スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾乃「…嫌じゃ…なかったわ///」

このエントリーをはてなブックマークに追加  


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:46:05.07

スーパー


綾乃「ふー、大体必要なものは揃ったしそろそろレジにいこうかしら」

綾乃「んー…」

綾乃「いや、ちょっとぐらい甘いもの買っても罰は当たらないわよ! きっとそう!」

綾乃「うんうん、それに甘いものを食べないと頭が回らないわ!」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:48:34.31

綾乃「プリンプリン~っと」

綾乃「あれ、今日アイスが安いんだ…」

綾乃「! ラムレーズンが安いわ…いつもあんなに高いのに…」

綾乃「そういえばこれ歳納京子が好きだったわね…」

綾乃「…」ガサガサ


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:51:10.40

杉浦宅


綾乃「ちょ、ちょっと買い過ぎたわね…冷凍庫が空いててよかった…」

綾乃「早速一つ食べてみようかしら」ヒョイパク

綾乃「! おいしー! とっても濃厚で甘-い!」モグモグ

綾乃「それにこのラム酒の風味がちょっと大人っぽくて贅沢だわ…」モグモグ

綾乃「おいしい…歳納京子がハマるのも納得ね…」モグモグ

綾乃「ふー、美味しかった!」

綾乃「…」

綾乃「これからプリンの代わりにラムレーズンにしようかしら」

綾乃「一仕事終えた後のラムレーズン…」ゴクリ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:53:41.40

綾乃「いいわね…明日からそうしましょう」

綾乃「でもアイスだから持って行く間に溶けないかしら…」

綾乃「毎日毎日クーラーボックス持って行くっていうのもちょっと大変ね」

綾乃「まとめて持って行って生徒会室の冷凍庫に入れておけばいいか」




翌日 生徒会室


綾乃「ふー、何とか大丈夫みたいね。ちゃんと全部おさまったし」

綾乃「よし! 放課後のラムレーズンまで一日ファイトよ私!」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:56:01.94

教室


綾乃「あ、千歳おはよう!」

千歳「綾乃ちゃんおはようさん。あれ? 綾乃ちゃん?」

綾乃「どうしたの?」

千歳「ええことあったん? なんか嬉しそうやね」

綾乃「ふふっ。ちょっとね!」

千歳「歳納さんとうまいこといったん?」ニコ

綾乃「ちっ、違うわよ! なんで歳納京子がでてくるのよ!?///」

綾乃「ちゃんと放課後になったら理由を教えてあげるわよ」フフン

千歳「なんや気になるなー」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:58:18.71

京子「おっはよー!」ガラッ

綾乃「おはよう歳納京子」

千歳「おはようさん」

綾乃「歳納京子…あなたの気持ちが少しだけ理解できた気がするわ…」

京子「へ? 何のこと?」

千歳「!?」プヒュッ

結衣「おはよ…って朝から元気だな千歳は…」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:01:07.22

放課後 生徒会室


綾乃「さーて、一仕事がんばるわよっ!」

千歳「お、綾乃ちゃんいつにも増してやる気満点やなー」

綾乃「そりゃ元気も出るわ! 私には心強い味方が付いてるんだもの!」

千歳「えー何なん? そういえば朝の理由まだ教えてもろてなかったな」

綾乃「ふふっ、そうだったわね! 実は昨日ね…」

西垣「おーい、誰かいるかー?」ガラッ

千歳「あれ、先生どないしました?」

西垣「ああ、ちょうどよかった。ちょっと運んで欲しいものがあるんだがどっちか手伝ってくれないか?」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:03:45.83

千歳「ほなうちが行きます」

西垣「おおすまんな、すぐ終わると思うから」

千歳「そういうことで綾乃ちゃん、すぐ戻るからその時教えてな?」

綾乃「わかったわ」

千歳「ほないってきます~」ガラリ

綾乃「むむむ…なんだか拍子抜けしちゃったわね…」

綾乃(あの時の赤座さんってこんな気持ちだったのかしら)

綾乃「まあいいわ。すぐ戻ってくるだろうし先に仕事始めちゃおっと」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:06:22.76



櫻子「こんにちはー!」ガラッ

向日葵「遅くなって申し訳ありません」

綾乃「やっときたわね! 今日は整理する書類が多いから二人には頑張ってもらうわよ!」ビシッ

櫻子「うっ…いきなり書類の山かぁ~…」

向日葵「望むところですわ! これしきの書類!」

向日葵「まぁ、どこかの櫻子さんには少々荷が重そうですけど」チラッ

櫻子「むっ! よ、よゆーだもん! こんなの私が一瞬で片付けちゃうんだから!」

櫻子「まぁ、どこかの向日葵さんはおっぱいが邪魔で相当手間取りそうだけどー」チラッ

向日葵「む、胸の大きさは関係ないと何度言えば分かりますの…! 重要なのは手先の器用さですわ!」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:09:36.38

櫻子「どうだかー。おっぱいが重たくてすぐにへばっちゃうんじゃない?」

向日葵「むっ…」ギロッ

櫻子「ぐぬぬ…」ギロッ

綾乃(書類多いから早く始めて欲しいんだけど…あ…そうだわ)

綾乃「そうねぇ、この書類を多く整理できた方が現時点でより生徒会副会長に近いと考えることができるわね!」チラ

櫻子・向日葵「負けない もん(ですわ)!!!」ババッ



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:11:55.54

向日葵「私は247部整理しましたわ。櫻子は何部ですの?」

櫻子「わたしは全部で250部整理したもんね!」ドヤァ…

向日葵「そんな!? 櫻子ごときに…」ガクッ

櫻子「へへーん! 見たか私の力!」



櫻子(最初に簡単な書類しか取ってなかったんだけど気付いてないみたい! 楽勝ー!)ニシシ


綾乃「お疲れ様。二人が頑張ってくれたおかげで想像よりずっと早く片付いたわ」

櫻子「それにしても疲れたー」

向日葵「ええ、確かに今回ばかりは疲れましたわ…」

櫻子「飲み物~」パカッ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:14:39.74

櫻子「…ん? ああー!」

向日葵「どうしましたの?」

櫻子「アイスがいっぱいあるー!」キラキラ

綾乃「ああ、それおやつにしようと思って私が持ってきたの」

向日葵「残念でしたわね櫻子。それは先輩のですわよ」

櫻子「ぅー…」ジュルリ

綾乃「…」

綾乃「いいわ! 今日は二人ともよく働いてくれたし食べていいわよ」

向日葵「ええ!? 本当に構いませんの?」

櫻子「ぃやったー!! ありがとうございますー!」ヒョイパク

向日葵「ちょ、ちょっと!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:17:03.65

櫻子「おいしー!」

向日葵「櫻子いくらなんでも無遠慮すぎますわよ! このアイス高級品ですのよ!」

櫻子「え? そうなの?」

向日葵「私も食べたくてもたまにしか食べれないのにパクパクと…」

櫻子「あわわわ…」

綾乃「古谷さんもいいのよ遠慮しなくて。それにそれ安売りでたまたま安かったの」

向日葵「安売りと言いましても…」

向日葵「…」

向日葵「櫻子、半分残しなさい」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:19:44.90

櫻子「ほぇ? なんで?」

向日葵「で、ですから! こんな高級品を先輩から二つもいただくのは厚かましいですわ!」

向日葵「だから、その、櫻子とはんぶんこすれば、その…ひとつで間に合いますわ」

向日葵「…仕方なくですわよ///」

櫻子「わかった」

櫻子「じゃ、じゃあ…はい、あーん///」

向日葵「なっ!?///」

向日葵「なんでそうなりますの!」

櫻子「え? だ、だってはんぶんこするんでしょ? 仕方ないじゃん・・・///」

向日葵(うぅ…カップごと渡せばいいのに…櫻子のバカ///)


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:22:06.68

ア、アーン///  オイシイ?  エエ…///
ツギハワタクシノバンデスノヨ ハイアーン///


 

綾乃(この二人早く帰らないかしら…)



櫻子「あーおいしかったー」

向日葵「本当ですわ。先輩ありがとうございました」ペコリ

綾乃「いいのよ。むしろお礼を言うのはこっちの方よ」

綾乃「今日はもうすることないから帰ってもいいわよ」

向日葵「わかりました。それではお言葉に甘えてお先に失礼しますわ。櫻子帰りますわよ」

櫻子「あー待ってよー」タタッ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:24:22.50

綾乃「ふー、早めに終わったとはいえ千歳遅いわね…すぐ終わるって言ってたけど」



千歳「ただいまー」ガラリ

綾乃「おかえり千歳。ずいぶん遅かったじゃない?」

千歳「それがな、重たい機械運んでたんやけど途中でなんか燃え始めて大変やったんよー」

綾乃「燃え…一体何の機械運んでたのよ…」

千歳「それが先生、機密事項や言うて全然教えてくれへんかったわー」ケラケラ

綾乃「あからさまに怪しいわね…まあ今回は爆発しなかっただけましなのかしら…」

千歳「ほんまやわー」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:26:53.04

千歳「あれ? そういえば綾乃ちゃんこの書類…」

綾乃「ああ、千歳が出て行ってる間に古谷さんと大室さんが来て全部終わらせてくれたわ」

千歳「悪いなぁ、うち全然手伝えんで」

綾乃「いいのよ、千歳はずっと他の仕事をしてたわけだし」

千歳「まあ次何かあったら頑張るから見逃してな」

綾乃「ふふ、それでいいわよ」

千歳「…あー、にしてもあの機械重かったなぁ」ハァ

綾乃「ずいぶんお疲れみたいね…」

綾乃「そうだわ。千歳、アイス食べる?」

千歳「え? アイス?」

綾乃「そうそう。冷蔵庫に入ってるわ」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:29:06.58

千歳「どれどれ…? わぁ、こんなぎょうさんどうしたん?」

綾乃「昨日スーパーで…そうだ! それよ! 理由!」

千歳「え?」

綾乃「私が機嫌良さそうに見えた理由がそれよ! 安売りだったからつい大人買いしちゃったの」

千歳「ああ、そういうことやったんかぁ。でもええの? このアイス高いんちゃう?」

綾乃「いいのいいの。さっきの二人にもあげたし安かったのよ」

綾乃「それにこれは頑張った千歳へのご褒美よ!」

千歳「そういうんやったら遠慮なくいただこかな? はい綾乃ちゃんの分」

綾乃「ん、ありがと」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:31:31.12

千歳「ほないただきますー」パクッ

千歳「おいしいなぁこれ! 上品でとっても甘いわぁ」モグモグ

綾乃「ふふふ、そうでしょ? 濃厚なんだけどしつこくない甘さがたまらないのよねー」モグモグ

千歳「ほんまやねぇ~」モグモグ

綾乃「それにこのラム酒の風味が大人の味っていうかー」モグモグ

千歳「ほんまやねぇ~」モグ モグ

綾乃「こんなに美味しいものが待ってるんだから仕事にもやる気が出るってもんよ!」モグモグ

千歳「ほんまやねぇ~」   モグ   モグ

綾乃「千歳は何かおやつ持ってこないの?」モグモグ

千歳「ほんまやねぇ~」     モグ

綾乃「ん? 千歳?」

千歳「ほんまやねぇ~」ニコニコ

綾乃「ちょっと、どうしたの…?」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:33:50.61



千歳「…」ガタッ

綾乃「!?」ビクッ

千歳「綾乃ちゃん…」ジリジリ

綾乃「なっ、何!? (えっ? えっ!? なんか千歳怖い!)」ダラダラ

千歳「…」ガシッ

綾乃「ヒッ! (肩を掴まれた!?)」

千歳「ちゅー」グググッ

綾乃「え!? ちょ!///」グググッ


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:36:14.30

千歳「んー」グググッ

綾乃「お、落ち着いて千歳! 一体どうしたのよ!?」グイグイ

千歳「綾乃ちゃーん」グイグイ

綾乃「ちょ!?/// ちょっとまっ! 離れなさい千歳!」ググッ

千歳「んー」グイッ

綾乃「ぁっ…!?」スルッ



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:38:22.91


京子「綾乃ー! プリン食べさせろー!」ガラッ


綾乃「!? んんっ! んーっ! ふっ…んー!」ジタバタ

千歳「んー…///」チュー




京子「」



京子「えと…その…ごゆっくり…」ガラガラ バタン



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:40:50.59


綾乃「んー! んー!///」ジタバタ


綾乃「んー! んんー!」バタバタ



綾乃「…! ん~…」モゾモゾ



綾乃「んー…」





綾乃「…」グッタリ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:43:22.22

綾乃「…」



千歳「んっ…///」チロ

綾乃「!!? (えっ!? 舌…!?)」

千歳「ちゅ…ふっ…ん…」ヌルリ

綾乃「ふっ…!! んんーっ!」チュプ

千歳「れろ……ぁん…んっ…」

綾乃「ぁ…ん~っ!!! んんっ! ちゅ…ふっ…」


千歳「ぷは…」ツーッ


綾乃「ぁ…」トローン


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:45:59.94

千歳「ふふ、 綾乃ちゃん…ちゅっ…」チュー

綾乃「んぁっ…」ポー

パッ

綾乃「ふぇ…?」

スッ


千歳「」ペロ

綾乃「きゃっ!!?///」ゾクッ

綾乃「ちょっ! 耳っ!!///」

千歳「ちゅ…れろ…」ペロペロ

綾乃「やっ…だっ…あぁっ…///」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:48:43.53

千歳「んー」カプ

綾乃「ひゃっ!?///」ビクッ

綾乃「お、お願いよ! 耳はやめて! 耳はダメって、ひぃ!?///」ゾクゾク






千歳「ふふ…あやの…///」トイキ

綾乃「!!!!」ビックンビックン



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:51:11.68

綾乃「」コウコツ


千歳「ふふ、あやのちゃん…あやのちゃ…zzz」クタッ




綾乃「…」ゲッソリ

千歳「zzz…」

綾乃(うぅ…唇がヒリヒリする…)

綾乃(千歳は私に抱きついたまま寝ちゃった…)

綾乃「これからどうしよう…千歳を置いては帰れないし…かといって起こすとまた…」

綾乃「まあしばらくはこのままでもいっか…///」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:53:59.55

千歳「」スースー

綾乃(千歳あったかい…)

綾乃(さっきはいっぱいいっぱいで気付かなかったけど)

綾乃(千歳っていい匂いするのよね…///)

綾乃(どんなシャンプー使ってるのかしら?)スンスン

千歳「ん…」モゾ

綾乃「!!」

千歳「うぅん…」スースー

綾乃(…あーびっくりした。起きたかと思ったわ)


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:56:51.03

綾乃「…あ」

綾乃(さっき動いたから千歳のうなじがすぐそばに…)

綾乃(綺麗…)ゴクッ

綾乃「…」ペロリ

千歳「ぁんっ」ピクッ

綾乃「!」

千歳「んん…zzz」スースー

綾乃「ふぅ…」

綾乃(ちょっと待って今私何やったの)


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:58:59.90

綾乃(千歳のうなじを…)

綾乃(…)モヤモヤ

綾乃(違うわ。私は変態じゃない。…そうよ! いい匂いがする千歳がいけないんだわ! うん、きっとそう!)


綾乃(ぅ…流石に足が痺れてきたわ…どうすれば…)

綾乃「あ! 千鶴さんに迎えに来てもらえば…」

綾乃「双子で千歳の扱いはよく分かってるだろうしそのほうが安心アンコールワットね…」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:01:06.90

プルルル…

千鶴「はいもしもし」

綾乃「あ、千鶴さん? 杉浦です」

千鶴「杉浦さん、どうしました?」

綾乃「えーと、まだ学校にいるかしら?」

千鶴「はい、今日は日直だったのでまだ教室ですけど」

綾乃「よかったー、ならお願いがあるんだけどちょっと生徒会室まで来てくれないかしら?」

千鶴「かまいませんがどうしたんですか?」

綾乃「ちょっと千歳の様子が変っていうか…あ、いや今は寝てるんだけど」

千鶴「え…!? 姉さんが!? すぐ行きます!」プチッ


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:03:22.15

綾乃「いや別に深刻な事態とかじゃ…切れてる」

綾乃「…」回想中

綾乃「いや…よく考えたら意外と深刻ね…///」



千鶴「杉浦さん!姉さんは!」ガラッ

綾乃「あ、千鶴さん」

千鶴「え…密…着…?」

綾乃「あ、しまっ…」

千鶴「」ビチャビチャ

綾乃「ちょっ! 涎溢れてるわよ!」

綾乃「それにこれには事情が…」

千鶴「情事!?」ドバッ

綾乃「あーもう!///」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:06:02.88

千鶴「つまり姉さんがアイスを食べたら様子が変になってしがみついてきたと」ジュルッ

綾乃「え、ええそうよ」

千鶴「それはどのアイスですか?」

綾乃「その中にたくさん入ってるわ。ラムレーズンのアイスよ」

千鶴「…」クルクル

千鶴「やっぱり」

千鶴「ここを見てください」スッ

綾乃「え? えーと、アルコール分1.6%?」

千鶴「そうです。姉さんはものすごくお酒に弱いんです」

綾乃「そうだったの…それで酔っぱらってあんなことを…」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:08:30.82

千鶴「あんなことってどんなことですか?」ズズイッ

綾乃「え!? あ、いやだからその、私にしがみついてきて…」

千鶴「姉さんは酔っぱらうと性格が変わるんです。ものすごく積極的になって」

千鶴「キス魔になります」

綾乃「」

千鶴「杉浦さん。まだ全部は言ってませんよね?」ジリ…

綾乃「…ええ、確かに7割くらいのことはまだ言ってないわ」

綾乃「でもそれは後日にして。でないとあなたが脱水症状になるから」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:11:04.64

綾乃「今は千歳のことをお願い」

千鶴「!」スチャ

―千鶴vision―

綾乃「私の千歳をお願いね…///」


千鶴「だばー」ダラダラ

綾乃「って言ってるそばからー!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:13:15.86

翌日 生徒会室


綾乃「はぁ…あの後千歳大丈夫だったのかしら…」

綾乃「千歳がまさかあんなにお酒に弱かったなんて」

綾乃「あんなことが起こらないようにもうラムレーズンは持ってくるべきじゃないわね…」

綾乃(昨日の千歳…)

綾乃「…」モウソウチュウ



―――――

千歳「ふふ…あやの…///」

―――――



綾乃「だめだめだめだめ!」ブンブン

綾乃「今日残りのラムレーズンは持って帰るわ!///」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:15:46.50

千歳「綾乃ちゃんおる…?」ガラッ

綾乃「ちっ、千歳!」ビクッ

千歳「あの…昨日はごめんな…千鶴から聞いたわ…」シュン

綾乃「あっいや、いいのよ気にしないで!」アセアセ

綾乃(マ、マズいわ! 昨日のことが頭をよぎってとてもじゃないけど千歳を直視できない///)

千歳「うちが酔っぱらって綾乃ちゃんに色々破廉恥なこと…」

千歳「ほんまにごめんな…無理矢理ひどいことして…嫌やったやろ?」

綾乃「べ、別に問題有馬温泉よ!」

千歳「え?」

綾乃「え?」

千歳「嫌ちゃうん…?」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:18:07.33

綾乃「いっ、嫌って言うか何て言うかその! 
   ラムレーズン持ってきた私にも責任は無いとは言い切れないし? 
   突然様子の変わった千歳をすぐに抑えることができなかったのは
   生徒会副会長の私の失態ともいえるからやっぱりその甘んじて受け入れるべきっていうかその」

千歳「あ、綾乃ちゃん落ち着いて…」

綾乃「そ、そうね…」フゥ

綾乃「ドキドキしたけど、千歳にそういうことされたのは、その…」

綾乃「…嫌じゃ…なかったわ///」カァァ


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:20:17.31

千歳「え」

千歳「…ありがとう綾乃ちゃん。やっぱり優しいんやね」

綾乃「へ?」

千歳「でもうちに変な気使わんでええんやで? うちが無理矢理したんは事実なんやし…」

千歳「こんなんでお詫びになるか分からんけど、これからうちのできる範囲で何でも綾乃ちゃんの言うこと聞くから…」

綾乃「ちょ、ちょっと待ちなさい! だから私は別に気を使ってるわけじゃ・・・」

千歳「だってさっきから綾乃ちゃん、うちと全然目合わせてくれへんし…」ショボン



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:22:41.97

綾乃「そっ、それは…」

千歳「…」

綾乃(言えない…昨日のこと考えるとドキドキして直視できないなんて言えない…)

綾乃「…!」

綾乃「千歳! 今さっき何でも言うこと聞くって言ったわよね!?」

千歳「うん…こんなことで許してもらえる思てないけど」

綾乃「じゃあ早速してもらいたいことがあるわ!」

千歳「何?」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:25:08.19

綾乃「もうそんな風に私に謝らないこと!」

綾乃「私は嫌だったわけじゃないし怒ってもいないわ!」

千歳「…」

千歳「うん。わかったわ。綾乃ちゃんにはまた迷惑かけるかもしれんけどこれからもよろしくな?」ニコッ

綾乃「ふふっ、当たり前じゃない!」

千歳「ふふふ、ほな綾乃ちゃん今日も書類整理がんばろか?」

綾乃「そうね!」

綾乃「…あともうひとつ」

千歳「?」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 01:27:28.01





綾乃「…仕事が終わったらこのラムレーズン、一緒に食べましょ?///」




                                        おわり


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

京綾と思ったらまさかのあやちとだよ!
今度こそ千鶴が死んでしまう

 [   ]

待ちに待ったあやちときたー
最高だ

 [名無しさん]

あやちとss増えるといいなあ

 [名無しの萌さん]

あやちとはもっとはやるといいとおもうの

 [名無しさん]

あやちとは増える必ず
だって神ぃーじゃん

 [名無しさん]

非常に和んだ
そしてニヤニヤが止まらない
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。