スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子「月が綺麗だねー」向日葵「不束者ですが///」

このエントリーをはてなブックマークに追加  


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 00:40:32.55 ID:FexBJVMb0

櫻子「ん?」

向日葵「///」

櫻子「……?」

向日葵「櫻子。私、うれしい……」

櫻子「え? あー……うん。よかったね?」

向日葵「ええ///」

櫻子「……???」



~翌日~


向日葵「というわけで、今日からこちらでお世話になりますわ」ミツユビ

櫻子「!?」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 00:50:09.30 ID:FexBJVMb0

撫子「え? あー……うん。よろしくね?」

花子「よろしくだし」

向日葵「はいっ! よろしくおねがいいたしますわ!」フカブカー

櫻子「え? ちょ……え?」

向日葵「さあ櫻子、ご挨拶も済みましたし、ひとまず学校へ行きましょう?」ニギッ

櫻子「!?」バッ

向日葵「あっ」

櫻子「ちょ、ちょっと! な、なに手なんて握ってんの!」

向日葵「だって、手を繋いで登校したいじゃありませんの……」テレッ

櫻子「!!?」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 01:03:36.15 ID:FexBJVMb0

向日葵「……櫻子は、したくありませんの?」

櫻子「し、したくねーし!」

花子「ちょっと櫻子、花子もいる時にねーしとか言わないで欲しいし」

撫子「そうよもっとキャラ被り考えな」

櫻子「うっさーい! こっちは今それどころじゃないの!」ムキー

向日葵「きらわれた……櫻子に、きらわれた……」シクシク

櫻子「って向日葵が泣いてる!?」

向日葵「だ、だって……櫻子、私と手をつなぎたくないって……っ」グスッ

櫻子「んな、今更そんなことで……だいたい、向日葵だって私のこと嫌いでしょ!?」

向日葵「まさか! 嫌いになんてなりませんわ、絶対に!」キッ

櫻子「えっ?」

向日葵「当たり前でしょう? 婚姻届を交わした仲ですもの……」テレッ

櫻子「!?!?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 01:20:22.72 ID:FexBJVMb0

向日葵「これ……どうして忘れていたのかしら。昨夜、机の奥で見つけましたの」サッ

櫻子「……うわっ!? なにこれ、これが婚姻届!?」

向日葵「ええ、二人の愛の証ですわ」キャッ

櫻子「いやいやいやいや! 違うでしょ、ダメでしょこれ!?」

向日葵「なにがですの?」

櫻子「マジで言ってんの!?」

向日葵「マジで言ってますの。なにがダメなのか説明してくださる?」

櫻子「いや……え? だって、これ……ダメじゃん?」

向日葵「ですから、なにが?」

櫻子「だからぁ!? このね!? 落描きだらけのね!? 婚姻届じゃね!? 役所にね!? 出してもね!? ダメだからね!?」

向日葵「知ってますけど」サラッ

櫻子「あん!?」

向日葵「そもそも女性の婚姻適齢は16歳ですし日本では同性の結婚は認められていませんわ」ペラペラ

櫻子「意外と正気だ!?」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 01:38:48.94 ID:FexBJVMb0

向日葵「あのね櫻子。私はそういう意味でこの婚姻届を見せたんじゃありませんわ」

櫻子「え?」

向日葵「この婚姻届が有効だとか無効だとか。私達が法的に結婚出来るとか出来ないとか。そんなのは瑣末な事ですの」

櫻子「サマツ……?」

向日葵「些末です。大事なのは、櫻子。私とあなたが、どういう気持ちでこれを書いたか……それだけですわ」

櫻子「!」

向日葵「私の気持ちは、あの頃から何も変わっていませんわ」

櫻子「向日葵……」

向日葵「櫻子。願わくば、あなたも同じであれば……」

櫻子「……そっか。私、向日葵と……」

向日葵「櫻子……」

櫻子「って待てーい! 向日葵、さっき自分で『忘れてた』って言ったよね!? その大事な気持ちってのを!!」

向日葵「バレましたわ」チッ

櫻子「舌打ち!?」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 01:50:33.21 ID:FexBJVMb0

向日葵「確かに、昨夜までの私は何も覚えていませんでしたわ……」

向日葵「でも!」

向日葵「すべてを思い出した今なら言えます。胸を張って!」ボヨヨン

櫻子「おっぱい禁止!」

撫子「おっぱい禁止で」

花子「おっぱい禁止だし」

向日葵「……すべてを思い出した今なら、堂々と言えます!」キッ

向日葵「――」スゥー



向日葵「私は! 櫻子のことが!! 大好きですわーーーーーーーーーー!!!」



櫻子「っ!?///」




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 02:03:45.21 ID:FexBJVMb0

向日葵「櫻子ー! 私ですのーー!! 結婚してくださいましーーー!!!」アー

櫻子「ちょちょ、声でかいって! ここ玄関先だぞ!?///」

向日葵「ミキティーーーーーーーーーー!!!」ウオー

櫻子「人違いじゃボケェ!」

向日葵「櫻子ー! 愛してますわ! あなたに夢中ですの! 櫻子おおおおおおおおお!」

櫻子「うっ、ぐ、っくぅ~~~……! っああもう、向日葵!///」ニギッ

向日葵「!」

櫻子「学校行くよ、遅れちゃう!」ダッ

向日葵「さ、櫻子! 私の手を……」パァッ

櫻子「こうでもしないと動かないからだろ! いいから走れー!」

向日葵「うふふ……照れ屋さんなんだから……」ニタァ

櫻子「キモ怖い!!!」

タッタッタッタッ...

撫子「……結局、なんだったの? 今の茶番」

花子「花子に訊かれても困るし……」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 02:30:50.45 ID:FexBJVMb0

~教室~


櫻子「つ、着いたー!」

キーンコーンカーンコーン♪

櫻子「うおお……超ギリギリだったじゃん、もー……」フィー

あかり「あっ。櫻子ちゃん向日葵ちゃん、おはよー」ニコニコ

櫻子「あかりちゃーん! おっはよー!」

向日葵「おはようございますわ、赤座さん。吉川さんも」

ちなつ「おはよっ。今日は遅かったね」

櫻子「ホントだよー、朝からドタバタしちゃってさぁ」

あかり「なにかあったの?」

櫻子「う゛。そ、それは言えないっ」

ちなつ「……ねぇ櫻子ちゃん?」

櫻子「え?」

ちなつ「どうして向日葵ちゃんと手を繋いでるの?」

櫻子「えっ?」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 02:41:17.59 ID:FexBJVMb0

ちなつ「……」ジー

あかり「?」キョトン

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」キュッ

向日葵「♪」キュッ

櫻子「……」

櫻子「あっ!?」パッ

向日葵「あっ……」シュン

あかり「櫻子ちゃんと向日葵ちゃん、朝から仲良しだね~」ニコニコ

櫻子「あっ、いやっ、ちがっ……」オロオロ

向日葵「その通りですわ!」ガタッ

櫻子「向日葵!?」

向日葵「なにせ私と櫻子は……将来を誓い合った仲ですもの!!!」クワッ

櫻子「うおーい!?」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 02:53:12.59 ID:FexBJVMb0

ざわ…
  ざわ…

櫻子「はっ!?」

「将来……?」「大室さんと?」「古谷さんが?」「あるある」
「どゆこと?」「なになに?」「いつかやると思ってました」
「え、誰か結婚するの?」「やっぱり?」「あー……」「ねー」

櫻子「ななな……! ひ、向日葵ー!」ガー

向日葵「そんなに大声を出さなくても……大丈夫、ちゃんと傍にいますわ」ピトッ

櫻子「」ゾワッ

キャーミテミテアノフタリピッタリクッツイテルーカワイー

ちなつ「ま、まさか櫻子ちゃん達に先を越されるなんてっ……!」グヌッ

あかり「わぁ~。ふたりともおめでとうだよぉ~」パチパチ

櫻子「く、くぅうううっ……!?///」

向日葵「見て櫻子、クラスのみんなもすっかり祝福ムードですわ。これはもう事実上の結婚と言えるでしょう」

櫻子「言えねーよ!?」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 03:09:11.55 ID:FexBJVMb0

……

…………

………………

櫻子「昼休みッ……だー」ハァァ

あかり「さ、櫻子ちゃん? なんか、途中から元気なくなってたよっ?」

櫻子「疲れたんだよー……給食って、あんなに疲れるものだっけ……?」

ちなつ「ご飯から牛乳まで向日葵ちゃんが全部あーんしたがってたからじゃない?」

櫻子「だよねー……」ハァ

向日葵「さあ櫻子、行きますわよ!」

櫻子「えっ急になに!?」ビクッ

向日葵「なにじゃありませんわよ。お世話になった先輩方へ結婚のご報告をして回るんですわ」

櫻子「ごほう……っ!? や、やだよ! 行かない、絶対やだ!」

向日葵「もうっ、照れないでマイハニー/// うだうだ言ってねーで大人しくなさいな」ガシッ

櫻子「ぎにゃっ!? ちょ、首根っこつかむなー! 離せー! はーなーしーてー……!」

ズルズル...


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 03:25:36.43 ID:FexBJVMb0

~生徒会室~


向日葵「たのもう!」ガラッ

綾乃「!?」ビクッ

千歳「古谷さん? それに大室さんもおるやん。こんにちは~」フリフリ

向日葵「こんにちは、杉浦先輩。池田先輩」ペコリ

櫻子「ちはーす……」グッタリ

綾乃「もう、急に扉を開けるからビックリしたわ……」ドキドキ

向日葵「すみません先輩、どうしても気が逸ってしまいまして……」

千歳「ん、なんか用事でもあるん?」

向日葵「はい、とっても大事な」

綾乃「大事な用事……なにかしら?」

向日葵「はい、実は……」

綾乃「実は?」

向日葵「私達、結婚します!」キリッ

綾乃「∵」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 03:39:33.18 ID:FexBJVMb0

千歳「あらあらあらあら~」ボタボタ

櫻子「ちょっ、言うなってばー!」ギャー

向日葵「もう、櫻子ったら……シャイも大概になさいな」

櫻子「そんなんじゃねーっての! 向日葵こそいい加減にしてよ、怒るよ!?」キッ

向日葵「怒った顔も可愛いですわ」キリッ

櫻子「~~~っ!///」

向日葵「……あら、そろそろ次へ行きませんと……先輩方、慌ただしくなってしまいましたが失礼いたしますわ。さ、行きましょ櫻子」ガシッ

櫻子「だから引っ張んなってー!」

ズルズル... 

千歳「ほんま仲良くて羨ましいな~。なぁ綾乃ちゃん?」

綾乃「∵」

千歳「綾乃ちゃん……?」

綾乃「……」

綾乃「」

綾乃「∵」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 03:57:53.65 ID:FexBJVMb0

~2年5組~


ガラッ

向日葵「歳納先輩! 船見先輩!! 私達、結婚しました!!!」

結衣「!?」ブフゥ

京子「わぉ」パチクリ

櫻子「ひ、向日葵ー!? いきなり過ぎるでしょ……ってか結婚してないから!? する気もないし!」

向日葵「ふふふ……悠長に話していては櫻子が妨害してくるだろうと踏んでのことですわ」

櫻子「くっ、確かに今度は止めようと思ったけどさ……!」

向日葵「でしょう? 櫻子のことならなんでもお見通しですわ。ずっと見てきましたもの……ずーっと、ね」ジュルリ

櫻子「ひぃぃ……」ガタガタ


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 04:10:54.43 ID:FexBJVMb0

結衣「え、えっと……古谷さん? 大室さん?」

向日葵「なんでしょう、船見先輩」

結衣「いやあの、突然あんな衝撃カミングアウトされた直後にそんな冷静でいられても、こっちが困るんだけど……とりあえず、教室出とく?」

向日葵「お構いなく。照れ屋の櫻子はともかく、私は気にしませんので」ニッコリ

結衣「そ、そう? 古谷さんがそれでいいなら……うん、いいんだけどさ……」

向日葵「お気遣いありがとうございますわ」ペコリ

結衣「……」

京子「そんで? ふたり結婚すんの? した? マジ?」

向日葵「マジですわ」グッ

櫻子「マジじゃないですー!」

京子「ほうほう……じゃあなにかご祝儀をあげよう」

櫻子「えっなにかくれるんですか!」ガタッ

向日葵「(櫻子は鳥頭可愛い)」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 04:18:38.90 ID:FexBJVMb0

京子「なにがでるかな、なにがでるかな~」ガサゴソ

櫻子「」ワクワク

京子「じゃんっ! 出ました、残した昼の食パン~!」ジャーン

櫻子「やったー! 私パン好きですー!」

京子「ちなみにジャムだけ吸ったからないよ」

櫻子「えっ」

京子「ほい結婚おめでとう」ポスン

櫻子「えー……」ショボーン

向日葵「……はい櫻子、ダイエットの為に残してたジャムですわ」ポスン

櫻子「!」パァッ

京子「おおっ、私の食パンとひまっちゃんのジャムを合わせると……!」

櫻子「ジャムパンだー! 向日葵ありがとー!」

向日葵「喜んでくれて何よりですわ。では歳納先輩、私達はそろそろお暇いたしますわ。船見先輩も、お騒がせしました」

結衣「うん……ほんとに」

京子「おしあわせにねー」フリフリ


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 04:37:32.10 ID:FexBJVMb0

~廊下~


櫻子「はぐはぐはぐはぐ……ジャムパンうまい!」テーレッテレー

向日葵「そう、よかったですわね」

櫻子「うんっ」キュップイ

櫻子「……」

櫻子「」ハッ

櫻子「じゃなくてーーーーーーーーーー!?」ガー

向日葵「ビックリしましたわ……突然大声を出さないでくださる?」

櫻子「出すよ! そりゃ大声も出るよ! 向日葵ー!」

向日葵「なんですの?」

櫻子「さっきのなに!? また先輩方に誤解されちゃったじゃん!」

向日葵「誤解じゃありません、真実ですわ」

櫻子「だから真実じゃねーーーって! もぉおおおっ……いい加減にしてよこのおっぱい大入道っ!」バイーンッ

向日葵「きゃっ! ……もう櫻子ったら、こんな昼間から……」モジモジ

櫻子「……え?」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 05:03:32.34 ID:FexBJVMb0

向日葵「櫻子の気持ちは理解しているつもりですけれど……私だって我慢してるんですから、櫻子も。ね?」ネッ

櫻子「……」

向日葵「櫻子?」

櫻子「やり返して、こないの?」

向日葵「え?」

櫻子「いつもみたいに、『ナニサラシテケツカンネンコノダボガキャァ!』って」

向日葵「純粋に覚えがありませんけど」

櫻子「で、殴ったり、膝蹴りしたり」

櫻子「大外刈したり、4の字固めしたり」

櫻子「テキサスクローバーホールドしたり」

櫻子「空中元彌チョップしたり」

櫻子「しないの!?」

向日葵「……するわけないでしょう? 大好きな櫻子に」ニコッ

櫻子「……っ」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 05:17:06.36 ID:FexBJVMb0

向日葵「櫻子? どうしました?」

櫻子「……べつに、なんでもない」

向日葵「なんでもないって……」

櫻子「なんでもないったら!」ダッ

向日葵「あっ櫻子!?」

櫻子「もー知らないっ! 私先に戻る!」

タッタッタッタッ...

向日葵「ぁ……」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 05:37:39.47 ID:FexBJVMb0

……

…………

………………

キーンコーンカーンコーン♪

向日葵「櫻子」

櫻子「……なに?」

向日葵「今日の生徒会なんですけど、櫻子ひとりで行ってくださらない?」

櫻子「えっ……なに、なんで?」

向日葵「……私、反省しているんです。今日一日、櫻子に迷惑ばかりかけてしまったな……って」

櫻子「向日葵……」

向日葵「ですから頭を冷やす意味合いも兼ねて、今日だけはお休みをもらったんですの」

櫻子「そっか……うん、いいんじゃない?」

向日葵「よかった。じゃあ私は先に帰ってますから、先輩方にどうぞよろしく」

櫻子「うん、わかったー」テテテッ

向日葵「……」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 05:48:21.11 ID:FexBJVMb0

~生徒会室~


櫻子「ちわーっす!」ガラッ

綾乃「お、大室さん!」ドキッ

千歳「もうちょっと静かに開けなアカンで~」

櫻子「すんませーん」ティヒヒ

綾乃「えっと、大室さん。もしかしたら聞いてるかもだけど、今日は古谷さんは……」

櫻子「あ、はい。休むんですよね。知ってます」

綾乃「そう? ならいいんだけど」

櫻子「明日向日葵の仕事がなくなるくらいがんばりますよー! だから次期生徒会福会長はこの私に!」

綾乃「が、がんばり次第では考えておかなくもない……わ?」

櫻子「よっしゃー! がんばるぞー!」オーッ

綾乃「……」ソワッ


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 06:04:51.02 ID:FexBJVMb0

カリカリカリカリ...

綾乃「……」チラッ

櫻子「~♪」カリカリ

綾乃「ね、ねえ、大室さん?」

櫻子「ん、なんです?」ピタッ

綾乃「ちょっと、聞きづらいことなんだけど……」ハラハラ

櫻子「はい」

綾乃「あの……その……ほら、今日、昼休み……」ハラハラ

櫻子「?」

綾乃「古谷さん、言ってたわよね? えと、結婚……とか。するしない、って」ハラハラ

櫻子「あー……はい」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 06:16:44.88 ID:FexBJVMb0

綾乃「それで、それでね? 最初はビックリしたんだけど……」ハラハラ

櫻子「……」

綾乃「私もね、先輩としてどんな態度でいるべきか考えて……でも考えがまとまらなくて……」ハラハラ

櫻子「せんぱい……」

綾乃「で、それでなんだけど……こんな言い方、あなた達に失礼かもしれないんだけど……」ハラハラ

櫻子「……はい」

綾乃「大室さん……古谷さんも、ええと…………本気、なの……?」ハラハラ

櫻子「いえ反省して頭冷やすって向日葵の奴も言ってましたから冗談だったんじゃないですかね?」

綾乃「えっ」

櫻子「……」

綾乃「……」

綾乃「そ、」



綾乃「それなら安心アンコールワットね!」チョロッ

櫻子「(チョロい)」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 06:30:08.30 ID:FexBJVMb0

綾乃「もうっ、冗談なんて人が悪いわ! ビックリしちゃったじゃないの!」チョロッ

櫻子「えっへへ、どうもごめんなさい」

千歳「よかったなぁ綾乃ちゃん、驚きすぎの考えすぎで午後の授業全然聞こえてへんかったもんなー」

綾乃「ちょ、千歳! それは秘密って言ったじゃない!」

櫻子「先輩方……ご心配おかけしましたっ! 向日葵ともども、もう大丈夫です!」

綾乃「ええっ。それじゃあ大室さん、残りの仕事も一緒にがんばりましょう!」

櫻子「はーい!」

千歳「うふふ~」ニコニコ

……

…………

………………


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 07:09:32.14 ID:FexBJVMb0

櫻子「ふんふふ~ん♪」バカトクユウノステップ

櫻子「まったく、向日葵にも困ったもんだよ」

櫻子「人のこと一日中振り回しといてさー」

櫻子「反省してますで済んだらニューヨークポリスデパートメントはいらないっての」プンプン

櫻子「……」

櫻子「今日だけで、何回向日葵に好きって言われたんだろ」

櫻子「今日までと、どっちが多いんだろ」

櫻子「……」

櫻子「向日葵が、私のこと、好きとか」

櫻子「結婚しようとか、したいとか」

櫻子「それって、なんか」

櫻子「……」

櫻子「……なんか……」

櫻子「……」

テクテクテクテク...


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 07:10:56.00 ID:FexBJVMb0

~大室家~


櫻子「ただいまー」ガラッ

向日葵「お帰りなさい櫻子! ご飯にします? お風呂にします? それとも……わ・た・く・し?」キャッ

櫻子「」


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 07:30:30.36 ID:FexBJVMb0

向日葵「ふふっ……驚いてますわね櫻子」

櫻子「」

向日葵「この為だけに少しの間とはいえ櫻子の傍を離れた甲斐があったというものですわっ」

櫻子「」

向日葵「あ、でも本当にご飯もお風呂も用意出来てますわよ?」

櫻子「」

向日葵「もちろん……私もっ」キャー

櫻子「」

櫻子「……」

櫻子「――」

櫻子「向日葵」

向日葵「はいっ」ニコー

櫻子「……」



櫻子「私、向日葵と結婚なんて、したくない」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 07:42:45.16 ID:FexBJVMb0

向日葵「………………、え……?」

櫻子「……」

向日葵「さく、らこ。それ、どういう……」

櫻子「言葉の通りだよ」

向日葵「っ」

櫻子「今日一日、結婚結婚うるさい向日葵に付きまとわれて、はっきり分かった」

向日葵「さくらこ……?」

櫻子「照れたり、恥ずかしがったり、そういうのはもうやめ」

櫻子「向日葵が素直な気持ちをぶつけてくるんなら、私もそうする」

櫻子「だから、これが私の答えだよ、向日葵」

櫻子「私は、向日葵と結婚なんて、ぜっっったいに、したくない!」

向日葵「っ……ぁ――え……?」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 07:44:55.40 ID:FexBJVMb0

櫻子「――」キッ



櫻子「まだ!」



向日葵「……、はい?」パチクリ


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 07:54:51.07 ID:FexBJVMb0

櫻子「だから、まだだってば。私はまだ、向日葵と絶対に結婚なんてしたくない」

向日葵「ぇあ、っの……あの、えっ……?」

櫻子「……向日葵、わけがわかんないって顔してるね」

向日葵「え、ええ……」

櫻子「わかんないなら教えてやろう」

向日葵「……おねがいしますわ」

櫻子「今日の向日葵、ぶっちゃけキモかった」

向日葵「きも!?」

櫻子「きも。すんげーキモかった」

向日葵「ちょ、そんな言い方あんまりなんじゃなくって!? 私は櫻子を想って……!」

櫻子「だからそれがキモいってーの!」

向日葵「っ……」

櫻子「怒った? だったらいつもみたいに私の頭ひっぱたいたりしたらいいよ」

向日葵「……出来ませんわ。大好きですもの」

櫻子「……」


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 08:48:03.88 ID:FexBJVMb0

櫻子「私は」

向日葵「……」

櫻子「向日葵があんなにキモくなっちゃうなら、私はまだ結婚しようなんて気になれない!」

向日葵「ぇ……」

櫻子「だって私たち、まだ13歳だよ? 結婚どころか、恋人だっていないんだよ?」

向日葵「それは、そうですけど……」

櫻子「そーゆーの全部すっとばして、いきなりキモい向日葵に追い回される私の身にもなってみろっつの!」

向日葵「ですからもうちょっと言葉を選びなさいなって!?」

櫻子「だからまだ、私は結婚とか考えたくない!」

向日葵「……!」

櫻子「ちゃんと、しっかり人を好きになって、ゆっくり好き合って……」

向日葵「……」

櫻子「結婚は、それからでいいよ……」

向日葵「櫻子……」


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 09:03:09.58 ID:FexBJVMb0

櫻子「私たちってさ、今はまだ生徒会福会長の座を狙うライバル同士じゃん?」

向日葵「え、ええ。そうですわね……」

櫻子「それなのに結婚なんて変だし、向日葵には私との勝負に手を抜いて欲しくない」

向日葵「て、手なんか抜きませんわ! それとこれとは話が違いますもの」

櫻子「でも向日葵、今日生徒会サボった」

向日葵「う゛」

櫻子「一人だけキモくなるからだよ」ジトッ

向日葵「ひ、否定できませんわ……!」

櫻子「……だから、さ。ちょっと待っててよ」

向日葵「え?」

櫻子「とりあえず、ちゃんとライバルやろうよ」

櫻子「その後は、まずはお友達からっていうか……」

櫻子「いつかきっと、私も向日葵みたいにキモくなるから!」

櫻子「一緒にキモくなれたら……その時は、」

櫻子「――」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 09:03:49.24 ID:FexBJVMb0




櫻子「私が結婚……してやんよっ」


 


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 09:11:52.49 ID:FexBJVMb0

向日葵「――!」

櫻子「……なんちて」ニヘ

向日葵「……」

向日葵「………………」

向日葵「はぁあああっ……」

櫻子「お?」

向日葵「ズルいですわよ、櫻子……」

櫻子「な、なにが」

向日葵「そんな風に言われてまで食い下がったら、私が変態みたいじゃありませんの」

櫻子「いや、実際かなり変態っぽかったよ、向日葵」

向日葵「なぁー!?」


170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 09:23:13.94 ID:FexBJVMb0

向日葵「もう……さっきから散々な言われ様ですわ……」

櫻子「本当のことなんだから仕方ない」

向日葵「むぅぅぅ……! だいたい、私ばっかりを色狂いみたいに言いますけどねぇ!」

櫻子「ん?」

向日葵「最初に告白してきたのは櫻子の方でしてよ!?」

櫻子「えっ」

向日葵「えっ」

櫻子「えっいつ」

向日葵「えっいつって昨夜」

櫻子「えっいつって昨夜ってなにが」

向日葵「えっいつって昨夜ってなにがってほら二人で星を見てた時に『月が綺麗だねー』って」

櫻子「えっ」

向日葵「えっ」



向日葵「……んんん……!?」


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 09:34:21.94 ID:FexBJVMb0


~説明中☆~
 


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 09:37:43.40 ID:FexBJVMb0

向日葵「死にたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ア゛ー

櫻子「ま、まさかあの言葉にそんな意味があるなんて……///」カァー

向日葵「死にたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」マ゛ー

櫻子「ど、どんまい向日葵。きっといいことあるよ?」

向日葵「そんなフワッとした慰めならいりませんわ!!!!!!!!!!!!!!!」

櫻子「じゃあどうしろってんだよぅ……」

向日葵「殺してぇぇぇ……いっそ一思いに殺してよぉぉぉ……」

櫻子「死んだら結婚できないよ?」

向日葵「じゃあ生きますわ」キリッ

櫻子「!?」

向日葵「食いしん坊で生きますよ☆」

櫻子「よ!」


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 09:51:39.61 ID:FexBJVMb0

向日葵「ああ……でも……ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……///」

櫻子「……」

向日葵「ううぅ~うぅ~///」

櫻子「ねー向日葵?」

向日葵「なんですの……?」

櫻子「今、すっごい恥ずかしいでしょ」

向日葵「当たり前よ……いちいち言わないでくれる……?」

櫻子「その気持ち、誰かにぶつけてうさ晴らししたくない?」

向日葵「……?」

櫻子「誰かを思いっきり殴って、もやもやを解消したくないかって訊いてんの」

向日葵「櫻子……あなた、なにを……?」

櫻子「だーかーらー」



櫻子「私を殴って、超最強のライバルになってよ!」

向日葵「わけがわからないよ」


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 10:03:29.92 ID:FexBJVMb0

櫻子「だーかーらー。向日葵はもやもやしてる。だから私を殴る。すると向日葵はすっきりする。私は怒る」

向日葵「……で?」

櫻子「超最強のラ☆イ☆バ☆ルかもね!」

向日葵「り、理解不能ですわ……!」

櫻子「えー簡単じゃんか。これでみんなハッピーだよ?」

向日葵「でも……す、好きな人を殴るだなんて……」

櫻子「殴らないとその好きな人が向日葵のこと嫌いになるよ」

向日葵「謹んで殴らせていただきますわ」グッ

櫻子「変わり身はえぇ!?」

向日葵「……本当に、いいんですの?」

櫻子「それで向日葵とまたケンカ出来るなら」

向日葵「……ありがとう、櫻子」

櫻子「うん、いいよ」

向日葵「じゃあ……行きます!」

向日葵「――」スッ


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 10:05:46.10 ID:FexBJVMb0




向日葵「櫻子のバカァ!!!」バキィッ





186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 10:08:02.17 ID:FexBJVMb0

さぁオチてない話もどんどんおしまっちゃおうねー
チンタラやってメンゴっした


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

暴走する向日葵・・・いいじゃないか

 [ヤク中]

馬鹿特有のステップじゃなくてレズ特有のステップだろ!いい加減にしろ!

 [名無しさん]

素晴らしいひまデレでしたもふ

 [ ]

綺麗なスレタイだなぁ

 [名無しさん]

京子がハワイに行ってしまう京結SS以来の良スレ
素晴らしいな

 [名無しさん]

普通におもしろかったw
ごちそうさまです
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。