スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子「エイプリルフール」向日葵「10個の嘘ですわー」【ゆるゆり】

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:00:11.80 ID:E7OMhhkw0

櫻子「明日は待ちにまったエイプリルフール!」

櫻子「待っていろよ!向日葵!!今年も騙してやるからな!!」




向日葵「明日は待ちに待ったエイプリルフール!!」

向日葵「待ってなさい!櫻子!今年も騙しまくって差し上げますわ!」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:02:22.54 ID:E7OMhhkw0

1 朝の嘘


櫻子「ひっまわりー、あーそーべー」

向日葵「はいはい、まだ朝ごはん中ですから、勝手にあがってなさい」

櫻子「私も食べるー」

向日葵「味噌汁しかないですが、いいですか?」

向日葵(ふふふ、櫻子が日曜日に朝ごはんを食べに来るのはリサーチ済みですわ!)

向日葵(ちなみに味噌汁というのは嘘!!)

向日葵(私の味噌汁が食べれなくて残念がりなさい!!)


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:04:10.64 ID:E7OMhhkw0

櫻子「うぉぉ!和牛ステーキ!!」

向日葵「味噌汁は、楓の分でなくなってしまいましたわ、それで我慢なさい」

櫻子「もぐしっ!うめぇ!!」

向日葵「あ、朝からよく食べますわね・・・」

櫻子「さすが!向日葵!私の事わかってる!!」

向日葵「え?いや・・・あ、当たり前ですわ、幼馴染なんですもの//」

櫻子「うめぇ!」モグモグ

向日葵「ふふふ//・・・卵焼きもいります?」

櫻子「向日葵のなら、いる!!」

向日葵「仕方ありませんわね、今から焼いてきてあげますわ//」

楓「向日葵おねえちゃんが嬉しそうで良かったの」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:06:50.65 ID:E7OMhhkw0

2 ご飯中の嘘


楓「朝はニュースが面白いの」もぐもぐ

櫻子「えー、プリキュアがいいのに・・・」もぐしっ

朝のニュース「今日はエイプリルフールなので間違えても誰も文句言えませんねww」

向日葵「そういえば、今日はエイプリルフールだったんですわねー、ちっとも知りませんでしたわー」

楓「おねえちゃん?台本が棒読みなの」

櫻子(忘れてた!!)

櫻子「そ、そういえば、船見先輩と歳納先輩が付き合い始めたんだってー」

向日葵「わかりやすい嘘ですわね・・・」

櫻子「ちがうもん!本当!!・・・やっぱり幼馴染のカップルっていいよねー」

向日葵「はぁ!?///」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:09:18.95 ID:E7OMhhkw0

向日葵「なななな何言ってるんですの!?あなたバカなんじゃなくって!?//」

櫻子「バカとは何だよ!せっかく教えてやったのに!!」

向日葵「いえ、そうではなくて・・・その・・・//」



向日葵「幼馴染のカップルが良いって・・・まるで・・・//」


櫻子「・・・」


櫻子「・・・!!」


櫻子「ちげーーーーし!変なこと考えてんじゃねー!バーーーーカ////」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:11:40.79 ID:E7OMhhkw0

3 姉妹の嘘


櫻子「ぐぬぬぬぬ//」

櫻子「ぐはーーー!どうやったら向日葵を驚かす嘘をつけるんだ!?」

向日葵「うるさい!!作戦会議なら、よそでやってくれません!?」

櫻子「向日葵の家のソファーが気持ちいいのがイケないんだぞ!」ダラー

向日葵「はぁ~・・・宿題でもやりましょうか・・・」

櫻子「あっ、そういえばさー」

向日葵「はいはい、何ですの?」

櫻子「この前、楓が告白して花子と付き合い始めたんだってー」

向日葵「へぇ~、そんなの知ってましたわー」

櫻子「何で棒読みなんだよ!」

向日葵「そんなくだらない嘘を付いている暇があるなら、宿題しますわよ!」

楓「」バリーン


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:14:58.38 ID:E7OMhhkw0

向日葵「楓!」

櫻子「コップ割った!?楓!動いちゃダメ!怪我する!」

楓「櫻子おねえちゃん!」

櫻子「?」

楓「何で知ってるの!?」

櫻子「え?そりゃ、踏んだら怪我するくらい知ってるよ?」

楓「違うの!楓が告白して、花子お姉ちゃんと付き合ってること!」

向日葵「え?」

櫻子「え?」

楓「え?」

ひまさく「え?」

楓「・・・あっ、ううん、嘘なの・・・今日はエイプリルフールだから、嘘ついちゃった・・・」えへへ

向日葵「∵」

櫻子「∵」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:17:12.66 ID:E7OMhhkw0

4 宿題中の嘘


櫻子「えーと・・・ここが・・・」

向日葵「ねえ、櫻子?」

櫻子「なに?」

向日葵「その・・・船見先輩達って本当なの?」

櫻子「ああ、あれは嘘だよ。付き合ってるかどうか私は知らない」

向日葵「・・・そうなんですのね」

櫻子「ぷっ、向日葵騙されてやんのー」

向日葵「なっ、そもそも嘘なら嘘と最後に言わないと、嘘ついた意味がないでしょ?」

櫻子「・・・確かに!!」

向日葵「まったく」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:20:11.70 ID:E7OMhhkw0

櫻子「ねえ?ここ・・・」

向日葵「ここは・・・」

櫻子「向日葵は教えるのがうまいね、あかりちゃんに教えてもらってもよくわからなかったし」

向日葵「・・・付き合い長いですからね」

櫻子「あっ、うん、そうだね」

向日葵「?」

向日葵「ほら手を止めてないで次の問題に行きますわよ」


櫻子(せっかく褒めてやったのに!!)

向日葵(褒められましたわ・・・嘘でしょうけど、それでも嬉しい//)


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:22:29.03 ID:E7OMhhkw0

5 先輩の嘘


櫻子「やったー終わったー」

向日葵「・・・今日はいつも以上に疲れましたわ」

櫻子「向日葵!買い物に行こう!」

向日葵「そうですわね、お昼の買い出しもしたいですし」

櫻子「商店街がいいなー」

向日葵「そういえば、あなた春物が欲しいって言ってましたわね。行きましょうか」

櫻子「おー」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:25:19.06 ID:E7OMhhkw0

京子「あっ、ちっぱいちゃんとひまっちゃん」

櫻子「歳納先輩と船見先輩!こんにちはー」

結衣「こんにちは」

向日葵「あっ、春物を買ったんですか?」

結衣「うん、ちょっと遅くなったけどね」

京子「安くなるの狙ってたら遅くなっちゃってさー」

櫻子「実は私達も行くんですよ」

京子「そうなんだ、じゃあ私は○○って店がオススメかなー」

結衣「私はあっちの店かな」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:27:33.44 ID:E7OMhhkw0

向日葵「ありがとうございます」

京子「・・・そういえば、向こうの店でケーキが100円キャンペーンやってたよ?」

結衣「・・・」

櫻子「ケーキ!?向日葵!ケーキ食べよう!!」

向日葵「たまにはケーキもいいですわね、行きましょう!」

結衣「・・・うん、がんばってね」

向日葵「それでは失礼します」

京子「うん、バイバイ」

櫻子「さよなら~」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:30:03.24 ID:E7OMhhkw0

結衣「京子・・・まったく・・・」

京子「へへーん、あの2人って昔の私達を見ているみたいでさ~」

結衣「だからって、あの喫茶店を紹介しなくてもいいだろ?」

京子「いやー、あの子達も結衣並に奥手っぽいからさ~」

京子「それにあの喫茶店に行かなかったら、結衣ってば自分の気持に気づかなかったでしょ~」

結衣「う・・・そうだけど//」

京子「ほら、後はお若い二人に任せて帰ろう」ギュ

結衣「おいこら、人前では手をつながない約束だろ//」

京子「いいじゃん、いいじゃん//」

結衣「仕方ないなー京子は//」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:32:34.43 ID:E7OMhhkw0

向日葵「確かに一人一個まででケーキが安いですわね」

櫻子「うん、だから早く入ろう!」

向日葵「しかし、ここは・・・//」

櫻子「ペコイし!早く!!」

向日葵「わ、わかりましたわ//」


定員「いらっしゃいませー、お二人ですか?」

櫻子「はい!」

定員「では、こちらにどうぞー」

向日葵「あ、あの私達、普通なんで、普通で」

定員「ああ、はい大丈夫ですよー」

櫻子「??」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:35:04.14 ID:E7OMhhkw0

櫻子「へぇ~、珍しい喫茶店だねー」

櫻子「2人専用の個室なんて・・・」

向日葵(ここは俗に言うカップルシートってやつですわ。・・・歳納先輩、私どうしたら)

櫻子「音楽もいいし、大人~って感じでオシャレだねー」

向日葵(それに、このケーキはカップル限定で100円じゃないですか!)

櫻子「無視すんな!!」

向日葵「ひゃ、ひゃい//そうですわよねー」

櫻子「くっ、聞いてなかったな・・・まぁいいや、ケーキ注文って!向日葵近い!//」

向日葵「仕方ないでしょう!狭いんだから隣に座るしかないでしょう!//」

櫻子「お、落ち着かない//」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:37:37.24 ID:E7OMhhkw0

向日葵「それより、早くメニュー取ってくださらない?私から取りにくくて」

櫻子「はいこれ・・・ってこのケーキ美味しそう!」

向日葵「私はこれにしようかしら・・・あと紅茶で」

櫻子「あっ、それいいなー」

向日葵「じゃあ、一緒のケーキにします?」

櫻子「向日葵と同じのは嫌!あっこれも美味しそう・・・」

向日葵「・・・早くしてくれません?」

櫻子「よし!シンプルにショートケーキにしよう!」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:40:47.84 ID:E7OMhhkw0

店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

向日葵「私はこれ・・・あとショートケーキで」

店員「畏まりました。あっ、こちらはカップル限定割引キャンペーンをやっているのですが・・・」

櫻子「か、か、かかか//」

向日葵「あっ、はい、そうです。そのキャンペーンで」

店員「畏まりました。ではすぐお持ちします」

櫻子「かかか//」

向日葵「・・・//」

櫻子「・・・//」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:43:26.08 ID:E7OMhhkw0

向日葵「やっぱり、知らなかったんですね?」

櫻子「え?向日葵知ってたの!?」

向日葵「だって、メニューに大きく書いてあるでしょ?」

櫻子「・・・ケーキしか見てなかった//」

向日葵「やっぱり・・・」

櫻子「ねぇ、やっぱり、カップルに見えるのかな?」

向日葵「え?//」

櫻子「ほら、こういう席に座ってるしさ」

向日葵「・・・見えるのかもしれませんわね。さっきの店員さんも・・・その・・・信じてましたし//」

櫻子「そっか・・・ねぇ?向日葵はその・・・//」

店員「お持ちしましたー」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:45:48.74 ID:E7OMhhkw0

櫻子「ケーキ美味しかったねー」

向日葵「紅茶も最高でしたわー」

櫻子「また来ようねー」

向日葵「ええ、今度は吉川さんたちも連れてきましょうか?」

櫻子「え?」

向日葵「ん?どうかしましたの?」

櫻子「・・・ううん・・・そうだね、今度はちなつちゃんと来ようか」

向日葵「そういえば、ケーキが来る前に何を言おうとしてましたの?」

櫻子「えーと、何だったかなー?ケーキ楽しみだーって言おうと思ってた気がする」

向日葵「・・・まぁ、いいですわ。ほらお昼ごはんの買い出しに行って帰りますわよ」

櫻子「あいあい」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:48:12.15 ID:E7OMhhkw0

6 幼馴染の嘘


櫻子「ねもい!」

向日葵「ふわぁぁ・・・いい天気ですし、お昼食べたら眠くなりましたわ・・・」

櫻子「」Zzzz

向日葵「はやっ!」

櫻子「」

向日葵「まったく・・・こう静かにしていると可愛い物ですわね・・・」ナデナデ

櫻子「んっ・・・」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:50:35.26 ID:E7OMhhkw0

向日葵「知ってました?櫻子・・・今日の喫茶店では私ドキドキしてましたのよ?」

櫻子「」

向日葵「あんなに櫻子を近くにいて、一緒にケーキ食べたのは久しぶりでしたわ」

櫻子「」

向日葵「ふふ//・・・最後にまた来ようって言ってくれた時は嬉しかったんですのよ?」

櫻子「」

向日葵「ごめんなさいね・・・素直じゃなくて・・・」

櫻子「」

向日葵「私も眠くなって来ましたわ・・・もう寝ぼけて何を言ってるかもわからなく・・・」Zzzz

櫻子「」

向日葵「」Zzzz

櫻子「向日葵のバカ」ボソッ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:53:20.16 ID:E7OMhhkw0

櫻子「向日葵ー起きろー!」

向日葵「ふぇ・・・」

櫻子「向日葵!起きた?」

向日葵「なんで、さーちゃんが家にいるの?」

櫻子「ぐぅ//向日葵!朝だぞ起きろ!!顔洗え!!ほら一緒に洗面所に行こう」

向日葵「うん、さーちゃんと一緒ならどこでも行く」

櫻子「ほら行くよ//」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:55:46.61 ID:E7OMhhkw0

向日葵「うぅ・・・頭が痛い・・・」

櫻子「もう4時!寝過ぎ!起きた?」

向日葵「って、櫻子!?あれ?何で櫻子が家にいますの?」

櫻子「お昼食べて気づいてたら寝てたんでしょ?」

向日葵「そうでしたっけ?・・・まだ頭がズキズキ・・・」

櫻子「低血圧って大変だね」

向日葵「それより起こしてくれてありがとうございますわ」

櫻子「うんうん、敬え敬え」

向日葵「ちなみに私って何かしました?洗面台に来る前の記憶がないんでけど・・・」

櫻子「ううん、何もなかったよ」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:58:24.53 ID:E7OMhhkw0

向日葵「それならよかったですわ、ベットから連れてくるのは大変だったでしょ?」

櫻子「うん・・・ベッドで寝てたのと、私が起こしたのは覚えてるんだね・・・」

向日葵「え?」

櫻子「嘘つき」ボソッ

向日葵「え?あっい、いや違うの、櫻子?」

櫻子「お腹ペコイし!早くご飯ご飯!!」

向日葵「わかりましたわ、それより櫻子!」

櫻子「ん?」

向日葵「ごめんなさいね、櫻子・・・」

櫻子「うん、いいから早く作れーーー!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:00:40.36 ID:E7OMhhkw0

7 もう一人の嘘


櫻子「うまかったー」

向日葵「なんで普通にウチで食べてますの・・・」

櫻子「いいじゃん、いいじゃん!それより」

ピンポーン

向日葵「はいはいー」

向日葵「あら?吉川さん?」

櫻子「」ピクッ


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:03:42.15 ID:E7OMhhkw0

向日葵「はい、また~、さようなら~」

櫻子「・・・ちなつちゃん来てたんだ」

向日葵「ええ、前にマフラーの作り方を教えたでしょ?」

櫻子「・・・うん」

向日葵「その後、船見先輩にお礼を貰えて嬉しくて、私にまたお礼がしたいって」

櫻子「・・・へぇ~」

向日葵「ほら、このヘアゴムいいでしょ?小さいひまわりが付いてて」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:05:46.06 ID:E7OMhhkw0

櫻子「・・・」

向日葵「櫻子?」

櫻子「に、似合ってねーし!!」

向日葵「!!」

櫻子「似合ってねーし!似合ってねーし!!」

向日葵「さ、櫻子?」

櫻子「帰る!!」


向日葵「・・・帰ってしまいましたわ・・・」

向日葵「・・・櫻子泣いてましたわ・・・」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:08:27.10 ID:E7OMhhkw0

8 自分への嘘


櫻子「ちげーし!全部向日葵が悪いんだ!」

櫻子「あんなにニコニコしやがって!」

櫻子「・・・」

櫻子「・・・さーちゃんって呼んでくれくせに」

櫻子「吉川さん吉川さん吉川さんっって、そんなにちなつちゃんがいいのかよ!」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:10:47.64 ID:E7OMhhkw0

櫻子「私はあんな奴!あんな奴・・・」

櫻子「わ、私は・・・あんな奴!!」ポロポロ

櫻子「もう訳わかんないよー向日葵・・・」

櫻子「向日葵はあの喫茶店に今度は『吉川さんと来たい』って言ってたし・・・」

櫻子「それを聞いて私はズキズキしてたんだよ・・・」

櫻子「寝ているときに可愛いって言ってくれて嬉し・・・くなかった・・・」

櫻子「ナデナデしてくれた時は嬉しくない!」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:13:13.61 ID:E7OMhhkw0

櫻子「あんなに近くで一緒にケーキ食べた時・・・ケーキの味はわからなくなるくらい・・・楽し・・・くない!」

櫻子「さーちゃんって呼んでくれた時は・・・もう訳わかんないよー」

櫻子「ちなつちゃんのヘアゴム・・・似合ってた・・・似合ってたけど・・・イライラして・・・」

櫻子「どーして、私はあんなにひどいこと言ったんだろう・・・」

櫻子「やっぱり、向日葵の事が憎いのかな?向日葵のことが・・・嫌い?」

櫻子「普段はケンカばかりしてるし・・・でも一緒にいると楽し・・・くない?」

櫻子「わからない・・・わからない・・・楽しいって何?」

櫻子「・・・好きって何?・・・ねえ・・・向日葵・・・」ポロポロ


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:15:45.87 ID:E7OMhhkw0

向日葵「どうして・・・泣いてましたの?櫻子?」

向日葵「私は・・・たぶん、櫻子の事が好きなんでしょう・・・たぶん」

向日葵「でも、自分の心を知られるのが怖い、もし今の関係が壊れてしまったら・・・」

向日葵「いえ、これ以上の関係になったらもっと楽しくなるんでしょうけど・・・」

向日葵「櫻子と今いれるだけでも十分楽しい・・・普段迷惑なあの子ですが・・・」

向日葵「私は『今』を大切に崩したくなかった・・・」

向日葵「やっぱり、私が寝ぼけてしまったこと」

向日葵「今度は吉川さんと来たいと言ったこと・・・」

向日葵「櫻子の前ではこれ以上の関係にならないように、線を引いていたこと・・・」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:18:22.96 ID:E7OMhhkw0

向日葵「・・・・・・・・・・・・・・」

向日葵「ううん、私はもっと楽しくなりたいようですわ、櫻子」

向日葵「今まで自分に嘘をついていたのかも・・・」

向日葵「櫻子は敏感な子ですから、それに気づいて、気分を害させてしまった・・・」

向日葵「私って最低ですわね・・・櫻子は一緒に遊びに来てご飯食べに来て」

向日葵「一緒に買物に言ってくれて、お昼寝してくれて」

向日葵「低血圧のせいで、若干寝ぼけている私を見張る為に、夜ご飯を食べる時まで一緒にいてくれて・・・」

向日葵「・・・夜ご飯は違うかもしれませんが・・・」

向日葵「櫻子は一歩引いている私に手を出してきてくれた・・・小さい頃からずっと」

向日葵「小さい頃私が転んだ時も・・・小学校に入って、クラスのみんなが最初怖かった時・・・中学に入って友達がいなかった時!」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:20:38.73 ID:E7OMhhkw0

向日葵「私は櫻子に頼りっきりでしたのね・・・」

向日葵「決めましたわ!!私はもっと櫻子と一緒にいたい!」

向日葵「これは絶対の本当!」

向日葵「櫻子!櫻子はどこ!?櫻子の所に行かないと!」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:23:38.61 ID:E7OMhhkw0

9 嘘と嘘


向日葵「櫻子!!」バーン

櫻子「ひ、向日葵!?ノ、ノックくらいしろよ!」

向日葵「櫻子・・・泣いてましたの?」

櫻子「ち、ちがうもん・・・泣いてなんかないよ!」

向日葵「櫻子・・・ちょっと座りますわね」

櫻子「・・・帰って」

向日葵「嫌ですわ!それよりあなたが心配ですの」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:25:51.74 ID:E7OMhhkw0

櫻子「・・・私よりちなつちゃんの方が心配なんだろ!?」

向日葵「っ!何でそこで吉川さんの名前がでますの!?」

櫻子「だって、さっきちなつちゃんからプレゼント貰ったらスゲー嬉しそうだったじゃん!」

向日葵「・・・はぁ~」

櫻子「何だよ!もう帰れよ!一人にさせて!」

向日葵「櫻子?今日はエイプリルフールですわね?」

櫻子「・・・だから何?」

向日葵「もう、11時・・・私の決意が遅くなって悪かったですわ」

櫻子「もう帰ってよ!寝るから!」

向日葵「あなたいつも12時に寝るでしょ?・・・ってこのままでは平行線ですわね!櫻子!!!!」

櫻子「はい!?」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:28:26.02 ID:E7OMhhkw0

向日葵「まだ、エイプリルフールだから、今から私は大嘘を言いますわ、ええ大嘘ですわよ?」

櫻子「・・・」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:30:55.06 ID:E7OMhhkw0



向日葵「私は櫻子のことが大好きですわ!!!!!」


櫻子「・・・え?」




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:33:16.26 ID:E7OMhhkw0

向日葵「私は・・・櫻子と・・・今以上の関係になりたくなかったんですの・・・」

櫻子「・・・?」

向日葵「だって・・・今以上の関係になろうとして、櫻子に拒絶されたら・・・」

向日葵「もう死ぬしか無いじゃないって・・・」

櫻子「え?何で・・・?」

向日葵「簡単ですわ」


向日葵「櫻子と一緒にいると、この世で一番楽しいんですもの!!」

櫻子「!!」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:35:49.14 ID:E7OMhhkw0

向日葵「クッキーを作るのは楽しいですわ・・・だって櫻子が笑顔で食べてくれるんですもの」

向日葵「マフラーを編むのは楽しいですわ・・・だって櫻子がぶつくさ言いながらも使ってくれるんですもの」

向日葵「勉強をするのは楽しいですわ・・・だって櫻子と一緒にいれる時間が作れるんですもの」

向日葵「赤座さんや吉川さんといると楽しいですわ・・・だって櫻子が私のために紹介しれくれた友達ですもの」

向日葵「外にお出かけするのは楽しいですわ・・・だって櫻子と色んな発見を共有できるんですもの」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:38:25.27 ID:E7OMhhkw0




櫻子「ぁぁぁ」ポロポロ

向日葵「さ、櫻子!?・・・何で泣いてますの?やっぱり嫌でした?」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:40:47.72 ID:E7OMhhkw0

櫻子「ち、ちがうの!ちがうの!!」ギュウウ

向日葵「え?」

櫻子「私わからなかったの!好きって何?」

櫻子「何で楽しそうな向日葵を見るとドキドキするの?」

櫻子「何でちなつちゃんと仲良さそうだと、ズキズキするの!?」

櫻子「何で・・・何で・・・って」ポロポロ

櫻子「でも、向日葵のお陰でわかった!」ギュウウ

向日葵「櫻子//」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:43:32.96 ID:E7OMhhkw0

櫻子「まだ、エイプリルフールだね?」

向日葵「そうですわね・・・」

櫻子「じゃあ、私も大嘘を言うね」

向日葵「・・・はい」

櫻子「私も向日葵のことが向日葵のことが・・・・」



櫻子「大好きーーーーーーーーーー」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:45:50.33 ID:E7OMhhkw0

向日葵「櫻子ーーー//」

櫻子「向日葵//」

向日葵「櫻子!ごめんなさいね、ごめんなさいね、ずっと近くにいてくれたのに」

櫻子「えへへへ、本当だよ向日葵・・・まぁ、私も自分の気持がわからなかったんだけどさ//」

向日葵「いいえ、私が悪かったんですわ・・・自分の気持に気づいていたのに」

櫻子「もう!謝るの禁止!・・・それより、もっとぎゅっとして?//」

向日葵「ええ、いくらでも・・・」ギュウウウウ

櫻子「い、痛い!痛い!強すぎ!向日葵!強すぎ!」

向日葵「あっ、ごめんなさい、加減が難しくて・・・」

櫻子「えへへへ、これから覚えていってよね//」ギュウウ

向日葵「まったく、櫻子には敵いませんわね//」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:48:15.14 ID:E7OMhhkw0

10 最後の嘘


櫻子「ねえ?向日葵?」

向日葵「なに?櫻子」

櫻子「もう一回、さっきの嘘言って?」

向日葵「またですか・・・」

櫻子「ねえ?お願い・・・//」

向日葵「ま、まぁ、減るものではないですしね・・・」スゥー


向日葵「私は櫻子無しでは生きていけませんわ!!」

向日葵「櫻子!!一生!一番大好きですわーーー!!」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:50:27.04 ID:E7OMhhkw0

櫻子「えへへへへ//」

向日葵「ふふ//」

櫻子「ねえ?向日葵?」

向日葵「なに?櫻子?」

櫻子「今何時か知ってる?」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:50:52.21 ID:E7OMhhkw0

向日葵「そういえば、結構立ちましたね・・・・・・・・・・・・」

櫻子「えへへ//」

向日葵「あぁぁぁぁぁ!!」

櫻子「もう4月2日だよ?」

向日葵「0時5分・・・・櫻子!騙しましたわね!」

櫻子「だって、向日葵は4月2日になったら、なかったことにするつもりだったんでしょ?」

向日葵「いや、それはあの・・・」



櫻子「向日葵は一生誰にも渡さないもんね!」

櫻子「一生私の物なんだから!!」




              終


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:05:43.86 ID:E7OMhhkw0

おまけ


「櫻子?私は本当の事聞いてませんわよ?」

「?」ハテ?

「私は4月2日に告白しましたけど、櫻子は?//」

「え?」

「え?じゃありませんわよ!櫻子の率直な気持ちが欲しいですわ//」

「あっ、えーと・・・」

「き」

「き?」

「きらいじゃないもーーーーん!!」

「さ、櫻子ーーーーー!?」


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

櫻子と向日葵よ。
嘘の嘘は本当だ。
ちなみに自分は今日嘘をついてません

 [名無しさん]

ええなぁ…(ダラダラ

 [名無しさん]

四月速報になってりゅうぅぅぅぅ

 [名無しさん]

オチ良かったな
きらいじゃないもーん

 [名無しさん]

ええなー
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。