スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結衣「だから……」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 01:59:51.58 ID:UFesXM830

京子「ふぃー! 今日も楽しかったなぁー!」

結衣「そうだな」

京子「ふんふふーん」

結衣「ゴキゲンだなぁ」

京子「色々ね~」

結衣「そっか」

京子「結衣はー楽しくないー?」

結衣「帰り道に特に楽しさはないな」

京子「そっかー」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:03:13.90 ID:UFesXM830

京子「いやー今日も夕日が綺麗だなぁー!」

結衣「冬至はいつだっけか」

京子「さぁー」

結衣「冬至にはゆず湯に入るんだったか、カボチャを食べるんだったか」

京子「ゆずー。 じゃあ冬至にはまた結衣のうちに泊まりにいかないとだね!」

結衣「なんでだよ」

京子「ゆず湯にはいりたいじゃん」

結衣「家でやるだろ」

京子「そうかなぁ」

結衣「そうだと思うけどな」

京子「じゃ、いつもどおり無条件で行くね」

結衣「……」

京子「にしし」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:06:26.65 ID:UFesXM830

京子「一番星ー見つけたー」

結衣「明るいな」

京子「明るいから一番星なんだよ」

結衣「違うだろ」

京子「違うのかー」

結衣「……」

京子「ふんふふーん」

結衣「……」

京子「よっ、と」

結衣「おい、車道にあんまり出るなよ」

京子「大丈夫大丈夫」

結衣「……はぁ」

京子「ふふーん」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:08:12.23 ID:UFesXM830

結衣「なんだか、やけに楽しそうだな」

京子「なんでだろうねぇー」

結衣「私が聞きたいよ」

京子「ふふふ」

結衣「ん?」

京子「実は!」

結衣「実は?」

京子「特に何もない!」

結衣「……」

京子「特に何もない! から、楽しいんだよー」

結衣「わからん」

京子「平和だってことさ、嬢ちゃん」フッ

結衣「はぁ……」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:10:26.04 ID:UFesXM830

結衣「……」

京子「♪」

結衣「……」

京子「~♪」

結衣「……」

京子「……♪」

結衣「……」

京子「あっ!」

結衣「ん?」

京子「ミラクるんの新刊部室に忘れた」

結衣「はぁ」

京子「まいっか」

結衣「そうか……」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:12:11.43 ID:UFesXM830

京子「で、結衣さんはテンション低いっすね!」

結衣「そうでもないけど」

京子「いやいや、いつもより沈黙が重いですよ」

結衣「そうかなぁ」

京子「はい」

結衣「……」

京子「……」

結衣「ちょっと考え事をね」

京子「ほほう。 この京子様が聞いてしんぜよう」

結衣「……うーん」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:14:47.55 ID:UFesXM830

京子「……言いたくない?」

結衣「いや……。 なんだか、京子が前を歩いてるなぁって」

京子「?」

結衣「前は私が京子を引っ張ってたのになーってさ。

 今は京子が前を歩いて、私を引っ張ってくれてる気がして」

京子「センチメンタルってやつですなぁー」

結衣「センチメンタルかなー。 親心ってのもあるような。

 泣き虫だった娘が成長した……みたいな」

京子「お母様ー」

結衣「……なんかいやだな」

京子「酷い!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:17:56.47 ID:UFesXM830

京子「お母様が京子を虐めるんですお父さま。

 はっはっは、お母さんなりの愛なんだよあれが。

 そんな厄介なもの要りません!」

結衣「……」

京子「ま、どっちでもいいじゃんー」

結衣「そうなんだけどな」

京子「引っ張ったり、引っ張られたり、人生色々ー」

結衣「中学生にして人生を語るか」

京子「人生色々って最後につけるとそれっぽくなるんだよ」

結衣「ラムレーズン、人生色々」

京子「ね?」

結衣「確かに」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:22:20.98 ID:UFesXM830

京子「ねー、結衣」

結衣「ん?」

京子「見てほら。 誰もいない河川敷」

結衣「ほんとだな」

京子「寒いからかな?」

結衣「だろうな」

京子「誰もいないよね」

結衣「ん、あぁ」

京子「というわけで!」

結衣「?」

京子「大暴露大会!」

結衣「はぁ?」

京子「結衣ったら、まだ何かもやもやしてるでしょー」

結衣「……」

京子「誰もいないんだから、この場でぶっちゃけちゃおうよ」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:26:43.66 ID:UFesXM830

結衣「……それはできない」

京子「どうして?」

結衣「……」

京子「大親友の京子様にも話せないの?」

結衣「……」

京子「ねー結衣ー」

結衣「……怖いんだよ」

京子「何が?」

結衣「……」

京子「メロン熊が?」

結衣「真面目に話すつもりがないならもうやめよう、京子」

京子「ごめんごめん」

結衣「……」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:31:47.59 ID:UFesXM830

結衣「この間京子はさ、歳とらなくて、ずっと一緒に居られるのがいいって言ってたよな」

京子「うん」

結衣「……暴露大会だからはっきり言うけど、私もソレがいいと思ってるんだ」

京子「ふへへ」

結衣「でもさ、京子がどんどん先へ歩いて行く気がするんだ」

京子「……」

結衣「気づいたら私は京子の後ろをついて行ってる」

京子「……」

結衣「本当は止まってるなんてことなくて、ほんの少しだけど動いてるんじゃないかって思ったりして」

京子「……」

結衣「いつか、京子が私の手を離して、先に行ってしまうんじゃないかって」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:36:05.88 ID:UFesXM830

結衣「そうなったらきっと、ごらく部も何か変わってしまうんじゃないかって」

京子「……」

結衣「時間が進むのは当たり前なのに、ソレが怖いんだよ私は」

京子「そっか」

結衣(そして私は、その京子にすがり続けて足枷になるのが、怖い)

京子「もし進んでるとしてさー」

結衣「……うん」

京子「それでごらく部が解体されたとしても、いいじゃん?」

結衣「は?」

京子「進んでるならしょうがない!

 いつか私らが卒業して、もし別の高校にいったりしたとしても、

 きっとそれは、しょうがないことだよ」

結衣「……」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:39:19.34 ID:UFesXM830

京子「……あかりが入部して少しした時の、目立ちたガール覚えてる?」

結衣「あぁ……あの無茶苦茶やったやつだろ」

京子「ニックネームの付け合いは?」

結衣「キョッピー」

京子「クリスマスシャッフルデート!」

結衣「綾乃とだったな。 今年もやるのか?」

京子「予定は未定。 千歳お酒チョコ事件とか、粘土、ちなつちゃんの紙芝居」

結衣「覚えてるけど、それがどうしたんだ?」

京子「そうそこが重要!」

結衣「?」

京子「覚えてるなら、それでいいじゃん」

結衣「……」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:45:56.92 ID:UFesXM830

京子「具体的に進学とかさーそういう時間経過を考えるのは、確かに怖いけど

 今まで私たちが過ごしてきた時間ってのはもう、過去じゃん?

 春夏秋冬、季刊誌だけど、ひとつひとつ季節は過ぎていくのさー。

 ありふれた日々だったかもしれないけど、それでももう戻せないんだよ。

 そういうのに気づいちゃったらもう、毎日、一瞬を楽しくやってくのが一番だと思う!」

結衣「……そうか」

京子「そうそう」

結衣「うん……」

京子「だからさ、もし私が、今のところ、ううん、これから相当先まで、

 結衣をほっといて先に行く予定なんてないけど、もし、もしそうなったとしても

 今までの私たちのがあって、その下積み? 経験? 思い出、軌跡!

 そんなので受け止められる大人になってると思うよ、私も、結衣も」

結衣「……そうだといいなぁ」

京子「結衣なら大丈夫だって」

結衣「そうかな……」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:50:11.38 ID:UFesXM830

京子「じゃー次は私の番ね!」

結衣「あ、あぁ……」

京子「私は、全然結衣の前なんて歩いてないよ!」

結衣「はぁ……」

京子「ま、昔よりは横に来てると思うんだけどねー」

結衣「まぁな」

京子「えへへ」

結衣「泣き虫だったもんなぁ」

京子「そうそう。 泣き虫だった」

結衣「もう泣かない?」

京子「うーん、泣く時は泣く!」

結衣「ふふ、そうか」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:53:13.63 ID:UFesXM830

京子「私がこけて泣いた時も、結衣は立つの手伝ってくれて、絆創膏も貼ってくれたよね」

結衣「何回やったか覚えてないぐらいな」

京子「犬が怖かった時も守ってくれたし」

結衣「隣のブルドッグは怖かったなぁ」

京子「雨の日、飛ばされた傘を探してくれたよね」

結衣「あぁ、そんなこともあったような」

京子「ちなつちゃんから私守ってくれたよね」

結衣「ちなつちゃん……?」

京子「あ、なんでもない」

結衣「……あっ!」

京子「お互い忘れよう!」

結衣「あはは……あれが……そうか……」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 02:55:32.99 ID:UFesXM830

京子「こうやって、結衣が私を引っ張ってくれてきたから、今の私があるんだよ」

結衣「……」

京子「感謝している! 褒美をあげよう!」

結衣「褒美って」

京子「ま、それは話が終わった後で」

結衣「うん」

京子「そういうわけだからさ……」

結衣「ん?」

京子「わかってほしかったなぁー!」

結衣「……?」

京子「もう」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 03:00:16.41 ID:UFesXM830

京子「今度は、私が結衣を引っ張ってあげたいんだよ!」

結衣「あぁ、そういうことか」

京子「うん。 こけた時は絆創膏貼ってあげるし、犬からも守ってあげちゃうし

 傘が飛ばされたら探してあげるし、ちなつちゃんからも守って、守らせてあげてるし!」

結衣「最後のはもうちょっとがんばれよ」

京子「ふへへ……。 だから、結衣は私の足枷になんかなってないんだよ。

 ただ、私が結衣にお礼をしたいだけなんだ。

 でもさ、結衣ってかっこいいし、特に悪い部分ないじゃん?

 私にしてくれた事みたいなのを返せないから、別の事を考えたりしてさ」

結衣「それがごらく部か」

京子「大体そんな感じ!」

結衣「……そっか」

京子「えへへー照れてる照れてるー」

結衣「……まぁね」

京子「えへへー」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 03:06:01.32 ID:UFesXM830

京子「さて、ご褒美タイムですね」

結衣「一体何をするつもりなんだ」

京子「怖がりな結衣ちゃんに……」

結衣「おい」

京子「結衣ちゃんに……」

結衣「……」

京子「京子ちゃんのファーストキスをあげましょう!」

結衣「ぶっ、な、何を言ってるんだお前は」

京子「私なりの愛ですよ!」

結衣「そんな大切なものもらえんわ!」

京子「あげるっていってるんだからもらっておきなさいよ奥さんー」

結衣「……そういうのはさ」

京子「ううん、私は結衣にあげたいの」

結衣「うっ……」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 03:07:02.62 ID:UFesXM830

結衣「……」

京子「……」ジー

結衣「……」

京子「……」ジー

結衣「……」

京子「……」ジー

結衣「……」

京子「……」ジー

結衣「……わ、わかった……」

京子「……えへへ」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 03:09:27.57 ID:UFesXM830

結衣「……顔真っ赤だぞ」

京子「夕日のせいさ」フッ

結衣「京子は逆光だろ」

京子「そういう結衣さんこそ」

結衣「しょうがないだろ」

京子「ふふふ」

結衣「……は、はやくしろよ」

京子「て、照れてるんだよ!」

結衣「……」

京子「……よ、よーし、いくぞー」

結衣「お、ぉう」

京子「……」

結衣「……」

京子「いっ、いっちゃうぞー」

結衣「……」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 03:13:25.09 ID:UFesXM830

京子「う、うぉぉぉ……」

結衣「……京子」

京子「はい」

結衣「……頑張って」

京子「! おう!」

結衣「……」

京子「……ええい! 覚悟ー!」

結衣「なんだその掛けご――――


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 03:17:12.29 ID:UFesXM830

京子「――ふぅ」

結衣「……」

京子「えへへ」

結衣「……」

京子「……」

結衣「……」

京子「……あの、結衣さん?」

結衣「えっと、コメントが思いつかなくて」

京子「あはは」

結衣「……ふふっ」

京子「さーて、帰ろう! 日も暮れちゃった」

結衣「あぁ、そうだな」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 03:20:54.23 ID:UFesXM830

京子「ほらほら、せっかくだし手つなごうよ」

結衣「……そうだな」

京子「えへへ」

結衣「なんだよ」

京子「結衣が楽しそうだと私も嬉しいんだよ~」

結衣「……私も京子が楽しそうだと嬉しい」

京子「今日はデレデレですなぁーはっはっは!」

結衣「……そうかもね」

京子「あはは」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 03:27:33.39 ID:UFesXM830

京子「ふんふふーん♪」

結衣「だーから」

京子「泣いて笑って繋いだこの手は~♪」

結衣「なんだ、歌詞わかってるのか」

京子「わかってても鼻歌で歌詞まで言うのはね」

結衣「それもそっか」

京子「えへへー。 さー二人でいこーよレッツゴー!」

結衣「おい、走るなよ」

京子「青春を謳歌しようぜー!」

結衣「お、おい、待てって、京子!」

京子「捕まえてごらんなさーい!」

結衣「もう掴んでるよ! ……あはは」

京子「えへへ。 結衣、大好きだよ!」

結衣「私もだよ。 京子」




               おわり


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

おぉ……すばらしい……

 [名無し]

結婚してしまえばいいよ

 [名無しさん]

爆発…しないで

 [名無しさん]

すてきやなぁ
さわやかな気分

 [名無しさん]

結京素晴らしいわあ…

 [名無しさん]

四畳半か

 [名無しさん]

この抜群の安定感ですよ
結京の魅力は

 [名無しさん]

ゆるゆりIラブU聞きながらこれ見てたらなぜか泣いてた

 [名無しさん]

さすが結京だ…

 [名無しさん]

結婚しろいやしてください
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。