント!?」

向日葵「もちろん。次期生徒会副会長に二言はありませんわ」フフン

櫻子「なんでも!?」

向日葵「なーんでも」

櫻子「なんでも……!」ゴクリ

向日葵「さぁどうします? 勝負しますの? しませんの?」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」ゴクリ

櫻子「しっかたないなぁ~……その挑戦、受けてたーつ!」

向日葵「(YES!)」グッ


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:04:14.22

向日葵「(やりましたわ! 勝負にさえ持ち込めればしめたもの……)」

向日葵「(あとは……)」

向日葵「(負けなければ私の勝ちですわ!)」キリッ

櫻子「そんで? 勝負の内容は?」

向日葵「そうですわね……私は今度こそ挑戦者の立場ですし、櫻子が決めていいですわよ」

櫻子「えー? 丸投げかよー」

向日葵「普段あなたがしてることでしょうに……」

櫻子「うーんうーん……」

櫻子「……あっ!」

向日葵「なにか思いつきまして?」

櫻子「うんっ、一緒きて!」グイッ

向日葵「ちょ、引っ張らないで!」アワワ


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:07:37.44

櫻子「最終決戦の内容は……これだー!」ババ^ン

向日葵「これ? って……ちょっと櫻子!?」

櫻子「なに?」

向日葵「なにじゃありませんわよ! ……あなた、今が何月かわかってます?」

櫻子「9月だけど」

向日葵「そう、わかってましたのね……」

櫻子「当たり前じゃん」

向日葵「そうですね、当たり前ですわね……じゃあ」

櫻子「じゃあ?」

向日葵「……じゃあ、どうしてこんなところにコタツが出っぱなしになってますの!?」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:11:14.96

櫻子「いやぁ、これには事情があってね」

向日葵「事情ぉお?」ジトー

櫻子「そ、事情事情」

向日葵「なんですのよ、その事情って」

櫻子「話してもいいけど……長いよ?」

向日葵「……構いませんけど」

櫻子「本当にいいの? ほんっっっっっとうに?」

向日葵「……」

櫻子「それはもう、海より深ーく山より高ーく、向日葵のおっぱいに負けーず劣らーずおっきな事情が」

向日葵「早く話しなさいな」

櫻子「しまうタイミングを見失いました」

向日葵「クッソ短いですわよ!?」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:15:22.60

櫻子「ほら、今年ってずっと寒かったじゃん? だからさー」

向日葵「だからって……この季節にコタツとか、見てるだけで暑くなりますわ……」

櫻子「うん、だから今年の夏はわざわざ向日葵んちに通ってたの」

向日葵「やたら私の部屋に入り浸ってたのはそういう理由でしたの!?」

櫻子「うむ!」エヘン

向日葵「な、なんという不精者……こんなことならもう少しマメに様子を見に来るべきでしたわ……」

櫻子「そーだそーだ。櫻子ちゃんのカントクふゆきとどきだぞー向日葵ー」

向日葵「」イラッ


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:19:33.48

向日葵「はぁ……もういいですわ。それで、この部屋で何をしますの?」

櫻子「そりゃーもちろん我慢比べ勝負!!!」バーン

向日葵「……薄々そうじゃないかとは思ってましたけど……」

櫻子「ふっふっふ、まだまだ残暑もきびしーオリにコタツで我慢比べ。これは辛いよー」

向日葵「そりゃあ辛いでしょうけど……倒れたりしないでよね?」

櫻子「ふふーん、心配なら自分の分をしなよ! なにせデュエルだからね、生命の危険は覚悟しとくんだな!」

向日葵「あなたデュエル好きですわね……」

櫻子「いくよ、デュエルスタンバイ!」

~10分後~

櫻子「……あ゛づい゛……」

向日葵「……あ゛っ゛づぃ゛でずわ゛ぁ゛……」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:23:05.73

櫻子「やばいよ……想像以上にやばいよこれ……」

向日葵「想像通りにやばいですわよ……櫻子の考えの足らなさもね……」

櫻子「うへぇ、汗が机の上でみーずーたーまーりー……」

向日葵「それも部屋の熱気でお湯みたいになってますけどね……」

櫻子「あ゛づい゛よ゛ー」

向日葵「あ゛づい゛でずわ゛ー」

櫻子「誰だ! こんなアホな勝負を選んだの!」

向日葵「(ツッコんでやらないんだから……)」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:28:11.27

櫻子「……向日葵、そろそろキツいんじゃないの?」

向日葵「あらあら……勝負の相手に心配されるほどではなくってよ……」

櫻子「ぐぬぬ……」

向日葵「……」フフン

櫻子「……てりゃっ!」ゲシッ

向日葵「いたっ!? ちょっと、何するんですの!?」

櫻子「うるせー! もう暑くて熱くて死にそうなんだよー! 早く出ろよー!」

向日葵「ど、どんだけワガママですのこの子!?」

櫻子「えいっ! えいっ! とりゃー!」ゲシゲシゲシゲシ

向日葵「待っ、ちょ、痛、やめ、蹴るのをやめ……や……やめろ!!!!」グイッ



クニッ



櫻子「ふにゃあっ!?」ビクッ


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:33:32.64

向日葵「!?」

櫻子「~~~~~~~~っ」フイッ

向日葵「ど、どうしたんですの櫻子……? そんな、ケッタイな声を出して」

櫻子「……ばか」

向日葵「え?」

櫻子「ばか! ばかばかばか! ひまわりのばかぁ!」

向日葵「なっ!? 思ったより強く蹴ってしまったのは悪かったですけど、足に当たったぐらいでどうしてそこまで言われなくちゃいけませんの!?」

櫻子「あ、あしじゃないもんっ!」

向日葵「え? じゃあどこでしたの?」

櫻子「っ……あ、あしの……もっと、さき……」モジッ

向日葵「足の先って……つま先? あなた、つま先どんだけ柔らかいんですのよ。スレンダーが聞いて呆れますわね」プススー

櫻子「………………ばか」プイッ


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:37:11.99

~さらに10分後~

向日葵「……」

向日葵「(くっ……流石に辛いですわ……)」

向日葵「(櫻子の口数もずいぶん減りましたわね……)」

向日葵「(というか、すごく真剣な目……)」

向日葵「(何を考えているのかしら……)」


櫻子「……」

櫻子「(……超暑い……)」

櫻子「(向日葵も暑そう……)」

櫻子「(顔真っ赤にして汗流して……)」

櫻子「(汗が白い服に落ちて……)」


櫻子「あ」

向日葵「?」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:39:44.84

櫻子「向日葵おっぱい透けてる」

向日葵「っ、きゃあっ!?」バッ



「「あ」」



櫻子「……で」

向日葵「出ちゃった……」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:49:37.85

櫻子「う……うおー! やったぞ私、三連勝ーーーーーーーーーー!!!」ダァー

向日葵「ま、まさかこんなことで……」ガクーッ

櫻子「おいおいどーすんのよー。もしかして私ってば強すぎ? 強すぎ? ねぇねぇどうなの向日葵ー?」ニヤニヤ

向日葵「くっ……! で、でも、今のは反則じゃ……」

櫻子「向日葵!」

向日葵「っ」ビクッ

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「負け惜しみは……みっともないぞ?」ニヤァァァッ

向日葵「(うぜえええええええええええええええええですけど言い返せないいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいですわ)」ギリリッッッ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:55:32.27

櫻子「さぁさぁさぁさぁ向日葵向日葵!」ズイッ

向日葵「な、なんですの……」タジッ

櫻子「ナンデスノじゃないよ! もちろん覚えてるよね? 約束!」

向日葵「……な、なんのこ」

櫻子「嘘つきはドロボーのはじまりだよ」

向日葵「くっ……」

櫻子「ほらほら、約束約束!」

向日葵「わ、分かりましたわよ……あ、でもその前に!」

櫻子「むっ、なんだよーまた言い訳すんのか!?」

向日葵「いえ、ただ……」

櫻子「ただ?」

向日葵「……先にシャワーを浴びてもいいかしら……」

櫻子「……おっけー、お互い自分ちで浴びたらまた向日葵の部屋に集合ね」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:59:58.34

シャワァァァ...

向日葵「……」

向日葵「(ううう……まさか櫻子に一方的に敗北を喫するだなんて……)」

向日葵「(この古谷向日葵、一生の不覚ですわ……)」

向日葵「(しかも自分から言い出した条件に苦しめられるだなんて……)」

向日葵「……」

向日葵「(……櫻子は、何をお願いするつもりなのかしら)」

向日葵「……」

向日葵「(うー、考えるだけでゾッとしますわ……)」

シャワァァァ...


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:04:00.30

シャワァァァ...

櫻子「……」

櫻子「……うん……」

櫻子「……」

シャワァァァ...


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:10:07.50

櫻子「へいっ、お待たせー!」

向日葵「お互い、やっと人心地ついた感じですわね」フゥ

櫻子「うむ! 身も心もサッパリしたところで、約束を果たしてもらうかんね!」

向日葵「ぅ……お、お手柔らかにお願いしますわ……」

櫻子「はぁ? ダメダメそんなの、向日葵に圧勝とか滅多にないんだから。向日葵がおもいっっっきり嫌がるお願いにしてやるんだー」シシシ

向日葵「ぁぁぁ……恐れていたことが現実になりつつありますわ……」ガクガク


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:15:06.05

櫻子「じゃあ発表します! 私から向日葵へのお願いは……」

向日葵「……ゴクリ」



櫻子「ちゅ、ちゅー……して?」



向日葵「」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:19:30.97

向日葵「………………………………………………………………………………は、」

向日葵「はああああああああああああああああああああああああっ!!?」
櫻子「はあああああああああああああああああああああああああっ!!?」

向日葵「ってぇ! どうして櫻子まで一緒に叫んでますのよ!」

櫻子「ひ、向日葵が今にも叫びそうだったからつい!」

向日葵「なにがついなんですの……っていうか、なにがキスなんですの!?」

櫻子「き、キスじゃねーし! ちゅーだし! ちゅー!」

向日葵「同じじゃないの!」

櫻子「ちげーし! なんだろ、こう……なんかちがうの!」

向日葵「訳がわかりませんわ……!」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:23:51.82

向日葵「だ、だいたい! どうしてお願いがキス」

櫻子「ちゅー!」

向日葵「……ちゅ、ちゅー、なんですのよ……あなた、ついさっきまで私に嫌がらせしてやるとか意気込んでたじゃないの」

櫻子「……」

向日葵「……?」

櫻子「……だからだよ」

向日葵「え……?」

櫻子「向日葵、私のことなんて嫌いでしょ?」

向日葵「……っ」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:26:24.47

櫻子「ね?」

向日葵「それは……」

櫻子「……」ジッ

向日葵「ぅ……」

櫻子「……」

向日葵「……」

向日葵「……そ、そうですわね! 好きか嫌いかで言えば.……嫌いかしらっ!」

櫻子「っ……」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:31:06.72

向日葵「……」

櫻子「……だからさ、それならいーじゃん」

向日葵「え……?」

櫻子「私のことが嫌いな向日葵が私にちゅーするんだよ? すげー屈辱でしょ!」

向日葵「なっ」

櫻子「敗者が勝者にちゅーとか、ふくじゅーって感じするじゃん。私からのお願いでも全然ヘンじゃないってば」

向日葵「あ、あなたねぇ……」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:35:48.76

櫻子「さ、私は準備おっけーだよ! どっからでもかかってこーい!」\アッケラカーン/

向日葵「……」

櫻子「どしたー向日葵? YOUさっさとちゅーしちゃいなよ!」

向日葵「……」

向日葵「……わかりました。わかりましたわよ」

櫻子「むっ、とうとうやる気になっ――」

向日葵「」スッ

櫻子「――へ?」

ちゅ


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:39:45.53

櫻子「」

向日葵「~~~っ!」サッ

櫻子「」

向日葵「し、しましたわ、よ」

櫻子「」

向日葵「……櫻子?」

櫻子「」

櫻子「……」

櫻子「……ぁ」

向日葵「ぁ?」

櫻子「浅いッ!!!」

向日葵「浅いッ!?」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:45:42.24

向日葵「ちょ、浅いってなによ!?」

櫻子「言葉のまんまだよこのダメダメ向日葵! なんだ今のは!」

向日葵「なにって……ちゅ、ちゅーですけど」

櫻子「ぶっぶーちがいまーす! 今のはでこちゅって言うんでーす!」

向日葵「なっ、同じでしょう!?」

櫻子「どこが!? 私はちゅーしろっつったの! 勝者の命令は絶対なの! 向日葵は私にちゅーするのー!」

向日葵「そ、そんなぁ……」

櫻子「……、口に!!!」

向日葵「口に!?」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:49:06.95

向日葵「ってなんでですのー」テシッ

櫻子「オイコラ、キャラ間違えたフリしてもダメダメだかんね」

向日葵「くっ」

櫻子「ほら、とにかくさっさとちゅーしろちゅー。いつまでもグダグダ言うのはみっともないぞ負け犬ー」ンー

向日葵「ちょっ、顔近づけないでくださる!? ……いえ、やっぱり近づけなさいな」

櫻子「は? なんで?」パッ

向日葵「そんなにちゅーがしたいなら、さ、櫻子からすればいいじゃありませんの……」ポッ

櫻子「は? なんで?」

向日葵「へ?」

櫻子「私は向日葵にちゅーしろって言ったんだよ? 私が向日葵にちゅーしたいんじゃなくて、向日葵が私にちゅーすんの。分かってなかったの? バカじゃないの向日葵?」

向日葵「」


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:02:17.30

向日葵「さ、櫻子に真顔で責められる日が来るなんて……」ガクッ

櫻子「もー向日葵、そんなヒザなんてついてないで立ちなって。んでちゅーしなって」

向日葵「うぅ……」フラッ

櫻子「へいかもーん」カモーン

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「(うっ……そんな無防備な目で、みられると……)」

櫻子「……ほら、早くしなって」ンー

向日葵「っ……」

向日葵「……」

向日葵「……じゃあ、し、します、わ」

櫻子「ん……」



ちゅっ


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:06:06.48

櫻子「」

向日葵「~~~~~~っ!!」バッ

櫻子「」

向日葵「(し、しちゃった! しちゃった!)」

櫻子「」

向日葵「(一瞬で、ドキドキで、ぜんぜんなんにもわからなかったけど)」

櫻子「」

向日葵「(櫻子と……キス)」

櫻子「」

向日葵「……さくらこ……?」

櫻子「……」

向日葵「ま、まさか……」

櫻子「……ぁ」

櫻子「浅いッ!!!」

向日葵「またぁ!?」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:10:52.33

櫻子「つーか、違うっ!!」

向日葵「なにがですの!?」

櫻子「なにもかもが、違う! 違うよ、ぜんぜん違うよ!」

向日葵「ですからなにが!? 私、ちゃんとキスしましたわよ!?」

櫻子「キスじゃない! ちゅー!」

向日葵「ああもう、ちゅーですわね!? したじゃない、ちゅーって!」

櫻子「してなーい! さっき向日葵がやったのはちゅっ! 私がやれって言ったのはちゅー!」

向日葵「は?」

櫻子「だから、ちゅっ、じゃなくて、ちゅー」

向日葵「で?」

櫻子「やり直せ」

向日葵「」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:19:12.44

櫻子「へいへーい、かもーん、ちゅー、みー」チョイチョイ

向日葵「徹底してキスでなくちゅーですのね……」

櫻子「だってキスじゃなくてちゅーだし」

向日葵「その頑固さはどこから来ますの……」

櫻子「どこだって言いじゃん。ていうかおしゃべり長すぎだって。時間稼ぎしてない?」

向日葵「い、いいでしょうそのくらいっ! 私にも私のタイミングというものがありますの……」

向日葵「(心臓のばくばくが止まりませんの……)」

櫻子「はぁ? ダメに決まってんじゃん」

向日葵「」

櫻子「負け犬が自分のタイミングとか贅沢言えると思ってんの?」

向日葵「」

櫻子「つべこべ言ってないでとっととちゅーしろって負けっぱい」

向日葵「」ビキッ ビキビキッッッ


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:26:22.96

向日葵「ああああああああああああもおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

櫻子「!?」ビクッ

向日葵「櫻子!!!!!!!!」

櫻子「は、はいっ!?」

向日葵「目、閉じなさい!!!!!!!」

櫻子「え!? え!!?」

向日葵「は・や・く・閉じなさいっ!!!!!!!」

櫻子「は、はいぃ!!」ギュッ

向日葵「ッ」

向日葵「――」



ちゅー


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:39:50.96

向日葵「んっ……」

櫻子「ん……っ」

向日葵「(な、んですの、これ……)」

櫻子「(……すごい……)」

向日葵「(ぜ、全身がこわばってるのに、今にも腰が抜けちゃいそう……っ)」

櫻子「(だめ、ちからはいらない……)」

向日葵「(でも、指一本も動かせない……)」

櫻子「(ふるえてる、ひまわり)」

向日葵「(櫻子のくちびる、ちいさくて、)」

櫻子「(あまくて、)」

向日葵「(やわらかくて、)」

櫻子「(あつい……)」
向日葵「(あつい……)」


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:47:42.69

向日葵「っ」バッ

櫻子「っ」パッ

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「し……」

櫻子「……っ」

向日葵「しちゃいましたわ……ね」

櫻子「……そ、そだね」


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:53:20.17

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「(だ、だめっ、櫻子の顔がまともに見れませんわ……)」

向日葵「……」チラッ

櫻子「!」プイッ

向日葵「!」プイッ

向日葵「(あああ、あっちも見てたぁ~!)」

向日葵「(み、見られてないわよね、見られてませんわよね!?)」

向日葵「(櫻子の顔を見れない以上に、こんなに真っ赤な顔、絶対に見せられませんわ……!)」

向日葵「(うぅ~……ここが私の部屋でなかったらすぐにでも逃げ出せたのにぃ~……)」


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 02:05:02.26

向日葵「(顔が見れないとヘタに話しかけられもしませんし……)」

向日葵「(櫻子、早くなにか喋って~……!)」

櫻子「……」

櫻子「」スクッ

向日葵「!」

向日葵「(た、立った? 櫻子、立ちましたの?)」

櫻子「向日葵」

向日葵「なッ、ナンデスノッ!?」

向日葵「(クソ裏返りましたわ!)」

櫻子「帰る」

向日葵「へ?」

櫻子「もー帰る」

向日葵「あ、そ、そうですの? そうですわね、私ももう帰った方がいいと思いますわ。ええ、気をつけて帰りなさいな」

向日葵「(私は壁に向かって何をベラベラと喋ってるのかしら……)」


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 02:12:58.88

櫻子「……」テクテク

ピシャッ

向日葵「……」

向日葵「…………」

向日葵「………………」

向日葵「はぁああああ……っ」

櫻子「向日葵」

向日葵「ひゃいっ!?」

櫻子「……」

向日葵「さ、櫻子!? まだ帰ってなかったんですの!?」

櫻子「うん」

向日葵「だからって、扉越しに話しかけるとかやめなさいよ、心臓に悪いですわ……」


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 02:20:03.79

櫻子「あはは、ごめんごめん」

向日葵「棒読みですわね……で、まだなにかありますの?」

櫻子「うん。言い忘れてたんだけどさ」

向日葵「?」

櫻子「この罰ゲーム、今日で終わりじゃないから」

向日葵「」


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 02:25:17.62

向日葵「ってなんでですのー」テシッ

櫻子「キャラ間違えたフリしてもダメダメだっての」

向日葵「くっ……って、そうでなくてもなんでですの!? 今だけで、さ、3回もキス」

櫻子「ちゅー」

向日葵「ちゅー!! ちゅーしたんですのよ!!! ちゅー!!!!!!」ヤケクソ

櫻子「だから、でこちゅとちゅっとちゅーだって。つまりちゅーは1回」

向日葵「えぇー……」

櫻子「言っとくけど、もう勝負が決まってたのに向日葵のワガママに付き合ってあげたんだからね」

向日葵「うっ……」

櫻子「こんぐらい当然でしょ」

向日葵「ぐぅ……」

櫻子「つーか、これからっしょ」

向日葵「うぐぅ……!」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 02:31:58.25

櫻子「今日は1回しかさせてないから、この調子だと少なくても一週間は続くかなー」

向日葵「い、一週間!?」

櫻子「そんじゃ、今度こそほんとに帰るから。また明日ー」トテテテッ

向日葵「あっ待ちなさい!」ガラッ

向日葵「櫻子! って……もういない……」

向日葵「……」

向日葵「……」

向日葵「……」

向日葵「一週間……?」

向日葵「今日みたいに、」

向日葵「櫻子と、」

向日葵「一週間、」

向日葵「……ちゅー……」

向日葵「っ」

向日葵「うそでしょ……?」


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 02:34:10.68

第一部完!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


関連記事

■コメント

■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング