スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかり「結衣ちゃんって別にとりえがないよね」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 12:31:27.02 ID:FKlIO8cA0

結衣「えっ?」

あかり「聞こえなかったかな、ならもう一回言うけど」

結衣「い、いやハッキリ聞こえたけど」

あかり「そっかぁ…」ズズッ

結衣「…」

あかり「お料理が上手いといわれがちだけどレパートリーが少ないしね」

結衣「うっ…」

あかり「ま、まぁ運動神経はいいと思うけど?」

結衣「そりゃどうも」

あかり「あーあ、結衣ちゃんと2人きりなんて退屈だなぁ…」

結衣「…あかりの気持ちはよく分かったよ」

あかり「…ふーんだ」

結衣「とりあえず私の膝の上から降りてくれ、あと正面からハグするのもやめてくれるかな」

あかり「…」ギュッ


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 12:38:04.84 ID:FKlIO8cA0

結衣「…私のこと嫌いなんでしょ?」

あかり「うん、大嫌いだよ」ギュー

結衣「だからハグされながら言われても説得力ないから」

あかり「あかりが座ってる場所にたまたま結衣ちゃんがいるんだよぉ」

結衣「な、なら私はあかりの向かい側に座るから」スクッ

結衣「よっと」

あかり「あっ…」

あかり「…」トテトテ

結衣「やっぱりおこたはいいね…」

あかり「それだけは同感だよ、結衣ちゃんのことは嫌いだけど」

あかり「…」チョコン

結衣「だ、だからなんで私の膝の上に座るんだよ!?」

あかり「たまたまだよぉ…」

結衣「わけがわからないよ」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 12:46:14.65 ID:FKlIO8cA0

結衣「…」

あかり「あーあ、いつもみたいに杉浦先輩と池田先輩が遊びに来ないかなぁ」

あかり「結衣ちゃんと2人きりなんて息が詰まりそうだよぉ」スリスリ

結衣「なぁあかり」

結衣「…ほっぺとほっぺすりすりはさすがに恥ずかしいんだけど」

あかり「た、たまたまだよ、そこに結衣ちゃんのほっぺがあっただけ」

結衣「あっそ…」

あかり「ぇへへ」ギュッ

結衣「今えへへって言ったよね?」

あかり「そんなこと言うわけないよぉ、空耳だよ結衣ちゃんの」

あかり「あーあ、つまらないなぁ」

結衣「…どういうことなの」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 12:55:55.61 ID:FKlIO8cA0

あかり「…ふぁ」

結衣「あかり、眠いの?」

あかり「べ、べっつに~、仮にあかりが眠たくても結衣ちゃんには関係ないよね」

結衣「…いやまぁ普通はそうなんだけどさ」

結衣「あかりがちゃっかり私の膝に頭乗っけてるからね」

あかり「…」チョコン

あかり「た、たまたまだよぉ…」

結衣「はいはい、いま毛布持ってきてあげるから」

あかり「…」

結衣「はい、京子が勝手に私の家から持ってきたのだけど」フサッ

あかり「えぇ~コレ結衣ちゃんの匂いがするよぉ…」スンスン

結衣「嫌なら幸せなそうな顔して嗅ぐなよ」

あかり「…そ、…んな…ことす…るわけ…」zzz

結衣「やれやれ」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 13:07:17.49 ID:FKlIO8cA0

あかり『おっはよー結衣ちゃん京子ちゃん、学校いこ!』

結衣『あかり、ゴメンな一足先に私たちは中学生なんだ』

京子『うん、あかりちゃんとは学年が一つ違うから』

京子『…来年また3人で学校行こうね』

あかり『い、嫌だよぉ…あかりも一緒に中学校いくもん!』

結衣『ワガママ言わないの』

京子『私たちも悲しいけど、いつでも会えるから』

あかり『い、嫌だ、行かないで…置いて行かないでよぉ』グスッ

結衣『さ、行こうか京子』

京子『えへへ結衣そうだね』

あかり『待って、待ってよぉ!!』ポロポロ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 13:22:52.49 ID:FKlIO8cA0

あかり「…はっ!?」

あかり「…嫌な夢見ちゃった」グスッ

あかり「あ、あれ結衣ちゃん?」

あかり「うっ、あっ…結衣ちゃ…ぐすっ……どこ」ポロポロ

ガラッ

結衣「ふー寒い寒い、あかり起きてたんだ?」

あかり「…」グスッ

結衣「あ、あかり…泣いてるの?」

あかり「あかりはもう中学生なんだから泣くワケ…」グスッ

結衣「無理しなくていい、怖い夢でもみちゃったのかな」

あかり「う、うぅ・・・うわぁあああああ・・・・・・」ポロポロ

あかり「ひ、1人にしないで、あかり…の…こと…ひっく…」

結衣「あかり…」ギュッ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 13:32:33.85 ID:FKlIO8cA0

結衣「…落ち着いた?」

あかり「うん…」

あかり「…で、でもあ、あかり泣いてなんかないもん」

結衣「もういいからそのキャラ」

あかり「…」

結衣「私はいつもの素直なあかりが一番好きかな」

あかり「ほ、ほんと?」

結衣「というかさっきまでのキャラはなんなの?」

あかり「えっ、えーっと…」

結衣「嫌いと言いつつハグしてくるし」

あかり「うぅ…」

結衣「ほっぺとほっぺすりすりまでしちゃうし」

あかり「…」カァー



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 13:45:10.78 ID:FKlIO8cA0

結衣「…」

あかり「…うぅ」

結衣「ん?…あかり、カバンから本はみ出てるけど」ヒョイ

あかり「あっ!だ、だめぇ見ないで結衣ちゃん!!」

結衣「『乙女必読!伝授!!ツンデレマスターまでの道のり!!!』」

あかり「い、嫌ぁああああああああぁあ」ジタバタ

結衣「だいぶ読み込んだのか、ボロボロだね」

結衣「1.相手をボロクソに罵りましょう」

結衣「2.ハグをしながら罵ると効果は100倍です」

結衣「3.これであなたもツンデレマスターです」

結衣「定価1600円」


結衣「詐欺もいいとこだろコレ…」

あかり「もうお嫁に行けないよぉ…」グスッ



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 13:51:49.66 ID:FKlIO8cA0

あかり「だってつんでれが流行ってるってテレビで…」

結衣「そもそもツンデレにすらなってないし、ツンデレ自体死語になりつつあるよ」

あかり「そ、そうなのっ!?」

結衣「ツンデレって綾乃みたいな人を指すと思うよ」

あかり「な、なるほど…」メモメモ

結衣「こんな事メモらなくてもいいから」ヒョイッ

あかり「あぁん!」

結衣「あかりがやってたのはナニデレなんだろう…」

あかり「…」

結衣「まぁ、いいかこの本捨てておくよ」

あかり「う、うん」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 14:11:07.27 ID:FKlIO8cA0

結衣「とにかく、もうあんなことするなよ?」

あかり「は、は~い…」

結衣「ていうかボロクソに言われて結構傷ついた…」

あかり「うっ…」

結衣「まぁ確かに私はとりえのないただのツッコミ役だしね」ズズッ

結衣「お料理のレパートリーも少ないし」

あかり「うぅ…」

結衣「…退屈な人間だよ」

あかり「ゆ、結衣ちゃん…」グスッ


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 14:14:01.58 ID:FKlIO8cA0

あかり「ごめん、ごめんね結衣ちゃん…」

あかり「ど、どんな罰でも受けるから」

あかり「えぐっ…あ、あかりのこと…嫌いにならないで…」グスッ

結衣「罰、か…いいこと考えた」

あかり「…それで許してくれる?」

結衣「うん、あかりは罰として…私の家で夕飯を食べる事」

あかり「へ?」

結衣「昨日カレー作りすぎちゃってさ、嫌とは言わせないからね」

あかり「…」

結衣「あ、その…イヤだったら無理しなくていいからな?」

あかり「う、うぅ・・・うわぁあああああ・・・・・・」ポロポロ

結衣「ちょ、ちょ、あかり!?」

あかり「結衣ちゃんのばかぁ~、優しすぎるよぉ…」グスッ

結衣「…大げさだな、あかりは」ナデナデ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 14:32:07.51 ID:FKlIO8cA0

結衣「さっきから泣いてばっかりじゃないか」ナデナデ

あかり「だって、だって…結衣ちゃんが」

結衣「む、私のせいかよ」

あかり「あかりあんなに酷い事言ったのに…」グスッ

結衣「だからもう気にしてないって」

結衣「それに本心じゃないんだろ?」

あかり「…」コクコクコクコク

結衣「そ、そんなに頷いたら首取れちゃうよ」

あかり「…結衣ちゃんは、なんでもソツなくこなして」

あかり「クールで、運動神経バツグンで、オムライスとカレーがお店に出せるくらい上手で…」

あかり「いっぱいあかりに優しくしてくれる…」ギュッ

結衣「…くすっ、可愛いなあかりは」ナデ


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 14:40:50.70 ID:FKlIO8cA0

結衣「よし、戸締りOK」

結衣「しっかり着て、寒くないようにね」

あかり「うん!」

結衣「ふふっ、いつもの元気なあかりだね」

あかり「えへへ、ありがと結衣ちゃん」

あかり「…手、繋いでいいかな?」

結衣「ん?いいよ、はい」

あかり「…ありがと、あのね結衣ちゃん」ギュッ

あかり「あかりね、これから頑張って自分に素直になるから」

結衣「…そっか、素直なのがあかりの素敵なところからね」

あかり「…うん、あ、あの、その」

結衣「どうしたの?」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 14:53:47.57 ID:FKlIO8cA0

あかり「あか、あかり、あり、あり、あかりね…」

あかり「ゆ、結衣ちゃんの事がずと、ずっとっと」

結衣「…」

あかり「すき…焼き食べたいなぁ」

結衣「…あ、そ」

あかり「あはは、すき焼き美味しいよね」

結衣「でも今日はカレーだからな、すき焼きはまた今度」

あかり「…うん」

結衣「そんなしょんぼりしないでよ、カレーだって自信あるんだから」

あかり「ううん、そういう事じゃなくて…」

結衣「へ?」

あかり「こっちの話だから気にしないで…」

結衣「…」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 15:11:19.68 ID:FKlIO8cA0

あかり「…はぁ」

結衣「元気ないなぁあかり」

あかり「ぇへへ、…そんなことないよぉ」

結衣「ならいいけど」

結衣「…あ、そうだ今日泊まっていけば?」

あかり「え?い、いいの?!」

結衣「どうせ明日土曜日だし、用事がなければだけど」

あかり「用事なんてないよぉ!あってもキャンセルだよっ!!」

あかり「あかりお家に戻ってお泊りセット持ってくるね!」バヒューン

結衣「あまり走ると滑っちゃうよ」

あかり「ひゃわぁ!」ツルッ

あかり「…ぇへへ」

結衣「大丈夫そうだね、それじゃまた私の家でね」

あかり「うんっ!」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 15:55:53.51 ID:FKlIO8cA0

結衣「…」コトコト

結衣「そろそろあかりが来るころかな」

<ピンポーン!

あかり「結衣ちゃんお邪魔しまーす」

結衣「いらっしゃい、よく来たね寒かっただろ?」

あかり「ううん、あかりもお料理手伝うよ」

結衣「いや、もうお皿によそうだけだから大丈夫だよ」

あかり「そっかぁ、えへへ楽しみだなぁ」

結衣「サラダもあるよ、カレーだけじゃ味気ないしね」

あかり「そんな事気にしなくてもいいのに」

結衣「大事なお客様だからね、丁重にもてなさせて頂きますよ」

あかり「こそばゆいから敬語はやめようよぉ…」

結衣「ふふ、そうだな」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 15:59:12.95 ID:FKlIO8cA0

あかり「いただきまーす!」

結衣「お代わりあるからね、たくさん食べなよ」

あかり「うんっ!」

結衣「ところで結構な荷物だけど、何持ってきたんだ?」

あかり「えへへ、ワンワンのパジャマでしょ、歯ブラシと、あとはプッキーだよ」

あかり「ご飯食べたら2人で分けようね!」

結衣「…くすっ、あかりらしいね」

あかり「い、今バカにしたよね!?」

結衣「プッキーってところがあかりらしいかな」

あかり「も、もぉー!ワケ分からないよ!」

あかり「あとで欲しいって言ってもあげないからね!」

結衣「ふふふ」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 16:02:14.70 ID:FKlIO8cA0

あかり「相変わらずカレー美味しいね、結衣ちゃん」

結衣「ありがと、今回はシーフードにしてみたんだ」

あかり「へぇ~、ルーに魚介のウマみがたっぷり染みこんでるよぉ」

結衣「三流のグルメレポーターか」

あかり「えへへ、でもホントに美味しいよ?」

結衣「あかりの顔を見れば大体分かるよ」

結衣「ずーっとニコニコしながら食べてるからね」

あかり「…」ムスッ

あかり「はむっ」

あかり「…ぇへへ、やっぱり美味しくて顔が緩んじゃうよぉ」

結衣「…くすっ」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 16:09:13.18 ID:FKlIO8cA0

あかり「でもどうしてシーフードなの?」

結衣「この間テレビ見て京子が食いたいって言ってね」

あかり「…あ」

結衣「人に作らせるわりには食べに来ないんだよな、アイツって」

あかり「…そうなんだ」

結衣「あかり、どうかした?」

あかり「ううん、なんでもないよ」

あかり「なんでもない…」

結衣「ん、お風呂湧いてるから食べたら入っておいで」

あかり「うん…」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 16:17:10.50 ID:FKlIO8cA0

あかり「…」

結衣「あかり、大丈夫?顔色悪いけど」

あかり「ううん、大丈夫だよ」

結衣「そっかならいいけど、具合悪くなったらすぐ言うんだよ?」

あかり「ふふ、結衣ちゃんはいつも優しいよね」

結衣「あかりは私にとって大切な存在だからね」

あかり「またそんな事言う…」

あかり「…あかり勘違いしちゃうよ」

結衣「ん、何か言った?」

あかり「ううん、ごちそう様、美味しかったよ」

あかり「お風呂借りるね」

結衣「う、うん…」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 16:25:02.73 ID:FKlIO8cA0

あかり「…」イソイソ

あかり「…同じコップに歯ブラシが二つある」

あかり「あはは、分かってたけどね」

ガラッ

あかり「…結衣ちゃんと京子ちゃんの仲に割り込むなんて無理だって」ザバッ

あかり「いいお湯…」チャポン

あかり「分かってたけど、…えぐっ…」

あかり「やっぱり泣いちゃうんだ…ひっく…」ポロポロ

あかり「ひ、1人で浮かれてバカみたい…」

あかり「…お風呂あがったら帰ろうかな」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 16:42:30.23 ID:FKlIO8cA0

あかり「結衣ちゃん、お風呂上がったよ~」

結衣「…」zzz

あかり「こたつなんかで寝ちゃったら風邪引いちゃうよぉ?」

あかり「ふふ、ねぇ結衣ちゃん」

あかり「あかり、素直になるって言ったよね?」

あかり「でもやっぱり臆病だから…」

あかり「結衣ちゃんが寝ている時にしかこういう事言えないの」

あかり「…ずっと好きだった、男勝りでいじめっ子も蹴散らす結衣ちゃん」

あかり「…かけっこが早くて、お料理も上手で、でもどこか寂しがり屋な結衣ちゃんが」

あかり「ずっとずーっと好きだった…」ポロポロ

あかり「…でもね」チュッ

あかり「これであかりの初恋はおしまい、これで諦めがつくよ」グスッ

結衣「…」zzz

あかり「…また学校でね、その時は仲の良い幼なじみ」

あかり「さようなら、結衣ちゃん」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 16:54:42.80 ID:FKlIO8cA0

結衣「…」

結衣「…私の返事は聞いていかないの?」

あかり「ひゃわあ!?」

結衣「自分の気持ちを言うだけ言って逃げるのはズルいんじゃないか」

あかり「あっ、うっ…」ダッ

結衣「逃げても無駄だよ、絶対に離さないから」ガシッ

あかり「離して、離してよ結衣ちゃん!!」

結衣「…さっきの言葉があかりの本心なんでしょ」

結衣「あかりは私が好きなんだろ?」

あかり「ち、違うもんっ!!結衣ちゃんの事なんか…」

結衣「…」

あかり「…結衣ちゃんが好きなの、好きで好きでどうしようもないの」グスッ

結衣「…そっか」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 17:22:14.82 ID:FKlIO8cA0

あかり「で、でも結衣ちゃんは京子ちゃんが好きだから…」

結衣「だからそれがまずおかしいだろ」

あかり「だ、だって同じコップに歯ブラシが!!」

結衣「…ちゃんと大きさ見たか?」

あかり「へ?」

結衣「あんな幼稚園児用の小さいのを京子が使うのか」

あかり「えっ?えっ?」

結衣「あれ、まりちゃんのなんだけど」

あかり「そ、そんなすぐばれる嘘付かないでよ…」

結衣「いらっ、ちょっとここで待ってろ」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 17:31:04.59 ID:FKlIO8cA0

結衣「ほら、でかでかとまりって名前入りだけど?」

あかり「うっ…」

結衣「おおかた、暗くて部屋が見えなかったんだろ」

結衣「…まぁ確かに京子を家に泊めてるのは事実だけどね」

結衣「それでも2週に1回あるかないかだよ」

あかり「やっぱり泊めてるんだ…」

結衣「だーかーら!それで私が京子を好きっておかしいだろうが!」

あかり「…信じていいの?」

結衣「信じられないのか?」

あかり「…ううん、結衣ちゃんを信じるよ」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 17:32:20.13 ID:FKlIO8cA0

結衣「薄々気づいてたんだ、あかりの好意にはさ」

あかり「…」グスッ

結衣「今日の部室とか明らかにおかしかったし」

結衣「あかりは分かりやすい性格だからね」

あかり「…うん」

結衣「…ただ、自信が無かった」

結衣「女の子どうしだし、あかりを本当に幸せにできるのか不安だった…」

結衣「このまま仲の良い幼なじみでいた方がお互いいいんじゃないかって思ってた」

あかり「女の子どうしとか、そんなの関係ないもん…」ギュッ

あかり「結衣ちゃんが側にいてくれればあかりは!」

結衣「…私もそれでいいんだ、難しい事を考えるのはやめた」

結衣「結婚とか出来なくてもいい、あかりが側にいてくれれば…」

結衣「…あかり、目閉じて」

あかり「…」

結衣「…」チュッ


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 17:42:34.14 ID:FKlIO8cA0

結衣「んっ…」

あかり「…自分でするより、してもらう方がいいかも」

結衣「寝込みの私にキスするなんて結構大胆だよね」

あかり「あぅ…」

結衣「…もう諦める必要なんてない、あかりの初恋は実ったんだから」

あかり「…うん」グスッ

結衣「また泣いちゃうの?…けっこう泣き虫だよねあかりって」

あかり「泣き虫でもいいもん、結衣ちゃんが守ってくれるから…」

結衣「はいはい」ギュッ

あかり「んっ、えへへ…」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 17:50:20.08 ID:FKlIO8cA0

結衣「やっと笑ってくれたね」

あかり「…えへへ」

結衣「ふふ…あのさ、あかりに頼みがあるんだけど」

あかり「何でも言って、結衣ちゃんの恋人なんだもんっ!」

結衣「…」モジモジ

あかり「あ、あの、その…え、えっちなのはダメだからね?」

結衣「ち、違う!!…その、あかりワンワンが見たい」

あかり「…へ?そんなことでいいの?」

あかり「じゃあすぐ着替えてくるねっ~」

結衣「…あかりワンワン」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 18:00:15.91 ID:FKlIO8cA0

結衣「…」

あかり「じゃーん、お待ちかねのあかりワンワンだー!」

結衣「お、お手」

あかり「わんっ♪」ポフ

結衣「おかわり」

あかり「わんわんっ♪」ポフ

結衣「ふふふ、いい子いい子」ナデナデ

あかり「えへへ…あ、その…ご褒美が欲しいなぁ結衣ちゃん」

結衣「ご褒美?…お菓子あったかな、ちょっと待っててね」

あかり「そ、そういうご褒美じゃなくて!」

結衣「あ、あぁ…そういう事」

結衣「…」チュッ

あかり「えへへ…幸せ」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 18:09:09.30 ID:FKlIO8cA0

あかり「くぅ~ん…」

結衣「あはは、なりきってるなぁあかり」ナデナデ

あかり「えへへ…」

あかり「あ、そうだプッキー食べようよっ!」

結衣「そういえばそんなことも言ってたね」

あかり「あなたたも私もぷっきー♪」ゴソゴソ

結衣「…なんだこの可愛い生き物」

あかり「へ?」

結衣「いや、あかり可愛いなぁと思って」

あかり「…ゆ、結衣ちゃんもカッコ可愛いよ」

結衣「そ、そりゃどうも」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 18:16:26.12 ID:FKlIO8cA0

あかり「はい、結衣ちゃんあ~ん」

結衣「あーん」

あかり「えへへ、美味しい?」

結衣「うん、普通のプッキーだね」

あかり「そこは、あかりのだから余計美味しいよ…とか言ってよぉ!!」

結衣「…誰だよ、私そんなこと言わないから」

あかり「…」グスッ

結衣「これくらいで涙ぐまないの、はいあ~ん」

あかり「あ、あ~ん…」

結衣「…なんちゃって」ポリポリ

あかり「…ゆ、ゆ、結衣ちゃんのバカぁ!!」

結衣「ふふふ」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 18:29:10.30 ID:FKlIO8cA0

結衣「ごめんごめん、機嫌直してよあかり」

あかり「…」ツーン

結衣「ありゃりゃ」

あかり「…キスしてくれたら許してあげる」

結衣「はいはい」チュッ

あかり「…えへへ~」

結衣「ふふ…明日は2人でどこかお出かけしようね」ギュッ

あかり「んっ…家族に結衣ちゃんのこと紹介したいなぁ」

結衣「幼なじみなんだからそんなの今さらだろ?」

あかり「その、あかりの恋人として…」

結衣「…あのさ、私たちまだ中学生なんだけど」

結衣「気が早すぎるだろ」

あかり「えーそうかなぁ?」


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 18:40:14.86 ID:FKlIO8cA0

結衣「…なんとなくだけどあかりの家には行きたくないかな」

あかり「えぇ、なんで!?」

結衣「なんか悪寒がするんだよ…」

結衣「…あ、そうだ」

結衣「隣町の駅前にケーキバイキング出来たんだって」

あかり「ほんと!?」

結衣「初デートはそこでどうかな?」

あかり「えへへ、もちろんOKだよっ!」

結衣「…あかり、私が幸せにするからな」ギュッ

あかり「それじゃ、結衣ちゃんの事をあかりが幸せにするね」ギューッ

結衣「ふふ、ちょっと頼りないけど期待してるよ」

あかり「頼りないは余計だよぉー!」

結衣「ずーっと一緒だよ、あかり」

あかり「うん!!」




おしまい!


【類似SS】
京子「結衣って別にとりえがないよな」


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

最高です

 [名無しさん]

個人的にベストオブ結衣あかだわ
たまらんたまらんたまらんたまらん

 [名無しさん]

新ジャンル「ツンあか」

読んでて「なんなの」を思い出した

 [名無しさん]

この2人可愛すぎて生きるのが辛い

 [名無しさん]

ヤバイ…
心が暖まった

 [名無しさん]

なごむわぁ

 [名無しさん]

これは素晴らしい結あか

 [名無しさん]

イチャイチャいいわぁー

 [名無しさん]

興奮して鼻血が出たと思ったら鼻水だった。

 [名無しさん]

かわわわわわわわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

 [名無しさん]

これは鼻血で死ねる
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。