スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京子「待ってろ、あかりー!」綾乃ちゃんの巻

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:09:43.92 ID:jWrHOrME0

~娯楽部~


京子「あれー、そういえば、あかりは?」

ちなつ「言われてみれば、いませんね」

結衣「そもそも今日、ここで見たっけ」

ちなつ「寄るとこあるって言ってたから」

ちなつ「一緒には来てないですねー」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:13:30.39 ID:jWrHOrME0

京子「というか昨日はいたっけ?」

結衣「思い出せないなぁ」

ちなつ「昨日もどこか寄るって言ってたような」

京子「じゃあ、一昨日」

結衣「一昨日はいなかった覚えがあるな」

結衣「お手洗いから帰ってきた時」

結衣「いないなって思ったから」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:16:09.27 ID:jWrHOrME0

京子「はっきり言っちゃっていいかなー」

結衣「どうしたんだ?」

ちなつ「言いたいこと言わないなんて変ですよ」

ちなつ「京子先輩のくせに」

京子「いやー、そうなんだけどさー」てへ

結衣「褒められてねーよ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:19:40.12 ID:jWrHOrME0

京子「はっきり言おうっ」

京子「今週あかりと話した記憶がないんだけど」

結衣「そ、そうかも」

ちなつ「そっか」

ちなつ「先輩達はここでしか会わないですもんね」

結衣「最近、朝も別だしなぁ」

京子「これは、まずいんじゃないかー?」

ちなつ「な、なにがですか?」

京子「あかり、きっとスネてるんだ」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:23:50.09 ID:jWrHOrME0

結衣「探して欲しくて隠れちゃう的な、あれ?」

京子「さすがに何日も気付かないって」

京子「まずかったんじゃないかなー?」

結衣「そう言われると、確かに」

ちなつ「探しにいきますか?」

京子「待ってろ、あかり!」

京子「地の底まで探してやるぜー!」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:30:13.06 ID:jWrHOrME0

              ,.  ´ ̄ ̄`Y´ ̄ ` .
        -‐- 、 /: : : : : x-=: : : : : ‐=ミ. : : :\〃⌒ヽ`ヽ
     /:. ///:. :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ\/}:}: : Y
.    l:.:. l:.:./:.: /    . . . . .: : : : ヽ. : : : : : : : :.:.V//: : :ノ
.    人:. ∨: :/: : :.:.:./: : :./ : : : : : : : ト、: : : : : :\:.∨  く
  /: :. :.y′//:./′/l: : : : : : : ハ: :! ヽ..:|: : : : :ヽマ´、: :\
..〈/: : : :./:.:.〃: :./  lX   |: : :. :.:.:./ : :!  j∧: |: : :.:.l !: : ヽ: :.〉
  \/! l: : :{:|:.:./ U  .\ハト、: : :/  ! ノ /  V: | ト、!:|: : : :lV
   └|: : : :∨  ,ィf孑丐ミー j/ ,斗,ィf 丐ミx、 V:.:|:.:.:.|`ー'′
.    /|: : : :.lハ  {{ {ト、.j::ハ        ん..:/ハ }}│:.!:.:.:.|    地底にはいないよぉ!
    / !: : : :抓  弋い.ソ      V辷ン '′レv: : :.|
.      | |: : :ト.ハ ,,,,,,,,,      '      ,,,,,,,,, ∧!: : : :|
   レ! ∧!: : :|: ::: .''''''''           ''''''''' /イ: : : :.:ト、
.    レ,j∧:.:.:.ト、vヘ     , ─‐ 、    u,イ : ||!: : / ト、!
       }ヘ.:.:|/::::::::::...             . イ/j/ l:.:/j/
        人! .、:::::::::::::::`__   _  __<._/ :::..ヘj/
      /  \\:::::::::::ハ .x-‐-x /::::::::::::://⌒ヽ
         v‐く二)__i. V´  ̄ `〉r‐~<./
      l /  .{  } i l`ヽV///`Y^i⌒i⌒Y´    │
.      」/  八        ィ V:('  ' '  ' .ノ      |
     |  x-─y>r─ '´. |>┬!> --- イ      │


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:37:28.03 ID:jWrHOrME0

京子「まずは帰ってないか、確認だー」

ちなつ「靴があるから、まだいるみたいです」

結衣「じゃあ、まだ教室かな」

ちなつ「見にいきましょう」

京子「机に座って、一人泣いてたりしてー」

結衣「や、やめろよ」

結衣「なんて声かけたらいいんだよ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:41:42.20 ID:jWrHOrME0

-10分後-


京子「教室も体育館もいないとはー」

結衣「しかも生徒会室は」

結衣「あかりどころか、鍵かかってるなんて」

京子「おっかしーなー」

結衣「ちなつちゃん、他に心当たりない?」

ちなつ「えーっと、そうですねぇ」

ちなつ「あ、図書室とか」

ちなつ「たまに勉強したりしますし」

京子「それだー!」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:46:25.71 ID:jWrHOrME0

京子「お、あかりいるじゃん!」

京子「おーい、あか・・・り?」

結衣「あれ?生徒会のみんなもいる」

京子「千鶴まで?」

綾乃「と、歳納京子ーっ!」

あかり「あれぇ、みんなどうしたのぉ?」きょとん

ちなつ「どうしたのじゃないよ、あかりちゃん」

ちなつ「どっか寄ってから来るっていうから」

ちなつ「ずっと待ってたのに」  ←大ウソ


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:53:10.08 ID:jWrHOrME0

あかり「ごめんね、こっち寄ってからと思ってて」

あかり「時間たっちゃってたよぉ」

京子「こっちって?」

綾乃「読書部よ、千鶴さんが作った部じゃない」

千歳「知らせたはずなんやけどなぁ」

京子「えっとー?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 21:57:16.49 ID:jWrHOrME0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

千歳『歳納さん、おるぅ?』

京子『むにゃ、千歳ぇ』

千歳『実は千鶴が、新しく部を作ったんよぉ』

千歳『案内置いとくから、見といてあげてな』

京子『おっけーzzz』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:00:42.86 ID:jWrHOrME0

京子「あ」

結衣「そのポケットから出した紙はなんだ」

京子「てへ」

ごんっ

京子「ゆ、結衣さん・・・もう少し優しく」うぅぅ

ちなつ「それに、なんであかりちゃんが?」

あかり「たまたま会って、誘われたんだよぉ」

あかり「掛け持ちになっちゃうけど」

あかり「いなくても気付かれないと思ってぇ」にこにこ

結衣「い、いや、そんなこと笑って言われても」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:07:38.35 ID:jWrHOrME0

京子「そんな中途半端な気持ちで」

京子「娯楽部にいられても困るっ!」

結衣「えー?」

ちなつ「そもそも実体のない部なのに?」

京子「いくら千鶴でも、あかりは渡さないー!」

千鶴「あ"ぁ!?」

京子「さあ選べ、あかり!」

京子「娯楽部か読書部か、選ぶんだー!」

あかり「えぇぇぇぇぇ!?」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:12:26.87 ID:jWrHOrME0

あかり「じゃ、じゃあ、読書部で」

京子「へ?」

綾乃「まあ、当然の選択よね」

千歳「これは、しゃーないわぁ」

京子「へ?」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:17:39.94 ID:jWrHOrME0

千鶴「・・・改めて、よろしく」

あかり「えへへ、よろしくお願いしまぁす」

京子「へ?」

向日葵「櫻子より、よっぽど読書に向いてますし」

櫻子「そうそう・・・って、なんだとー!」がるる

京子「へ?」

結衣「これは京子の完敗だな」

ちなつ「どう考えても、かないっこないです」

京子「ななな、なんでだー!!!」がーんっ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:22:38.09 ID:jWrHOrME0

~娯楽部~


京子「・・・・・・」ちーん

ちなつ「京子先輩、しっかり」

結衣「あれだけ完膚なきまでに叩きのめされたんだ」

結衣「そっとしとこう」

京子「あかりに・・・あっさり裏切られたー」あぅぅ

結衣「わたし達は、あっさり存在を忘れてたけどな」

ちなつ「ごめんね、あかりちゃん」うるる


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:26:21.57 ID:jWrHOrME0

結衣「まあ、少し様子を見た方がいいんじゃない?」

京子「いや、じっとなんかしてられないっ」

がばっ

結衣「うわっ」

ちなつ「びっくりしたぁ!」

京子「あかりを取り戻さなきゃー!」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:30:04.98 ID:jWrHOrME0

ちなつ「取り戻すって、どうやってですか?」

結衣「そもそもさ」

結衣「京子が掛け持ちだめって言わなきゃいいだろ」

京子「違うぞ、結衣!」

結衣「な、なにが?」

京子「過去を振り返っても、なんにもならない!」

結衣「いや、自分のこと棚に上げてるだけだろ」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:36:13.83 ID:jWrHOrME0

京子「悪の生徒会から、あかりを取り戻し」

京子「世界の平和を守るんだ!」

ちなつ「・・・それ、杉浦先輩が激怒しますよ」

京子「綾乃や千歳、向日葵ちゃんや櫻子ちゃん」

京子「数々の強敵を倒し」

京子「あかり姫を我々の元にー!」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:41:06.91 ID:jWrHOrME0

結衣「忘れられた存在から」

結衣「一気に姫になっちゃったぞ、あかり」

ちなつ「ちょっと想像出来ないです」

京子「というわけで、娯楽部vs生徒会」

京子「全面戦争だー!」くわっ

結衣「・・・・・・」

ちなつ「・・・・・・」

京子「あれ?」

結衣「まあ頑張って」

結衣「薬草くらいは差し入れしてやるから」

京子「あれ?」

ちなつ「復活の呪文、用意しときますね」

京子「あれ?」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:43:34.74 ID:jWrHOrME0

                、   ,. .- ,、,、-,. .、
                冫:´: :,:-‐ァ-'´`ヽヽ
            く//:/;、: ∥: : :';: : ;',ハ
          ,、   `'トLハ、:|!:: : :l | : :!|ノ
      七竺゙`ヽ_   (/L」}ィ’; : : :リ: /ノ
         `j/l   ヽ、__ヽ、-‐'':,/
           (:.:.:.`i__,,,,、-‐ァ!-/ヽ,、(,
          Y:.:.:.:.:'||||、 |ト//´ ',
        _,..-`=ニ=_ー、!レ'ヽ、 , .|       ヽ
            ̄ ̄ `┤:.:`ー'\\>' |     ノ )
              └‐=、_/´   {
                   /|:|:|      .|    復活の舞
                 ,'_j:|:.|     l',
                ,'j:.:ノ:,:|     .|.',
               _/:/:.:':.:.|      ハ
           /-<:.:.:.:/:.:.:,:|      ハ
         r'´    ヽ_':.:.:.:.|:|   __,,,」
          |  r‐'"´  `ー-'、_]=''"|:.」┘
         |  |          V ̄´|
        ├‐‐|           ',   .ト.、_
            |:::::::!         `'  ,_ /::\
           |:::::{                 `' 、:::::ヽ_
           |:::::ヽ,                `Y::::::)
          /:::;/                    |::::;´
         ィ'_ノ::::::........          .......イ__ノ


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:49:17.12 ID:jWrHOrME0

京子「いいもん!」

京子「一人でも取り戻しにいくもん!」

結衣「いまから読書部に乗り込むの?」

京子「着いてきてくれるの!?」きらきら

結衣「図書室では静かにするんだぞ」

ちなつ「勉強してる人もいるんですから」

京子「あ、あぅ」

京子「みんな嫌いだー!」わーんっ


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:54:17.07 ID:jWrHOrME0

~図書室~


京子「た、たのもーう」ひそ

綾乃「なにやってんのよ、歳納京子」

あかり「今度はどうしたのぉ?」

京子「みんな声が大きいぞ、周りに迷惑だろー」ひそ

千歳「そこまで小さい声じゃなくてもええよー」

綾乃「そうよ、自習室じゃないんだから」

あかり「さっきは普通に話してたよねぇ?」

向日葵「櫻子と違って、気を使い過ぎですわ」

櫻子「そうそう・・・って、なんだとー!」がるる

京子(なんだ、このアウェー感!)

京子(わたし、もしかして一人ぼっち!?)


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 22:59:26.34 ID:jWrHOrME0

京子「わ、わたしの居場所がなくなっちゃった」うるっ

あかり「へ?」

京子「千鶴のせいだぞー!」

千鶴「なっ!?」

京子「千鶴が読書部なんか作るから」

京子「わたしが一人ぼっちになっちゃうんだー!」わーんっ

あかり「きょ、京子ちゃん、落ち着いて」

綾乃「とりあえずここじゃ迷惑になるわ」

千歳「生徒会室に移動しよかぁ」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:03:40.49 ID:jWrHOrME0

~生徒会室~


あかり「少しは、落ち着いたぁ?」

京子「うぅぅぅ」ぐすっ

千歳「まだみたいやねぇ」あはは

綾乃「一体、どうしたっていうのよ」

あかり「え、えっとですねぇ」

あかり「子供の頃の京子ちゃんって」

あかり「すごっく寂しがり屋だったんですよぉ」

千歳「この歳納さんがなぁ」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:07:41.31 ID:jWrHOrME0

綾乃「ちょっと想像つかないわね」

向日葵「櫻子が大人しいのと同じくらい」

向日葵「想像がつきませんわ」

櫻子「そうそう・・・って、いい加減にしろー!」がるる

あかり「京子ちゃん」

あかり「また、一人ぼっちになっちゃうって」

あかり「思ったのかなぁ」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:17:07.55 ID:jWrHOrME0

千歳「どやろ、綾乃ちゃん」

綾乃「なによ、千歳」

千歳「今日は生徒会の仕事も大丈夫そうやし」

千歳「歳納さんを家まで送ったらええんとちゃう?」

綾乃「と、歳納京子を!?」

あかり「あかり、案内しますよぉ」

千鶴「・・・わたしもいく」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:21:01.55 ID:jWrHOrME0

綾乃「千鶴さん?」

千鶴「・・・ちょっとは、わたしのせいかもしれない」

千歳「そんなん、ちゃうよぉ」

千鶴「・・・気になるから」

千歳「そっかぁ」

綾乃「じゃ、じゃあ、みんなでいきましょう」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:24:52.99 ID:jWrHOrME0

~京子の家~


あかり「着きましたよぉ」

綾乃「ここが、歳納京子の家」ごくり

千歳「綾乃ちゃん、嬉しいんちゃう?」

綾乃「う、嬉しくなんかないわよーっ!」

京子「あがってって」ぐす

綾乃「いや、でも、それは」

京子「寄ってってくれないの?」うるっ

綾乃「よ、寄るわよ」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:28:05.00 ID:jWrHOrME0

綾乃「ここが、歳納京子の部屋」ごくり

千歳「綾乃ちゃん、嬉しそうやねぇ」

綾乃「だから、嬉しくなんかないってばーっ!」

ぱしーんっ

千歳「久々に、はたかれましたぁ」はふぅ

千鶴「はっ!?」

すちゃっ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:32:10.71 ID:jWrHOrME0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

綾乃『もう、そんなこと言う子はおしおきよ』

千歳『綾乃ちゃん、勘忍してぇ』

綾乃『さぁ、どうしてあげようかしら』

千歳『優しく、してな』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


千鶴「だばー」だらだら

綾乃「ち、千鶴さん!?」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:36:27.12 ID:jWrHOrME0

あかり「京子ちゃん、今日はごめんねぇ」

あかり「こんな寂しがるとは、思わなかったよぉ」

京子「あかりぃ、どこもいっちゃヤダー!」ぶわっ

あかり「京子ちゃんが、子供の頃に戻った!?」がーんっ

千歳「歳納さんって」

千歳「ほんまは、甘えんぼさんなんやねぇ」

綾乃「・・・・・・」どきどき

綾乃(どど、どうしよう)

綾乃(歳納京子が、すごく可愛いんだけど)


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:44:42.58 ID:jWrHOrME0

※綾乃ちゃんの脳内イメージ

       .                     /    ∧                i           :.
       i                  /    / ‘,               _|___    :   :, ヽ
       |        :         / ,.  ''"´ ̄`         '´ }   `.    i  i⌒\
       |        i    ;   ,. :'゚   :/   八   i   i      ′∧ .;    l  |
       |    i  l    i     | /   .′ \  {   }   :/ / ji/ 乂    !   |:
       |      |  /| /   j_/_      ヽハ 八  /j/,x≠ミ ゚;     |  |!
       !    |  | / /:i   xテ'´¨¨`ミx、ヽ   j/  }.:/ ,.イ¨ 心 狄゙  八
.         !     i /    | ,x仍_ノc゚心 ヽ、       j/ んr゚´ リ j!´ 八 ;/
.        !    !         | 弌{{乂ノ (              {{乂. (  仏ィ //  
.       !     :       : :|   Y _))Yi ソソ          Vぅ:ン .′j/_,ノ
         !     ;     ; !    ゞぅ´_,.:'゚             ¨¨´ :  :
         ;        i       ¨¨´           ,    ヽヽ i  ;
.         .’   !     ! i   ヽヽヽ                     ムィ
       ,       ;       ; | 、                     イ .乂 |
       .′    i       |            `    ´      j/  j!
.       /        |            ゚' .           イ        
      /      人        i          .,_r‐ュ _,. ´__乂       i
.     /  __///∧       i            〉 }f^i{¨><_  い     |
    / _,//////////∧      i           / ‘}!i! |//////>-|     


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:49:02.03 ID:jWrHOrME0

千歳「どしたん、綾乃ちゃん?」

綾乃「!?」はっ

綾乃「な、なんでもないわよーっ!」

ぱしーんっ

千歳「な、なんで?」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29(木) 23:54:05.07 ID:jWrHOrME0

千鶴「・・・なんか、悪かった」

千鶴「・・・赤座さんを勝手に引き抜いて」

京子「ち、千鶴」

千鶴「・・・・・・」

京子「・・・・・・」

京子「もしかして、デレた?」

千鶴「違う!!!」

京子「お、怒らないでよー」うるっ

千鶴「・・・ご、ごめん」

千鶴(や、やりにくい)


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:00:34.94 ID:1lQNZpaK0

千歳「歳納さんをいじめたら、あかんよー」

千鶴「姉さん、別にいじめてない」

千歳「というか、いっそのこと」

千歳「歳納さんを読書部に入れたげたらどうなん?」

あかり「京子ちゃんをですかぁ?」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:04:59.14 ID:1lQNZpaK0

千歳「そしたら、歳納さんも掛け持ちになって」

千歳「赤座さんのこと、言えんやろぉ?」

千歳「娯楽部やめなくてもええやん」

綾乃「ナイスアイデアじゃない、千歳」

京子「で、でも、いいの?」ちらっ

千鶴「・・・う」

千歳「ええよねぇ、千鶴」にこぉ

千鶴「・・・か、構わない」

京子「やったー!ありがとー!」きらきらっ

綾乃(え、笑顔がっ)どきーんっ


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:09:08.90 ID:1lQNZpaK0

あかり「あ、それ描きかけの同人誌?」

京子「あー、うん」

京子「でもアイデアで行き詰っててさー」

京子「全然進まないんだー」

綾乃「いろいろ大変なのね」

京子「それもあって、少し落ち込んでたかも」てへへ

あかり「そっかぁ」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:15:16.74 ID:1lQNZpaK0

千歳「よかったなぁ、歳納さん少し元気になって」

綾乃「・・・・・・」

千歳「綾乃ちゃん?」

綾乃「え、あ、そうね!」

綾乃(・・・同人誌のアイデア、か)


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:19:11.06 ID:1lQNZpaK0

~翌日 娯楽部~


京子「というわけで!」

京子「読書部もここで活動することになりました!」

千鶴「・・・お、お邪魔します」

千鶴(か、勝手に決められた)

結衣「えと、いらっしゃい」

京子「生徒会も後で来るから!」

ちなつ「賑やかになりそうですねぇ」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:24:33.13 ID:1lQNZpaK0

あかり「あー、やっぱりここは落ち着くよぉ」

結衣「・・・・・・」

ちなつ「・・・・・・」

結衣・ちなつ「いたんだ?」

あかり「いたよぉ!」がーんっ


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:29:38.24 ID:1lQNZpaK0


          , })  ¨¨ヽ…  "¨゙  .
        ノ       ヽ       \
.      /                 _  ヽ
    /            '.  V´ {   ハ
◯ //{ ′ ∧           .  {  乂__/ }  '.
   {j {i i | / \| .| |.      |__\ / ノ=彡7
    . { | |   \ト、.       |_彡⌒t‐く ̄ /
    ヽ{\|     .|   i   |       `  |    
   o   :} ==r_う|   i   ;             :   しかも主役だよぉ!
      r′.: : .  |   i.   ′         ヽ
      '.      |   i  /            }
  ◯   V⌒ヽ  |   i. ∧            {_
       \  '.  | ,.  i/ ハ ト、   /   | /⌒
         \ノ. _j/i} ./}/  }/>ヘ.j//}ハソV
               ヽ ///////7 ヽ.
      r 、 _r‐く .  rz/ / ̄ ̄`ヽ//∧
     r‐'  ヽヘ.r‐ ヽ  ///    ヽ ∨/∧
     {     }.し' }  レ' |       } .∨/∧
     {     iコ`  )^V ノ ____ _/   ;  ∨/∧
     \  /i⌒y'.  }/_         /   ∨//77
.      /  ∨  { ̄ `ヽ   /-‐   ∨//
      /    |\ ノ─ 、  \/       `¨


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:33:23.98 ID:1lQNZpaK0

京子「千鶴はどんな本、読んでるのー?」

千鶴「・・・推理小説」

京子「あかりはー?」

あかり「恋愛小説だよぉ」

京子「ふーん、わたしもなにか借りてこよっかなー」

がらっ

綾乃「お邪魔するわよ、歳納京子ーっ!」

千歳「お邪魔しますぅ」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:39:32.32 ID:1lQNZpaK0

京子「おー、綾乃、いいところに」

綾乃「な、なによ!?」

京子「一緒に本借りにいこーぜー」

綾乃「そ、そんなこともあろうかと思って」

綾乃「あなたのも借りてきてあげたわよ」

京子「わたしの?」

綾乃「ほ、ほら、この冒険小説よ」

綾乃「ど、同人誌のアイデアになるかと思って///」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:44:29.49 ID:1lQNZpaK0

京子「綾乃、ありがとー!」ぱああっ

綾乃「ひぅっ!?」

京子「じゃあ、一緒に読もうぜー!」

綾乃「い、一緒に!?」

千歳「はっ!?」

すちゃっ


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:49:37.81 ID:1lQNZpaK0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

綾乃『あなたに、本を読んであげるわ』

京子『わたし、途中で寝ちゃうかも』

綾乃『寝たら、イタズラしちゃうんだからね』

京子『もう、どんなイタズラするのー?』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


千歳「え、ええなぁ」つつーっ

綾乃「ちょ、ちょっと千歳ぇ!」

あかり「先輩、ティッシュどうぞ!」

千鶴「はっ!?」

すちゃっ


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:57:50.95 ID:1lQNZpaK0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

綾乃『もう、赤座さんに迷惑かけちゃだめじゃない』

千歳『勘忍や、綾乃ちゃん』

綾乃『迷惑なら、わたしにかけなさい』

千歳『ほんなら、甘えさせてもらうわぁ』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


千鶴「だばーっ」だらだら

綾乃「今度はこっち!?」

結衣「・・・いろいろな意味で、にぎやかになりそう」

ちなつ「そ、そうですね」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 00:59:49.30 ID:1lQNZpaK0

綾乃「・・・そこにいたのは、イカの姿をした女の子でした」 ←結局、読まされてる

京子「おー、そうくるかー!」

綾乃「な、なかなか斬新ね」

京子「すげー刺激になるなー!」

京子「同人誌のアイデア浮かんだかも!」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:03:42.58 ID:1lQNZpaK0

京子「綾乃のおかげだよ、ありがとー!」

綾乃「!?」びくっ

綾乃「あ、当たり前でしょー!」

綾乃「わたしは生徒会副会長なんだからー!」

ちなつ「毎回思うんですけど」

結衣「生徒会、関係ないよね」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:07:31.92 ID:1lQNZpaK0

あかり「京子ちゃん、さっそく描き始めるの?」

京子「うーん、でもさ、締め切りが近いんだよ」

京子「今回は間に合わないかなー」

あかり「じゃあ、あかり手伝うよぉ」

千歳「はっ!?」

ぴきぃぃぃんっ


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:11:59.95 ID:1lQNZpaK0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

千歳『赤座さん!綾乃ちゃんを誘うんよ!』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


あかり「!?」びくんっ

あかり(あ、頭の中に)

あかり(池田先輩の声が聞こえるよぉ!)

あかり「す、杉浦先輩にも」

あかり「手伝ってもらったらどうかなぁ?」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:14:53.41 ID:1lQNZpaK0

綾乃「わ、わたし!?」

あかり「ほ、ほら先輩、器用そうだし」

京子「でも、迷惑じゃないかー?」

綾乃「や、やってやるわよーっ!」

綾乃「わたしの器用さ、みせてやるんだからーっ!」

千歳「うんうん」にこぉ

結衣(い、いま、千歳からあかりに向かって)

ちなつ(なんか光が飛んだー!?)


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:17:06.19 ID:1lQNZpaK0

               __  _
            /´    `    `ヽ
             /     ´ ̄         ミ、
          ´.     ノ               `f}
          ./    /     '     、    ハ
        ,' /  /   / _ィ!      }   ヘ
        ィソ  ./´   ,ィ! /⌒!      人_    }
     /   '    / レ   l八  } Ⅳ:|人  八
    /ィ   レ  { V     、  V_ソレ    }   }
      {!      弋{  ≠=ミ , ´,  _   .ノ! ル'   o
     .V   /   ミとつ   ノ‐-{  ̄ ` ノ イノ    /   ニュータイプちゃうよー
      'ラ  レヘ  ヽ{_     ,─- 、   とつ〈    /
      `{人 ミ {.\     {    ノ    / ィ }  /      魔女っ娘ちとせちゃんやでー
         ヽ!`ミ/} >,、 ` ー' _ ィ'=⌒ヘつ
           _>゙\ミ、 」 ̄/`} }} _ ィ ´
       _, ィ‐ヘ`ヽ  ` =半 rァ‐ ´
     と{_ _ , ィ}ー'   尺! ノ
        r¬'´`    / :| 〈
      /コ!      /  | }
      √ヘ、    / /   | フ
         V´ \ _,/ /  / レ
       入_/  /  / /ノ
       `'\_] ̄ 7ー 'ー'
         /  /
          /`ー/
          / =、
          `ー=''


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:19:02.15 ID:1lQNZpaK0

~日曜日 京子の家~


綾乃(ま、また歳納京子の家に来ちゃった)

あかり「京子ちゃん、あかり達はなにしたらいい?」

京子「この印つけたとこ、黒く塗りつぶしてくれるー?」

綾乃「わたしでも出来るかしら」

京子「綾乃なら楽勝だってー」

綾乃「そ、そうよね」

綾乃「これくらい、心配はノンノン、ノートルダムよ!」

あかり(ノートルダム!?)


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:21:41.33 ID:1lQNZpaK0

~数時間後~


京子「綾乃ー、いい加減、休もうよー」

綾乃「ちょっと待って、あとここだけだから!」

あかり「疲れちゃいますよぉ?」

綾乃「あと少しだから!」

京子「気合い入れすぎだってー」

綾乃「よし、終わったわ!」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:23:06.61 ID:1lQNZpaK0

あかり「お疲れさまでーす、お茶どうぞぉ」

綾乃「あ、ありがと」

京子「肩でも揉みますよ、社長ー!」

綾乃「い、いいわよ、別に」

京子「遠慮なさらずにー」

もみっ

綾乃「!?」びくうっ

綾乃「ちょーっ!どこ揉んでんのよーっ!?///」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:25:02.50 ID:1lQNZpaK0

京子「わりー、わりー」

あかり「きょ、京子ちゃん」あせあせ

綾乃「まったく、あなたって人は」

京子「でも、リラックス出来たでしょー?」

綾乃「え?・・・あ」

京子「綾乃はなんでも頑張りすぎだってー」

京子「まあ、そこが綾乃のいいとこでもあるけどさー」

綾乃「!?」どきーんっ


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:27:02.47 ID:1lQNZpaK0

京子「ほら、ちゃんと肩も揉むし」

綾乃「さ、最初からそうしなさいよ///」

京子「なんか顔が赤いぞー?」

綾乃「赤くなんかないわよーっ!」

京子「ほら、また肩に力入ってる」

綾乃「あ、あう」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:29:02.55 ID:1lQNZpaK0

~さらに数時間後~


京子「やっと終わったー!」

あかり「京子ちゃん、しーっ」

京子「え?」

あかり「ほら、杉浦先輩」

綾乃「すぅすぅ」

京子「ね、寝てるのか」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:31:05.57 ID:1lQNZpaK0

あかり「やっぱり頑張りすぎだったんだねぇ」

京子「すごく早く終わったもんなー」

あかり「あかりはもう帰るけど」

あかり「少し寝かせといてあげなよぉ」

京子「え?でも明日、月曜日じゃん」

あかり「なに言ってんの、京子ちゃん」

あかり「明日は祝日だよ?」

京子「あれ、そうだっけ?」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:34:00.09 ID:1lQNZpaK0

京子「明日が休みだったら」

京子「わたし一人でも、なんとかなったかもなー」

あかり「だめだよ、京子ちゃん」

あかり「杉浦先輩にそれ言っちゃあ」

京子「え?」

あかり「京子ちゃんのためにさぁ」

あかり「こんな頑張ってくれたんだから」

京子「わたしの・・・ため?」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:36:06.76 ID:1lQNZpaK0

あかり「そうだよぉ」

あかり「京子ちゃんが元気なかった時だって」

あかり「すごく心配してたじゃん」

京子「そ、そうかな」

あかり「京子ちゃんのために本借りたりさぁ」

京子「そっか、わたしのためか」

あかり「じゃあね、京子ちゃん」

あかり「少しは、いたわってあげないと」

あかり「ばちが当たるよぉ?」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:38:05.52 ID:1lQNZpaK0

~またまた数時間後~


綾乃「まったく、起こしてくれればよかったのに」

綾乃「なんで泊まらないといけないのよーっ!」

綾乃「し、しかも一緒の布団って」

綾乃「どどど、どういうことなのよ///」

京子「まーまー」

京子「ご飯作ってもらった後だったし」

京子「夜に歩くのは物騒じゃんかー」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:40:04.64 ID:1lQNZpaK0

        / : : : : : /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
        ,': : : : :/. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
         : : : : / : : : : : \: : : /{ : :|: : : }ヽ : : : : : : ヽ
       l: : : /: : : : / : / j\/八: :: : :/ }/: :l : : :ハ
        | : : ': : : : : i: :ィf笊弐く__\}: : :/ イ:∧: :|: :| : : |
.      | : : {: :j{ : : {∨ { .::;心   ノ/ f笊ミx :|: :|∧ |
.       |: : : ∨i : :八  乂こソ       { ::;x} ∨:/  }ノ
.        |: :/ :{|: : : 丶 _ /////V:ツ {:(__
      | /: :八从: : : : : / /⌒ ー 、    j: : : :/    ふ、布団に歳納京子の匂いがっ
      〉: :/.:.:.:\ゝーイ  /      |   u .: : /
.     /: :/.:.:.:.:.:.:.:|: /八  {       |   イ‐く
     : : : .:.:.:.:.:.:.:.:}/ : /ト 、ゝ       ノ  イ: :}
     |: : .:.:.:.:.:.:.:.:/ : /: |  }> ニニ r<ノ :ノ :ノ_
     |: : :.:.:.:.:.:.:.,' : : : : | r|     }/: : :/:::/> 、
     |: : :.:.:.:.:.:. i: : i : : |イノ    〃/: /::://   \
     |: : :.:.:.:.:.:._{: : l : : |::ト- __-‐/:∨ /::://   ,  ⌒\_
     |: : :.:.:.:/人从: : |::|/==∨:::::∨─── 、 /   /::::入
     |: : :.:./ \\::::\|::{::::::::::/:::::::/ア7 , ─ \ /:::::/::::::〉
     |: : :/   \\:::::::':.,::::/::::// 〈 / / ̄  \/:::::::. く
     |: :/   ∨ \\::::∨// rー‐〈_/_/⌒ヽ  \/  \
     ∨    ′   >r云K´   `ー─ 、 _     \    \
.     /::\   |     |ー‐ |         }   `\   \    ヽ


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 01:59:35.68 ID:1lQNZpaK0

綾乃「前に、夜遅く駅に呼び出したのって」

綾乃「誰だったかしら?」

京子「あー」

京子「そんなこともあったねー」

綾乃「あ、あなたねえ!」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 02:01:33.43 ID:1lQNZpaK0

京子「あの時のことも感謝してるってー」

綾乃「そ、それならいいわよっ」

京子「今日もありがとね、綾乃」

綾乃「な、なによ急に」

京子「べっつにー」

京子「ちょっと言ってみたくなっただけ」

綾乃「に、似合わないことするんじゃないわよ///」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 02:03:15.02 ID:1lQNZpaK0

綾乃「ねえ、歳納京子」

京子「むにゃむにゃ」

綾乃「って、寝てるしーっ!」がーんっ

綾乃「・・・・・・」

綾乃「まあ、そうよね」

綾乃「あなたも疲れてるわよね」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 02:05:05.80 ID:1lQNZpaK0

綾乃(可愛い寝顔)

綾乃(でもだめね)

綾乃(やっぱり、元気なあなたの方が好きだわ)

綾乃(肩の力抜いて、素直になれたら)

綾乃(あなたに告白出来るのかな)

綾乃「!?」はっ

綾乃「もう、やめやめ、寝よ」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 02:09:32.91 ID:1lQNZpaK0

京子「なーんだ」

京子「キスでもされるかって、待ってたのに」

綾乃「なっ!?」

綾乃「ずっと起きてたの!?」

京子「にひひー♪」

綾乃「キ、キスなんてするわけないわよーっ!」

綾乃「わたしはもう、寝るんだからねっ!」

ばっ

京子「そっか、おやすみ綾乃」

ちゅっ


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 02:12:32.89 ID:1lQNZpaK0

綾乃「!!?」

綾乃「ななな、なにやってんのよーっ!///」

京子「なにって、おやすみのキスだけど?」

綾乃「な、なんでキスなんかすんのよーっ!?」

京子「さあ、なんでだろー」

京子「綾乃、眠いんだろ?寝ようぜー///」

綾乃「ちょーっ!」

綾乃「教えてから寝なさいよ!」

綾乃「歳納京子ーっ!!!」




END


関連記事

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。