スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花子「猫を拾ったし!」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:03:24.29 ID:yuWbOXl+Q

花子「ただいまー!」

櫻子「おかえりー」ポリポリ

花子「櫻子見て!? これ!」

櫻子「?」

ニャーオ♪


櫻子「うおっ! 猫!」

花子「かわいくない!? うちの前で鳴いてたの!」

櫻子「えーやば……すごいかわいい……///」

花子「でしょ? 真っ白で……あったかくって……」ホワホワ


櫻子「ね、猫って何食べるんだっけ、魚?」

花子「冷蔵庫に花子の牛乳あるからそれお皿に出して? あ、ちゃんとぬるくしてね!」

櫻子「よーし待ってろ!」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:08:26.98 ID:yuWbOXl+Q

花子「マジかわいいし……こいつ……」なでなで


「……なこ……はなこ……!」


花子「……え?」


「花子……聞こえる? 私!」

花子「しゃ、しゃべったぁ!?」


「聞こえる!? 私、撫子! ねーちゃんだよ!」

花子「しかもねーちゃんなの!?」ガーン



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:12:59.82 ID:yuWbOXl+Q

撫子「聞いてよ! なんか猫になっちゃったんだよ!」

花子「う、ウソ! なにそれ、 信じらんない!」

撫子「し、信じてよ……」

花子(そういえばどことなくねーちゃんに似てる気も……目のあたりとか……)


花子「な、なんで猫になっちゃったの……??」


撫子「なんか帰り道、猫耳のついたクラゲみたいなのがいたから触ったら……私も猫に……」

花子「なにそれ」

撫子「ほんとなんだって……!」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:17:13.35 ID:yuWbOXl+Q

櫻子「できたぞー!」

花子「あっ、櫻子! これねーちゃんなんだって!」

櫻子「………は?」

花子「いや! この猫ねーちゃんなんだよ!」

櫻子「どうしたの花子……」

花子「いやいやほんとに! ここ、目のあたりとか似てるじゃん!」

花子「あ、そうだねーちゃん喋って?」

撫子「櫻子? 私! 私だよ!」


櫻子「どうしたの花子……頭おかしくなった?」

撫子「ダメだ! 櫻子には聞こえないみたい!」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:21:46.20 ID:yuWbOXl+Q

花子「そんな……あ、そうだ!」バッ

櫻子「えっ、ああおい! どこ行くの!?」


ピンポーン

花子「楓ーいるー?」


楓「あっ、花子おねえちゃん! いいところに来てくれたの!」

花子「いいところ?」


楓「この子を見てほしいの!」

にゃーぉ……

花子「わ! こいつも可愛いな……」なでなで

楓「これ、おねえちゃんなの!」

花子「」

撫子「」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:26:15.59 ID:yuWbOXl+Q

花子・撫子(も、もしかして……)


向日葵「花子ちゃん! 聞こえますか? 私です!」

花子「ひま子ねーちゃん!?」

楓「あっ、花子おねえちゃんにも聞こえるの?」

花子「うん……っていうかこっちだって、これ見せに来たの!」ひょいっ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:32:02.30 ID:yuWbOXl+Q

楓「わぁ……真っ白な猫さん」


撫子「よう楓」

楓「えっ……?」

向日葵「な、撫子さん!?」

撫子「もしかして、アンタも触っちまったのか……あれを……」

向日葵「ええ……買い物帰りに見かけて……」


花子「じょ、状況の整理をするし!」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:36:17.20 ID:yuWbOXl+Q

―――

花子「その猫耳のついたクラゲを触ったら、猫になっちゃう、と……」

撫子「間違いないよ。でもあいつには何か触りたくなる魔力がある」キリッ

向日葵「あ、それはわかるような気がします!」

花子(この猫もやっぱり少し目がひま子ねーちゃんっぽいな……)


楓「ど、どうすれば元に戻るのかなぁ……」

向日葵「もう一度あれを見つけて……触ってみたりとか?」

撫子「んー……確かに手掛かりは今のところアイツぐらいしかないんだよな」

花子「じゃあそいつを探すし! 楓、お出かけの準備!」

楓「わかったの!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:41:20.85 ID:yuWbOXl+Q



花子「ねーちゃん達はどこでそれを見たの?」

撫子「なんか、家の塀の上にいた」

向日葵「私は……河川敷に浮いてるのを」

花子「そいつ浮いてんの!?」

撫子「当たり前だろ……くらげなんだから」

花子(当たり前なの……!?)


楓「探すにしても、手当り次第は大変なの……」

向日葵「とりあえず、街の方に出てみません?」

花子「じゃあ街に行くし!」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:45:49.97 ID:yuWbOXl+Q



花子「えーと……」

楓「どこだろ……」


撫子「あっ、あれ!」

花子「え?」

フワフワ……

向日葵「あっ、あれです!!」

撫子「絶対そうだ! 間違いないよ!」

花子(ほ、本当に浮いてる……)


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:50:51.55 ID:yuWbOXl+Q

楓「あの子はどこに向かってるのかなぁ……」

向日葵「あっ、動き始めた!」

撫子「追うよ!」


「見てーあの子たち……猫連れて散歩してる」

「えーやだちょっと可愛すぎ! どこの子かな!?」

「っていうかさっきから猫と喋ってない……?」

「や~ん可愛い~!!」

花子(は、恥ずかしい……)



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 23:55:03.60 ID:yuWbOXl+Q

―――

ウィーン

撫子「どっか入ったみたい」

花子「あれモスバーガーなんですけど!」

楓「仕方ないの……モスのミートソースは生まれ変わったから、あれもその魅力にとりつかれてるんだと思うの。」

花子「モス食べるの……??」

向日葵「と、とにかく入ってみましょう」


花子「モスに猫は入れられないし……花子が見てくる!」

撫子「頼むぞ!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:00:07.95 ID:a5MHCapJQ

―――

ウィーン

イラッシャイマセー♪

花子「えーと……あ!」

ゴウケイデ580エンニナリマース

花子(普通にオーダーしてる!? なんで店員さんは何とも思わないの!?)


「おや? あれは……」

花子「お、おい!」

「………花子か」

花子「えっ!? なんで花子の名前を……!?」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:04:34.06 ID:a5MHCapJQ

「ああ、それは……」

店員「お待たせしましたー♪」

「あ、どうも」

花子(しかもテイクアウト!? 触手で持ってるし!)

「あ、つぶやかなきゃ……『もすもす』っと」

花子「iPhone!? それも触手操作!?」

「じゃあねー」すぃーっ

花子「あ、待てこら! ねーちゃんたちを元に戻せ!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:08:58.42 ID:a5MHCapJQ

ウィーン

「!」

撫子「逃がしゃしないよ」

向日葵「わたしたちを元に戻してください!」

花子「ねーちゃん!」

「………ふっ」


「私の名前は……にゃもり」

花子「にゃ、にゃもり……??」

「数あるなもりのうちのひとつ……」

撫子「……なんのことだ?」

向日葵「さ、さあ……」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:14:31.95 ID:a5MHCapJQ

にゃもり「いやすまない。ちょっと手詰まりになったときがあって……ほんの出来心で君たちを猫にしてみたかったんだ。悪気はない」

楓「元にもどしてくれるの?」

にゃもり「もちろんだ。それっ」

ボン!

撫子「お、おお!」

向日葵「やった!」

楓「ありがとうなの!」

にゃもり「いやいや、すまなかった」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:19:59.61 ID:a5MHCapJQ

にゃもり「花子」すいーっ

花子「なっ、なんだし……」

にゃもり「出番が少なくてごめんね。でもきっといつか、花子の出番を増やしてあげられると思うから」

花子「出番? なんの話……??」

にゃもり「おっと、早く帰らないと。モスがさめてしまう」すぃーっ

花子「あっ……」

向日葵「行ってしまいましたわ……」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:23:16.22 ID:a5MHCapJQ

撫子「うーっ、あーよかった戻れて。そうだ、モス買ってってあげるよ」

花子「マジかし! やった!」

楓「わぁい♪」

向日葵「すみません撫子さん……」

撫子「いいんだよ。私もお腹減ったしさ」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:28:15.30 ID:a5MHCapJQ

――――

花子「ただいまーっ」

櫻子「あっ、花子! どこ行ってたの? あの猫は?」

花子「あっ、あれは……」

撫子「元のところに戻して来たよ。うちじゃ飼えないからね」

櫻子「えーなんで!?」ガーン

撫子「うちには猫より手のかかる子が二人もいるじゃん」

花子「それって花子もなの!?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:32:25.13 ID:a5MHCapJQ

櫻子「可愛かったのにー……ん?」スンスン

櫻子「あれ!? この匂い……」

撫子「ああ、モス買ってきたんだ。櫻子の分もあるよ。」ガサッ

櫻子「おーやったぁ♪」



もぐもぐしー

花子(あいつの言ってた出番ってなんのことだろ……)

ぴょこっ

花子「ん? 頭に変な感じが……」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:37:09.15 ID:a5MHCapJQ

撫子「!?」ぶっ

花子「?」

櫻子「は、花子なにそれ!? 」

花子「えっ?」


撫子「ちょっと傑作……鏡みてごらんよ」

花子「な、なぁっ!?///」ぴょこぴょこ

櫻子「猫耳……///」

撫子「似合うねえアンタ」ケラケラ

花子「あ、あいつになんかされたんだ!」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 00:43:31.24 ID:a5MHCapJQ

櫻子「やば、可愛いかも……」さわさわ

花子「や、やめっ……!///」

撫子「…………」ピロリーン♪

花子「写真撮るなー!」

キャーキャー……



にゃもり「もすうまし!」




~fin~


関連記事

■コメント

 [名無しさん]

なんだ作者か。作者は別に好きではないがなかなかよかった。
花子の口調は個人的に好きだ

 [名無しさん]

花子がネコミミで過ごす話はよ!

 [名無しさん]

創造神なにしてんだ

 [名無しさん]

ねこくらげを想像しとけばおkかな

 [名無し]

花子の出番増やして
■コメント


管理者にだけ表示を許可する

 


他ブログ様更新情報

about

ゆるしゆりしなSSをまとめています。

五月速報について
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow me

リンク

SSサイト様
SS属性
SS深夜VIP完結スレまとめ保管庫
SS倉庫~SuperMilk~
明日につながるSS
SSいぱいまとめブログ
ストライク SS
原っぱの空き缶
SS速報VIPPER
ストーリア速報
魔王と勇者のSS物語
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
ゆるゆりSS速報
SSウィーバー
百合チャンネル
えすえす・SS
あやめ速報
SS速報VIPまとめ
森きのこ
ひとよにちゃんねる
夜速報VIPSS
えすえすMode
SSジャンキーちゃんねる
かぎまとめ
VIPのSS
SSなSPECIAL
けいおん!SSまとめブログ

ニュースサイト様
=ナンコレ!!=
痛い相談(ノω`)
2ちゃん わらふく
世界は不公平
かがくのちからってすげー!速報
あひる印のシニアニュース
ニューソクロペディア
日本ちゃんねる

VIP系サイト様
人生デフラグ中
ララララ速報
たそがれvip-first-

アニメサイト様
速報 ガンダム売るよ!
ノムケン!!
おたじゅうぶろぐ
ゆりプラス+
みて娯楽

動画サイト様
【閲覧注意】

個人サイト様
個人的なネット小説リンク所

記事紹介サイト様
まとめのまとめ
俺のNEWS
SS徒歩5分

その他のサイト様
メイド速報局
2ch名人
VOCAL NEWS 2CH
こじきちゃんねる
2ちゃんねるアーカイブ

あんてなサイト様
百合ニュース
2chまとめ通信
しぃアンテナ(*゚ー゚)
LogPo!2ch
SSアンテナ
ワロタあんてな
ヌルポあんてな
シャキンあんてな
Googleアンテナ
チラアンテナ
Fast2ch
SSまとめアンテナ
まとめちゃんねる
2chまとめインデックス
SSまとめ倉庫
日刊SS
FC2 Blog Ranking

逆アクセス等

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。