スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子「考えてることを」向日葵「喋ってしまう薬?」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 20:21:25.96 ID:N9pkLodo0

西垣「うむ 他でもなく、君たちに試してほしいと神からのお告げがあった」

櫻子「西垣先生って神とか崇拝する人だっけ…」

向日葵「いえ それより実験台に生徒を使うのはどうなんですか…?」

西垣「いいじゃないか 面白いぞー 相手の考えてることがわかるのは!」

櫻子「ま、まぁ確かに面白そうではありますけど…」

向日葵「絶対に成功しますの? 失礼ですけど、不安ですわ」

西垣「問題ない 恐らくな」

向日葵「恐らくって…」

西垣「まあいい お前たちに渡しておくから 使いたくなったら使ってみてくれ ほれ」スッ

櫻子「どうも…」

向日葵「ありがとうございます…」

西垣「効力は飲んでから約2時間 寝る前とかに飲んでも意味ないからその辺は調節してくれ」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 20:26:58.20 ID:N9pkLodo0

櫻子「ど、どうする? 使ってみる?」

向日葵「効力が怖いというよりも ちゃんとした効果の出る薬なのか分からないのが怖いですわ」

櫻子「でも受け取っちゃったからにはさぁ 捨てるわけにはいかないじゃん?」

向日葵「丁重にお返しするのも失礼ですわね」

櫻子「とりあえず持って帰って後で考えるかぁ」

向日葵「それでいいとおもいますわ 今飲む勇気は私にはちょっと…」

櫻子「それは私もー」

向日葵「では夕飯食べ終わったら、どうするか話しますわよ」

櫻子「うぃー 向日葵んちでいいの?」

向日葵「どっちにしたってあなた来る気満々でしょう…」

櫻子「まあね!」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 20:31:54.85 ID:N9pkLodo0

-夕食後-


櫻子「向日葵ー きてやったぞー」

向日葵「…食器洗ったら行くから、私の部屋にいて」

櫻子「りょうかーい」



櫻子「さーて… どうにかして向日葵にこの薬飲ませてやる…」ニヤッ

向日葵「お待たせ… これお茶だけどよかったら」コトッ

櫻子「あ、うん んでどうする? 飲んでみる?」

向日葵「やっぱり私は飲もうとは思えないですわ…」

櫻子「なーんだ そっか じゃあ明日返す?」

向日葵「そうですわね、先生には悪いですけどそれが安定ですわね」

櫻子「ちょっとつまんない」ゴクゴク

向日葵「ふふっ、そうかしら」ニヤ


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 20:37:24.58 ID:N9pkLodo0

櫻子「向日葵、本当は試したいんでしょ?」

向日葵「いえ そんなことは… 櫻子と違って無駄すぎる好奇心は持ちあわせていないので」

櫻子「なんだとー! …でも、私は向日葵がいろんな場面でどう思ってるのか知りたいけどなー」

向日葵「え……」

櫻子「なっ!? え、な、なんで! 勝手に喋っちゃった…!?」

向日葵「ごめんなさい 実はあなたの飲んだお茶に薬を混ぜましたわ」

櫻子「ふ、ふざけんなっ 向日葵も飲めー!」

向日葵「残念ながら使ってしまったので」ニコッ

櫻子「私のがあるだろー!ほれー!」

向日葵「飲みませんわ」ゴスッ

櫻子「あてっ! な、なんで毎回ぶつんだよ… 冗談だって気づいてよ…」

向日葵「あ… ご、ごめんなさい…」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 20:40:50.68 ID:N9pkLodo0

櫻子「うぐぐ…またか…  無心だ! 何も考えず、何も話さず!」

向日葵「それじゃあ実験になりませんわ どうせ飲んでしまったんだから、色々試してみたいですわね」

櫻子「なんで私だけなの?」

向日葵「私は嫌だからですわ」

櫻子「なんだそっかぁー! って理由になってねーよっ」

向日葵「まあまあ あなたが終わったら私も試してあげますから」

櫻子「ホント!? ならいいや! 向日葵の考えがわかるぞー やたー!」

向日葵「そこまで喜ばなくても…」

櫻子「あっ…/// う、うるさい!喜んでないよ!わーいわーい!」

向日葵「ぷっ… 面白い…」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 20:45:38.68 ID:N9pkLodo0

櫻子「ふぅ…」

向日葵「珍しく静かですわね」

櫻子「逆に冷静になれるかもしれない」

向日葵「静かだと逆に落ち着かないけど、これはこれでありですわ」

櫻子「むっ… 私は薬を飲んでも、いつもの向日葵がいいなぁ」

向日葵「えっ…///」

櫻子「だーっもう! なんなのこの薬! 恥ずかしいったらない!」

向日葵「こ、こほん あなたの考えは大体わかりましたわ 喋ってることと大体逆ですわね」

櫻子「私は思ったままに喋ってるっつーの! 向日葵に本心を知られたくないんだ、恥ずかしいから…」

向日葵「…へえ、そうなんですの」

櫻子「い、今のは嘘だからな! ホントだけど!」

向日葵「忙しい子ですわ…」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 20:48:27.78 ID:N9pkLodo0

櫻子「あーもうやだ!帰る! 向日葵と離れるのは寂しいけど明日の朝になればあえるもんね!」

向日葵「なっ……///」

櫻子「う、うわぁ!! 今のは絶対ウソウソ! 向日葵になんて会いたくて仕方ないし!」

向日葵「…/// もう少しいたら…?」

櫻子「うっさい!これ以上余計なこと言う前に帰る! もっといたくて仕方ないけど!」

向日葵「…く、薬の効果が切れるまでは… いなさい!」

櫻子「や、やだよ!帰るもん! いなさいって言われちゃったからいようかな!」

向日葵「ええ いていいですわ」

櫻子「ぐぬぬ……」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 20:54:00.22 ID:N9pkLodo0

向日葵「櫻子も、普段から全部心のままに喋ればいいのに… そうすれば私も怒りませんわ」

櫻子「言うわけないだろ… 向日葵に怒られるのも嬉しいんだもん」

向日葵「あ、そ、そう…」

櫻子「くっそー 無心になれない… 向日葵が前にいるから…」

向日葵「ちょ…あなた、大丈夫ですの…?」

櫻子「もう無駄だって分かったから逆に普通に喋っちゃおうかな」

向日葵「でもそうしたら実験が…」

櫻子「そんなの関係ねえ」

向日葵「ふる…」

櫻子「あとどのくらい効果あるの…?」

向日葵「まだ1時間経ってないくらいだけど」

櫻子「はあ…もうやだ…」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:00:33.17 ID:N9pkLodo0

向日葵「そういえばあなた宿題は?」

櫻子「今日はすぐやったよ?」

向日葵「へ、へえ 珍しいですわね」

櫻子「実は向日葵に教えてもらいながらやりたいから、わざといつもやらないんだよねぇ」

向日葵「え…じゃああなた本当は、1人でできるの…?」

櫻子「う、うぐぐ…/// 余裕だよー」

向日葵「へえ…そうなんですのね」

櫻子「怒んないでよ… そのくらい向日葵に会いたかったんだよ」

向日葵「はあ… もうさっきから恥ずかしいセリフを何度も…///」

櫻子「言いたくて言ってるんじゃないよ… いつも伝えたくて仕方なかったけど」

向日葵「もう私がパンクしそうですわ…///」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:05:35.51 ID:N9pkLodo0

櫻子「パンク?おっぱいパンクしちゃえ! 照れてる向日葵は一段と可愛いなぁ」

向日葵「な、ななな… 櫻子のバカっ!」ゴスッ

櫻子「ごはっ! ぼ、暴力はやめてよ… 私だって痛いんだよ?」

向日葵「あ… ご、ごめんなさい 私ったらあなたが我慢するのをいいことにいつも…」

櫻子「ぷっ、謝ってやんの! 正直に言わない私が悪いんだから気にスンナよっ」

向日葵「なんだか可哀そうになってきましたわ… だまして飲ませてごめんなさい、櫻子」

櫻子「へん、もう遅いっての… 向日葵だって私の本当の気持ちを知りたくてやったんでしょ、違う?」

向日葵「え!? い、いえその…///」

櫻子「その反応はガチなのか… よかった向日葵も私のこと気になってるんだ」

向日葵「う… さ、櫻子のバ… あ…」サッ

櫻子「おぉ、ぶつのやめた!珍しい! ありがとう向日葵ちゃん!」

向日葵「ひ、向日葵ちゃん…!?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:10:35.16 ID:N9pkLodo0

櫻子「そういえば楓は大丈夫なの?」

向日葵「楓はご飯食べて、お風呂入ったら寝ますから… 大丈夫ですわ」

櫻子「ああ 私も小学3年くらいまでは9時には寝てたかも」

向日葵「それは私もですけど…」

櫻子「小学校低学年くらいまで、たまに一緒に寝てたよねー」

向日葵「ええ? なんで今その話に…」

櫻子「いやぁ たまには一緒に寝たいなぁって」

向日葵「あの… 本気…?」

櫻子「どわっ! い、今のなし!」

向日葵「別に寝たいっていうなら、構いませんけど…」

櫻子「いやだから無しだって! さすがにそれはドキドキして眠れないよきっと!」

向日葵「ドキドキって…」

櫻子「ああもう! 今度こそ帰る! どうせもう効果きれるよ! まだいたいけど!」

向日葵「え、ええ そうですわね そろそろ終わりにしましょう…」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:14:44.80 ID:N9pkLodo0

-後日-


櫻子「うぐぐ… 昨日は酷い目にあった…」

向日葵「おはよう…」

櫻子「んあぁ おはよう いこっか」

向日葵「ええ…」

櫻子(起きたばっかりか、またボーッとしてる)

櫻子「実験結果、言うの…?」

向日葵「ええ…? ああ、そうですわね あなたしか試してないけど報告はするべきですわ」

櫻子「どうせだから向日葵さんも…なーんて…」

向日葵「そういえば効果は切れたんですの?」

櫻子「帰ってすぐに効果なくなってたよ」

向日葵「そう…」ボーッ

櫻子(飲ませるならチャンスだなぁ… でも学校では可哀そうかな…)


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:17:32.96 ID:N9pkLodo0

-放課後-


櫻子(結局使えなかった… 私って変なところでいい子なのかな なんちゃって)

向日葵「なにニヤニヤしてるんですの? 生徒会に行きますわよ」

櫻子「あ、うん… 私もいくー」

向日葵「西垣先生への報告は明日にしましょう 今日はちょっと忙しくてそれどころじゃなかったから」

櫻子「わかったー 向日葵もまだ使ってないしね?」チラチラ

向日葵「使うつもりはありませんけど」

櫻子「そうかよ」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:21:35.83 ID:N9pkLodo0

-生徒会室-


櫻子「こんにちはー」

向日葵「今日はお仕事、ありますか?」

綾乃「あるんだけどね 2人くらいで終わる内容なのよ だから私と千歳で…」

櫻子「あ! わ、私やりますよ! 向日葵より点数稼ぐもんね!」

向日葵「櫻子がやるなら私もやりますわ 先輩お2人はたまには休んでください?」

千歳「ええの? でもカギしめて先生に報告もあるし…」

櫻子「それもやっておきますから! 向日葵の言うとおり、たまにはお休みで!」

綾乃「そ、そう? ならお言葉に甘えようかしら… ホワイトボードに書いてあることやってくれればいいから?」

向日葵「わかりました お任せください」ニコッ

櫻子「お疲れ様でしたぁ」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:26:15.85 ID:N9pkLodo0

櫻子「へえ 募金か…」

向日葵「赤い羽根、などはよく見かけるけど 今回のは珍しいですわね」

櫻子「まあね 今日は募金箱作って ポスター貼るだけか 確かに簡単かも」

向日葵「分担する? 私が箱作るから、あなたはポスターを貼れば…」

櫻子「んー どうせ大して時間かからないし分ける必要もなくない? ていうかポスター貼る方が早く終わるでしょ」

向日葵「まあそうですけど… じゃあ箱を作ってしまいましょう」

櫻子「図画工作なら任せろー」バリバリ

向日葵「それじゃなくて、ダンボールからですわよ…」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:28:47.61 ID:N9pkLodo0

櫻子(おお!いいこと思いついた!)

向日葵「手が止まってますわ 早く切って」

櫻子「あ、ごめんー」チョキチョキ

向日葵「なにを呆けていますの?」

櫻子「考えてるんだよっ」

向日葵「…なにを」

櫻子「ううん別に! 向日葵、お紅茶でもいかが?」

向日葵「薬を混ぜる考え… 見え見えだけど…」

櫻子「じゃあ作ってるところ見てればいいじゃん 入れないからさ」

向日葵「…それなら、いただきますわ…」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:33:42.01 ID:N9pkLodo0

櫻子(右手で普通に紅茶を入れながら、左手でガムシロップを取る振りをしつつ、薬をガムシロに…混ぜるっ!)

向日葵「珍しく、まともに淹れているようですわね」

櫻子「えっへん あ、ガムシロ忘れてたー」トポトポ

向日葵「ありがとう じゃあいただきますわ」ゴクゴク

櫻子(なんだかんだで見てない向日葵まぬけー)

櫻子「おいしい?」

向日葵「…別に普通ですわ 櫻子が淹れてくれたから、特別おいしいですけど…」

櫻子「えっ」

向日葵「さ、櫻子! 混ぜましたわね!?///」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:41:52.72 ID:N9pkLodo0

櫻子「ごふっ た、たんま! まさか気づかないと思わなくってつい…」

向日葵「まったく…油断した私がバカでしたわ… そんなイタズラをする櫻子だからこそ、ほっとけないんだけど…」

櫻子「お、おう… マジでやばいね この薬… 向日葵からそんな言葉が出るなんて」

向日葵「想像していた以上に恥ずかしいですわね…///」

櫻子「ごめ… 学校じゃさすがにやばかったかな やりすぎた…?」

向日葵「別に もうこの時間じゃ部活の子くらいしか残ってないだろうし… そうつまり櫻子と2人っきりで私には至福の時ですわ」

櫻子「ひ、向日葵… はずかしいやつ…///」

向日葵「う、うるさいですわ! …くっ、思った以上に面倒な薬ですわね…」

櫻子「なにも考えなければいーんだよ? 無心むしーん」

向日葵「あなたと違って普段から頭を使っていますので… 櫻子はバカでも可愛いけどってフォローしたいですけど」

櫻子「向日葵…ふっ」ニヤッ

向日葵「櫻子に憐みの目を向けられるなんて…! こ、これはこれで悪くないですわ!」

櫻子「マジですか…」アセッ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:49:11.46 ID:N9pkLodo0

向日葵「……」

櫻子「おっ 無心を保ってる くすぐっちゃえ」コチョコチョ

向日葵「んふっ…ふふっ… や、やめなさいっ」ゴツン

櫻子「も、もうぶってきたし… ねーちゃんにも殴られたことないのに」

向日葵「もう… またやっちゃった、櫻子は嫌だって言ってたのに… ああでもくすぐられちゃったスキンシップ嬉しいですわ」

櫻子「向日葵いつもどんだけ頭の中すごいの…?」

向日葵「は、恥ずかしい… なんでよりによって好きな子の前でこんな薬を…」

櫻子「…え?」

向日葵「きゃぁぁあぁああ!わ、忘れてぇ!忘れなさいぃ!」バシン

櫻子「ごはぁっ」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:54:07.85 ID:N9pkLodo0

向日葵「最悪… こんな薬… なんで存在しますの…ぐすっ」

櫻子「あー…あのさ… 好きな子って…」

向日葵「復唱しないで! 絶対に嫌がられる、女の子が女の子を好きなんて 気持ち悪がられる… 櫻子に嫌われるっ!」

櫻子「お、おい 大丈夫だって… 別に嫌いになんないよ」

向日葵「ほ、ホントですの…?」

櫻子「…そのくらいじゃ全然なんないよ ホントに私のこと好き?」

向日葵「…はいって応えるわけないでしょう…? 答えはYESですわ」

櫻子「ぶふっ ま、マジか!」

向日葵「…はあ… もう、私も終わりですわね…」

櫻子「いやぁ マジなんだ、ならいいんだ 私も嬉しくないわけじゃないからね」

向日葵「え…?」

櫻子「う、嬉しくないわけじゃないだけだからなっ!///」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 21:58:57.63 ID:N9pkLodo0

向日葵「…わかりにくいですわ 薬のせいとはいえ、私は言ったのに」

櫻子「うぐぐ… 私も向日葵のことは…その…」

向日葵「櫻子はどう思ってるのか私は知りたいですわ 昨日、薬を使ったけど本当に知りたかったのはその気持ちですわ」

櫻子「え…ああ い、今のは心の声だよね」

向日葵「いいえ 今のは自分の意思で喋りましたわ」

櫻子「…そうなんだ じゃあ言うよ…」

向日葵「は、はい… お願い好きって言って…!」

櫻子「た、溜めてるときに言われたらタイミング逃すでしょ…」

向日葵「ごめんなさい… ああもう鎮まって私の心! 櫻子の声が聞こえないですわ!」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 22:03:41.55 ID:N9pkLodo0

櫻子「…私もその… 小さい頃から好きな子はいるよ」

向日葵「はい ……それって私ですの?」

櫻子「いや言うなよ!/// ヒントは1つだけ、その子は私の家の隣に住んでる同じ年の子なんだ …へへ」

向日葵「そ、そうなんですの  私決定ですわ!や、やりましたわ!!」

櫻子「だから大声で言うなよ… は、はずい」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/13(日) 22:08:54.53 ID:N9pkLodo0

向日葵「ふふ… よかったですわ お互いに好意はあったんですのね」

櫻子「まあ 嫌いだったら小学校くらいで話さなくなってるでしょ」

向日葵「そうですわね ふふ もう、この薬も怖くなくなりましたわ…」

櫻子「そだね なんか、急に落ち着いてきた…」

向日葵「ええ お互いの気持ちが聞けて、よかったですわ」

櫻子「そだ 西垣先生に結果言いに行かないとね」

向日葵「…そうですわね どう報告しますの?」

櫻子「えへへ 素晴らしい薬でした でいいんじゃない?」

向日葵「ええ、考えがあいましたわ! いきましょう!」



西垣「ふっ たまにはこういう薬も役に立つだろう?」

西垣「いいものを見せてもらったよ 結果については、後で知らない振りをして聞くつもりだがね」

西垣「この薬が欲しくなった者は言ってくれ ではな」




-おわり-


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

いいひまさくだった

綾乃に使ったら面白そうだなあ…

 [名無しさん]

※1は実に素晴らしい事を言ったと思う

 [名無しさん@ニュース2ちゃん]

米1誰か書かないかなあ(チラッチラッ

結衣とかあかりに使っても面白そう
あかりはなんかものすごい下らないことを真剣に考えてそう

 [名無しさん]

途中で櫻子が月のポテチ話になっててわろた

いいひまさくおつ
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。