スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子「私よりちなつちゃんが好きなんら…」向日葵「……はい?」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:16:41.78

あかり『クリスマスデートのあとに結衣ちゃん家でみんなでパーティー中だよ!』


櫻子「そおなんでしょぉ~!」

向日葵「ちょっと櫻子…あなたもしかして酔ってるの?」

櫻子「酔ってらい」

向日葵「呂律が回ってないじゃない…」

櫻子「うるさーい!」

あかり「あわわ、櫻子ちゃん大丈夫?」

結衣「子供用シャンパンだったけど一応アルコール入ってるからな…」

綾乃「えっ!?そうだったの!?」

千歳「なんや、綾乃ちゃん知らなかったん?」

綾乃「当たり前じゃない!み、未成年なのに飲酒なんて…バレたら罰金バッキンガムよ!?」

結衣「ブフッ!」

千歳「アルコール言うても0.01%やし、子供用って書いてあるから大丈夫やよ~」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:18:01.97

櫻子「うう…あかりちゃん、向日葵がいじめるよー!」ガバッ

あかり「きゃっ!」

櫻子「あかりちゃん、あかりちゃーん!」グスグス

あかり「よ、よしよし」ナデナデ

向日葵「…」ムッ

京子千歳ちなつ(こ、これは…!)

京子(酔った振りしてちなつちゃんに…)
ちなつ(酔った振りして結衣先輩に…)

千歳「…」スッ


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:20:21.24

千歳(京子「酔っちゃった…」)

千歳(綾乃「え?でもアルコールは0.01%って…」)

千歳(京子「お酒じゃなくて…」

千歳(京子「綾乃に…ね」)

千歳(綾乃「…!……じゃ、じゃあ…」)

千歳(綾乃「もっと、酔わせてあげる…」)

千歳(京子「あ、綾乃…?きゃっ!」)


千歳「ええわぁ…」ダボダボ

あかり「あわわわ!」サッ

千歳「あ、大丈夫やで。さっき赤座さんからもらったティッシュあるから。ありがとな~」ギュッギュッ


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:24:17.04

京子「……うへへへ~ちなつちゃーん!」チュー

ちなつ「…」サッ

京子「ぶべっ!」

ちなつ「結衣先輩…私もなんだか酔っ払っちゃったみたい…」ススス…

結衣「え、大丈夫?」

ちなつ「はい…でも少し肩貸してもらっていいですか?」

結衣「うん、いいよ」

ちなつ「ありがとうございます…(よっしゃー!)」コテン

京子「………」

京子「わ、私もなんだか酔っちゃ…」

結衣「うそつけ」

京子「なんでだよー!」

結衣「酔ってフリしてちなつちゃんに変なことしようとしただけだろ」

京子ちなつ(ギクッ!)


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:25:43.58

結衣「大体お前いつも抱きついたりキスしようとしてるんだから酔ったフリしてる意味ないだろ」

京子「そうだったー!」ガーン

結衣「アホ」

ちなつ(ぷぷぷ)

結衣「…それに、京子が酔ってないか酔ってるかぐらい顔見れば分かるよ。幼馴染なんだから」

京子「!結衣…」

ちなつ「…」ムッ

ちなつ「……うっ…結衣せんぱぁい…」

結衣「どうした?吐きそう?」

ちなつ「ちょっと気持ち悪いかもです…」

結衣「じゃあトイレに…」

ちなつ「いえ、それよりもちょっと横になりたいかな…なんて…」

ちなつ(結衣「じゃあベットルームに行こう。あそこなら二人きりだよ、ちなつ」キリッ)

ちなつ(結衣せんぱい…)キュン


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:29:35.75

結衣「いいよ、ここおいで」ポンポン

京子ちなつ「!?」

ちなつ「い、いいんですか!?」

結衣「え?うん」

ちなつ(ひっ膝枕…結衣先輩の膝枕…)ドキドキ

ちなつ「おっおじゃましまー…」

京子「ちなつちゃあーん!」ガバッ

ちなつ「きゃっちょっと京子先輩!」

京子「具合が悪いなら私の膝でお休み!」スリスリスリスリ

結衣「おい、京子!ちなつちゃん具合悪いんだからふざけ…」

ちなつ「やめてください!私は結衣先輩の膝がいいんです!」ゲシッ

京子「あぁん!」

結衣「…」ポカーン

ちなつ「!」ハッ


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:32:01.94

ちなつ「ち、違うんです結衣先輩これは…!」

結衣「げ、元気になったみたいだね。よかった」あはは…

ちなつ(ガーン!)

ちなつ(くっ…こいつのせいで…)プルプル

京子「さっ!カモーン☆ちなつちゃん!」

ちなつ「行きません!」

結衣(なんだったんだ一体…)


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:33:41.81

綾乃「………」ジー

千歳「綾乃ちゃんも酔ったフリして歳納さんに甘えればええのに」コソッ

綾乃「なっ!?何言ってんのよ!私は別に歳納京子になんか…!」

京子「へ?呼んだ?」

綾乃「っ…!」カァーッ

綾乃「呼んでないわよ!バカッ!」

京子「なんだよもうー綾乃も酔っちゃえば楽しいのに」

綾乃「私は生徒会副会長よ!酔うわけないでしょ!」

京子「あ、飲ませてあげようか?」

綾乃「なっ…!?」

千歳「!!!!??」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:35:55.89

千歳(京子「綾乃、わかめ酒って知ってる?」)

千歳(綾乃「わかめ酒?聞いたことないわね…」)

千歳(京子「じゃあ飲ませてあげる。ちょっと待ってて…」シュルッ)

千歳(綾乃「なっ…!?」カァッ)

千歳(京子「ほら…これがわかめ酒。本当は毛がわかめに見えるからわかめ酒って言うらしいんだけど…ごめんね、私まだ生えてなくて…」)

千歳(綾乃「……構わないわ。だって…」)

千歳(綾乃「こっちの方が、飲みやすいでしょう?」ニコッ)

千歳(京子「綾乃…」)

千歳(京子「め・し・あ・が・れ(はぁと」)


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:37:44.53

千歳「SSだから過激やわぁ」ダボダボ

京子「うおっ!シャンパンが赤ワインに!」

結衣「言ってる場合か!」

綾乃「ティッシュティッシュ!」

千歳「大丈夫やで~赤座さんにもらったティッシュが…ありゃ?使い切ってもうた~」ダボダボ

綾乃「きゃあああああ!」

京子「あかり!あかりー!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:40:15.34

あかり「?はーい!ごめんね、櫻子ちゃん。ちょっと行ってくるね」

櫻子「えー!やぁだぁ…あかりちゃーん!」グスグス

あかり「す、すぐ戻ってくるから」

向日葵「櫻子、赤座さんも困らせるんじゃありませんわ」

櫻子「ふんっ!」プイッ

向日葵「…」ムカッ

櫻子「あかりちゃん、あきゃりちゃーん!」ぎゅうううう…

あかり「え、えっと…」オロオロ

向日葵「ほら!赤座さんが困ってるでしょう!こっちいらっしゃい!」グイッ

櫻子「あぁん!あかりちゃーん!」

あかり「ありがとう向日葵ちゃん。ごめんね、櫻子ちゃん」

向日葵「いいえ」

櫻子「あぁ…あかりちゃん…」シュン

向日葵「…ふん」パッ

櫻子「あてっ!」ズベシ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:43:09.98

櫻子「いたーい!」

向日葵「そのぐらいどうってことありませんわ」

櫻子「あるもん!向日葵のバカ!」

向日葵「櫻子に言われたくありませんわ」

櫻子「ふん…バカバカ。バカッパイ」

向日葵「その口ねじ切りますわよ」

櫻子「うう…向日葵のばかぁー…」グスッ

向日葵「ちょ、ちょっと…」

櫻子「向日葵なんてちなつちゃんにデレデレしてればいいんだ…」

向日葵「なにをバカなことを…」

櫻子「だって昼間のデートちなつちゃんがよかったって言った…」グスグス

向日葵「えっ…」ドキッ

櫻子「私よりちなつちゃんがいいんだ…」グスグス

向日葵「それは…あなただって赤座さんがいいって…」

櫻子「ちなつちゃんのが好きなんだ…」グスグス


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:47:02.83

向日葵「だ、だから…」

櫻子「私じゃなくてちなつちゃんが幼馴染のがよかったんだ…」グスグス

向日葵「……バカ」ペチ

櫻子「ふへぇ…?」

向日葵「わたくしの幼馴染は…櫻子だけですわ」

櫻子「向日葵…」

向日葵「そうでしょう?」

櫻子「うん…」グスッ

向日葵「だから…あなたの幼馴染も、わたくしだけなんですからね」

櫻子「え?」

向日葵「…」カァーッ


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:47:50.81

櫻子「向日葵」

向日葵「な、なんですの」

櫻子「ちなつちゃんより私のが好き?」

向日葵「えっ!?」

櫻子「好き?」

向日葵「そ、それは…」

櫻子「…」ジー

向日葵(うっ…)

向日葵「まぁ…その…幼馴染ですからね…」カァッ

櫻子「…えへへー」ギュッ

向日葵「!?」

櫻子「向日葵ー」ギュギューッ

向日葵(ひゃああああああ!)カァァァッ

向日葵「」バタン


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:50:24.41

櫻子「…あれ?向日葵?」

向日葵「うーん…」グルグル

櫻子「おーい向日葵ー」ツンツン

あかり「櫻子ちゃんお待たせーってきゃああああ!?」

櫻子「あ、あかりひゃーん」

あかり「どうしたの!?なにがあったの!?」

櫻子「急に寝ちゃったー」

あかり「寝ちゃったの!?だって顔真っ赤で目回ってるよ!?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:53:46.62

綾乃「千歳ー!千歳ー!」

千歳「あかんちょっと…血出しすぎたみたいやわ…」クラクラ

京子「そりゃああんだけ赤ワイン製造すれば…」

結衣「今布団敷くから横に…」

千歳「布団!?」ギラッ


千歳(結衣「今布団敷くから待ってて」)

千歳(綾乃「…や、やっぱりだめよこんなの!だって私には歳納京子が…」)

千歳(結衣「綾乃…」ギュッ)

千歳(綾乃「ふ、船見さん!?」)

千歳(結衣「一晩だけ…一晩だけでいいから…私のものになってくれないか?」)

千歳(綾乃「だ、だめよ…私は歳納京子が…んむっ!?」)

千歳(結衣「んっ…ちゅ…」)

千歳(綾乃「んん…む…ぷはっ…」トロン)

千歳(結衣「京子にはないテクニック、見せてあげるよ」ペロッ)

千歳(綾乃「あぁん!」)


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:55:28.63

千歳「あかん!」ぶばばっ!

結衣「うわっ!また!」

綾乃「千歳ー!」

京子「ティッシュティッシュ!…げ!今あかりに貰ったやつもうない!」

綾乃「なんですってー!?」

京子「あかりー!あかりー!」

あかり「大変だよぉ!向日葵ちゃんが倒れちゃった!」テテテッ

結衣「そっちも!?」

あかり「そっちもって…きゃー!先輩!」

京子「あかりティッシュは!?」

あかり「も、もうないよぉ!」

結衣「あかり、廊下にあるクローゼットにティッシュの箱あるから取ってきて!私はその間に二人が使う布団を…」

千歳「───!」ビクンビクンッ

綾乃「け、痙攣!?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:58:11.64

京子「あかり早くティッシュ!」

あかり「は、はーい!」

ちなつ(ったくよーこんな子供騙しのシャンパンで酔えるかっての)グビグビ

櫻子「キャハハハハ!おっぱいー!」ボイーンボイーン

向日葵「」

………
……


翌日

向日葵「う、うーん…」

結衣「あ、起きた?」

向日葵「えっ…?船見先輩…ここは…」

結衣「私の家。昨日パーティーの途中で倒れちゃったんだよ。覚えてない?」

向日葵「えっと………あ」カァッ

結衣「?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:59:12.08

向日葵「も、申し訳ありませんご迷惑を…」

結衣「あはは、大丈夫大丈夫。他のみんなも泊まったから」

向日葵「え…」キョロ


あかり「うう…みんなあかりに気づいてよぉ…透明はやだよぉ…」ムニャムニャ

ちなつ「結衣せんぱ…っててめぇかこらぁ…」ムニャムニャ

京子「結衣ぃ…ミラ…ちなつちゃんはわたさんぞぉ…」ムニャムニャ

綾乃「血…血がぁ…」ムニャムニャ

千歳「ひじき…ひじきとレバーがあれば…勇気百倍…」ムニャムニャ

櫻子「ボインボイン…許すまじ…」ムニャムニャ


向日葵(うわぁ…)

結衣「雑魚寝でごめんね。体大丈夫?」

向日葵「はい、もうすっかり」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:01:55.54

結衣「そっか。あ、親御さんにはちゃんと連絡しておいたから」

向日葵「な、何から何まで本当に申し訳ありません…」

結衣「平気だよ。これぐらいのことは誰かさんで馴れてるからね」

向日葵「?」

京子「ラムレーズン百個とならちなつちゃんと交換してもいいぞぉ…」ムニャムニャ

結衣(こいつなんてことを…)

向日葵「……………」

向日葵「あの…」

結衣「うん?」

向日葵「お二人も幼馴染なんですよね?」

結衣「私と京子?そうだよ。あかりもいれて三人だけど」

向日葵「あの…ちょっと変なこと聞くかもしれませんが…」

結衣「なに?」

向日葵「歳納先輩相手にドキドキって…しますか?」

結衣「え!?」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:04:00.94

向日葵「…しますか?」

結衣「うーん…ドキドキかぁ…」

向日葵「………」

結衣「ドキドキはしないけど…安心する、かな」

向日葵「安心…」

結衣「うん。あ、でも違う意味でドキドキはさせられるけど」

向日葵(そうですわよね…ドキドキなんて普通…)

結衣「……でもそうだな」

結衣「そういう意味でのドキドキもいいかもしれないね」

向日葵「え…」

結衣「ね?」

向日葵「……はいっ」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:06:49.02

結衣「ちなみになんであかりじゃなくて京子だと思ったの?」

向日葵「女の勘…かしら」

結衣「そっか」あははっ

向日葵「はい」ふふっ


京子「んー…」パカッ

京子「腹減った!」ガバッ

結衣「うわっ」

京子「結衣ー腹減ったー」

結衣「起きて早々うるさい!」

京子「腹減ったんだもーん!」

綾乃「うーん…?(歳納京子の声…)」ムクッ

ちなつ(結衣先輩の声がする…)ムクッ

千歳(ハッ!何かがうちを呼んでる…!)ガバッ

あかり「ふぇ…?」ムクッ

櫻子「…」ムニャムニャ


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:08:44.53

結衣「ほら、お前の声がうるさいから」

京子「結衣の声だってうるさかったよ!」

京子「…ってそれより腹減ったー!」

結衣「はいはい。今用意するよ(って言っても八人分か…どうしようかな)」

ちなつ「あ!結衣先輩手伝います!」ガバッ

結衣「助かるよ」

千歳「せやけど船見さん一人暮らしやろ?急に八人分の朝ごはんなんて無理やない?」

結衣「まぁ正直…」

京子「えー腹減ったー」

結衣「うるさい」

向日葵「あ、わたくし達はもう失礼します。ほら櫻子、起きなさい」ユサユサ

櫻子「…」ムニャムニャ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:10:25.13

結衣「え?でも…」

向日葵「昨日もご迷惑かけたのに朝ごはんまでご馳走になるわけにはいきませんわ」ユサユサ

櫻子「…」ムニャムニャ

千歳「せやなぁうちらも帰ろうか?」

綾乃「そうね」

結衣「なんかごめんね」

千歳「謝るのはうちの方やわ~迷惑かけてごめんなぁ」

ちなつ「(何故か帰らなきゃいけない雰囲気になってる…はぁ…お泊りできただけよしとしようかな)結衣先輩私も…」

京子「みんな帰るの?じゃあねー」

ちなつ(んなっ!?)

結衣「お前は帰らないのか」

京子「?うん。腹減ったもん」

結衣(こいつ…)


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:13:53.33

ちなつ「結衣先輩私も!私も朝ごはんご馳走になっていっていいですか!!?」

結衣「う、うん。どうぞ」

ちなつ「きゃー!ありがとうございますぅ!」

あかり「あ、じゃああかりも…」

京子「今日も結衣ン家泊まろっかなー」

ちなつ「!!!!?」

結衣「おい」

京子「いいじゃん。だめ?」

結衣「別にいいけど…」

ちなつ「わ、私も!私も泊まっていいですか!?」

結衣「え?家は大丈夫なの?」

ちなつ「うっ…(二日連続で外泊は厳しいかも…)」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:16:38.85

あかり「あか…」

京子「大丈夫ー!」

結衣「お前に聞いてねぇよ」

ちなつ(チィィィィィ!)ギリッ

千歳「ほなうちら行くな」

綾乃「お邪魔しました」

結衣「あ、玄関まで送るよ」

京子「見送りは私がやるから飯作って」

綾乃「な!?み、見送りなんて結構よ!」

ちなつ「料理手伝います!」

あかり「あかりも料理手伝う!」

京子「ん?あかりは帰んないの?」

あかり「ひどいよ京子ちゃーん!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:18:37.39

ガヤガヤ

向日葵「櫻子!ほら!起きなさい!」ビシビシッ

櫻子「ふにゃ?」

向日葵「帰りますわよ。支度なさい」

櫻子「えぇ…?」ムニャ

向日葵「いいから支度!」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:21:36.26

帰り道

櫻子「頭いたーい…」

向日葵「全く…あんなもので酔うなんて…」

櫻子「私は向日葵と違って繊細なんですぅー」

向日葵「なんですって!」

櫻子「あっ…やめて…頭に響く…」クラクラ

向日葵「全く…」

向日葵「………」

向日葵「櫻子……その…昨日のは…」

櫻子「え?」

向日葵「だから…昨日のっ…」カァァァッ

櫻子「昨日の…?なんだっけ?」

向日葵「」

向日葵「お、覚えてないんですの?」

櫻子「なにが?」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:24:06.94

向日葵「だから昨日酔っ払いながら…」

櫻子「お酒飲んだあとのことなら覚えてないよ?」

向日葵「」

向日葵「!」ハッ

向日葵「覚えてないですって!?」

櫻子「あ…やめて…大きい声出さないで…」クラッ

向日葵「お、覚えてないって本当ですの?」

櫻子「うん」

向日葵「…全然?」

櫻子「全然」

向日葵(こ、このバカ女ぁ~…)プルプル


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:26:55.14

櫻子「?」

向日葵「………はぁ…」

向日葵(まぁ櫻子がバカなのは今に始まったことじゃないですわね…)

向日葵(バカみたい…いつも私だけがドキドキして…)

向日葵(結衣「そういう意味でのドキドキもいいかもしれないね」)

向日葵「………」

櫻子「あれ?あかりちゃんからメールだ」

櫻子「あちゃー…私船見先輩の家に財布忘れ…」

向日葵「櫻子」

櫻子「へ?」

向日葵「櫻子はわたくしより赤座さんが好きなんですのね…」

櫻子「……え!?」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:28:42.59

向日葵「わたくしと一緒にいるのに赤座さんとメールなんかして…」

櫻子「いや…だって財布…」

向日葵「櫻子は…」

向日葵「わたくしより赤座さんのが好きなんですの…?」

櫻子「えぇっ!?」カァッ

櫻子「えっ、い、いや…急になにをっ…」キョドキョド

向日葵「赤座さんのが好きなんですのね…」シュン

櫻子「っ…!」ドキッ

櫻子(あ、あれ?)ドキドキ


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 22:30:47.57

向日葵「……………」

向日葵(…今までのお返しですわ)ベー

櫻子「ひ、向日葵…?」

向日葵「大好きな赤座さんに返信しなくていいんですの?」

櫻子「や、だからただ財布を…」

向日葵(せいぜい櫻子も…)

向日葵「早くわたくしより大好きな赤座さんにメールしなさいよ」

櫻子「向日葵ぃ!」

向日葵(わたくしに、ドキドキすればいいんですわ)ふふっ




\オッワリーン/


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

やっぱひまさくたまらん

 [名無しさん]

ひまさく最高です

 [名無しさん]

みんなの感じもよかったよ!
楽しかったー
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。